• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

リハビリテーション部

スタッフ紹介

診療・業務内容

ご挨拶

部長(整形外科学講座教授、医師) 今井 晋二

スタッフ写真

 当院リハビリテーション部は附属病院の開設とともに設置されました。しかし、当初の規模は所謂新設の医科大学として理学療法士3名程度からなる非常にこじんまりとした組織でありました。それから平成18年に始まった病院再開発における松末前部長のご指導のもと、大きく飛躍しました。それは当時まだ珍しかった心臓リハビリテーションをいち早く取り入れ、心臓外科術後に特化した全国でも希少な形態の心臓リハビリテーション施設が出来上がりました。その後、循環器内科からのリハビリ依頼も増え、心臓リハビリテーション部門はますます拡大し、現在も多くの患者さんを治療しています。リハビリテーション部のスタッフも理学療法士以外に作業療法士・言語聴覚士が加わり、大きく数が増えました。病院再開発当時では脳血管リハビリや運動器リハビリが大きなウエイトを占めていましたが、現在ではそれ以外の診療科・診療部門とも多数の連携を持つようになり、院内にある10の多職種チームにリハビリスタッフが参加しています。これは、ややもすると縦割りになりがちな大学附属病院内での診療に、何本もの大きな診療の「横串」が組み込まれていることになります。その中心がリハビリテーション部スタッフであると考えています。今後もこの横断的多職種連携の主軸を維持し、また健全な病院運営にも寄与すべく作業の効率化・連携の効率化に努めていきたいと考えています。

副部長(技士長、理学療法士) 前川 昭次

スタッフ写真

 当院は大学病院であり特定機能病院でもあります。その使命からリハビリテーション部では高度先進医療に即した質の高いリハビリテーションサービスが提供できることを目標としています。スタッフは理学療法、作業療法、言語聴覚療法の3部門に分かれていますが、より専門的で患者さんにとって最適なアプローチが行えるよう疾患別グループ配置制をとっています。運動器グループ、脳血管グループ、呼吸・がんグループ、心臓リハビリグループの計4グループがありますが、それぞれ知識を深め個人の技術を高めることはもちろんですが、関連診療科や病棟スタッフとの「和」を重んじ、有機的にチームアプローチが実践できるよう励んでいます。古くから大学病院では「臨床・研究・教育」の3本柱を基盤に業務を運営することがいわれています。私が技士長に就任した十数年前はこの中で自信をもって誇れるようなことはあまりありませんでしたが、スタッフの長年の努力と向上心、院内各部門からの温かいご支援の下、3本柱各領域で院内および対外的にも徐々に認知される存在になってきたことを実感しています。これに甘んじることなく滋賀県内だけでなく国内、外においても一目置かれるようなリハビリテーション部になれるよう日々邁進していきたいと考えています。今後ともよろしくお願いします。

>トップへ戻る

組織

組織表
医師  部長 (整形外科学講座 教授)
 副部長 (リハビリテーション科 科長)
セラピスト  技士長 兼 副部長 (理学療法士1名)
 副技士長 (理学療法士1名)
 主任 (理学療法士2名、作業療法士1名、言語聴覚士1名)
 理学療法士12名、作業療法士4名、言語聴覚士1名

 

全体写真

全体写真

 

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ) 等

チーム活動

院内にそれぞれの専門性を生かした横断的医療チームが活動しています。

リハビリスタッフが参加しているチーム

  • 栄養サポートチーム(NST)
  • 呼吸ケアチーム 
  • ハートケアサポートチーム
  • 糖尿病ケアチーム
  • 褥瘡対策チーム
  • 転倒転落対策チーム
  • 緩和ケアチーム
  • 周術期管理チーム
  • 認知症ケアチーム 
  • 感染対策チーム 

>トップへ戻る

リハビリテーション室のご案内

リハビリテーション室A

理学療法室

部屋の写真

心臓リハビリテーション室

部屋の写真

リハビリテーション室B

作業療法室

部屋の写真

言語聴覚室

部屋の写真

>トップへ戻る

治療・検査機器

体組成分析機器

 体型の把握、体重・骨格筋・脂肪量から身体バランスの把握、部位別体脂肪量、部位別水分量、浮腫などの総合評価を行う体組成の分析器です。入院時から全身状態の変化を確認しながら、評価や訓練を進めています。

機器

心肺運動負荷試験

 自転車を漕いで頂き、酸素消費、二酸化炭素排出を測定し、安全な運動強度を決定します。検査結果を元に、心臓の疾患だけでなく、呼吸器、糖尿病、肥満等幅広い疾患について適切な運動処方と運動療法を実施しています。

機器

ドライブシミュレーター

 家庭生活復帰や社会参加に際して、自動車運転の再開が必要となる方を対象にドライブシュミレーターを使用した検査を行っています。

運転の再開に当たり、現状の脳機能と身体機能の状態、運転特性・危険性などの把握に役立てています。

機器

低周波治療機器/超音波治療器

 周術期、急性期疾患の方に対して、疼痛の緩解、筋肉痛及び関節痛の軽減、筋萎縮の予防などの治療に用いています。

機器

コミュニケーション関連機器

 病気や障害にて発語・発話困難な方/上肢操作が不自由な方や神経難病の方など、特殊なスイッチやセンサーを利用した電子機器を使用し、個別の身体状況に合わせた様々なコミュニケーション支援を行っています。

機器

>トップへ戻る

 

診療実績

リハビリ処方数の推移
処方数の推移(年度別)

 

リハビリ処方数の推移
診療科別のリハビリテーション依頼件数(2018年度)

 

各療法士が実施する疾患別リハビリの割合

理学療法士

疾患別 割合(%)
脳血管 22
心大血管 19
運動器 17
がん 16
廃用症候群 14
呼吸器 12

作業療法士

疾患別 割合(%)
脳血管 72
運動器 15
廃用症候群 7
がん 4
呼吸器 2

言語聴覚士

疾患別 割合(%)
摂食 68
脳血管 25
がん 6
廃用症候群 1

※心臓リハビリテーションのみ外来も実施しています。

>トップへ戻る

臨床研究

Javascript を有効にするか、こちらをご覧ください。

>トップへ戻る

お問い合わせ先