• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

病院のご案内

理念・基本方針

理念

信頼と満足を追求する『全人的医療』

幸福・満足感を追求する医療

 医療の役割は、患者さんの心身の苦しみ、痛みなどの不幸の原因を取り除き、患者さんの日常生活の満足感、幸福を目指すものである。

 幸福とは、心身ともに苦悩・苦痛から解放されて、自分が満ち足りた状態と感ずる事、と考えられ、満足感とか充実感という個人の主観的な感情であるが、これからの医療は患者さんの心の内面、人生の充実、QOL、幸福を第一に考慮すべきである。

 例えば、日常診療において、延命や病巣の縮小だけではなく、薬の副作用、手術侵襲によって日常生活にどの様な支障が生じるのか、それによって患者さんの日常生活の満足感、幸福感がどのようになるのか、を多面的に考慮する必要がある。

 幸福の観点からは、個々の病気の治療がうまく行く、と言うだけではなく、健康に大きな影響がある家族や生活環境から社会環境を、更に人類が健康に生きる上での自然環境も、その対象に含まれるべきものである。

信 頼

 診療は人と人との関わり合い、患者さんとのコミュニケーションより始まる。患者さんには病気に対する不安、心身の苦痛、家族と社会の間の悩み等がある。患者さんの悩みを理解し共有しようとする努力が大事であり、その努力が患者さんと医療側の間の信頼を生む。

全人的医療

 身体的レベル、精神的レベル、社会的レベル、倫理的レベル、霊的レベルでの多次元的なアプローチを行う医療。

滋賀医科大学医学部附属病院の基本方針

患者さんと共に歩む医療を実践します

 患者さんの人格と尊厳を重んじ、かつ患者さんの権利とプライバシーを守ります。患者さんとパートナーとしての信頼関係を築き、患者さんの目線に立って病気に対して一緒に歩む医療を実践します。

信頼・安心・満足を提供する病院を目指します

 本院は、患者さんとご家族に心から安心していただける環境と医療を提供することを目的としています。教育機関としてそのような環境と医療を実践できる医師と看護師を養成します。

あたたかい心で質の高い医療を提供します

 病院のすべてのスタッフは、患者さんを自分の家族として接し、最適で質の高い医療を提供します。

地域に密着した大学病院を目指します

 地域医療機関との機能分担により、患者さん中心の地域完結型の医療を目指します。地域に進出して、地域住民の健康教育、予防教育などを積極的に企画推進します。院内での多くの催しを企画し、地域の人々とのコミュニティセンターとして機能するように努めます。

先進的で高度な医療を推進します

 特定機能病院として先進医療を推進し、高度な医療を提供します。研究機関として患者さんのQOL(生活の質)の向上に役立つ研究を重視いたします。

世界に通用する医療人を育成します

 近未来の日本の医療、世界の医療を担い得る優れた医療人を育成し、地域医療に貢献します。

健全な病院経営を目指します

 職員の経営観念を強化し、業務の効率化を計り、健全な病院経営に努めます。

運営にあたっての基本姿勢

  • 運営に当たっては現場からの問題点を重視いたします。
  • “心”のかよう医療サービスを提供いたします。

患者さんの権利と義務

患者さんの権利

  1. 患者さんは公平に良質な医療を受けることができます。
  2. 患者さんは診療内容の説明を受けることができます。
  3. 患者さんのプライバシーや個人情報の機密は守られます。
  4. 患者さんは自ら治療方法を選択することができます。
  5. 患者さんはセカンドオピニオンのための情報提供を担当医に求めることができます。
  6. 患者さんはご自身の診療録(カルテ)の開示を請求することができます。

患者さんの義務

  1. 患者さんはご自身の病状に関する情報をできるだけ正確に提供して下さい。
  2. 患者さんは他の患者さんの療養や職員の業務に支障を来たさないようにして下さい。
  3. 患者さんは治療方針に従って、治療に専念するよう努めて下さい。
  4. 患者さんは大学病院の役割としての臨床実習ならびに臨床研究に対し、可能な限り協力して下さい。
  5. 患者さんは遅滞なく診療費を支払って下さい。

※本院では、暴力行為、暴言、脅迫、不当な要求などの行為に対して、警察へ通報し、厳正な対処をしております。

臨床倫理方針

 本院では患者を中心とした安全で質の高い医療を提供するために、以下の方針に基づいて行動します。

  1. 患者の生命・尊厳・権利と人格を尊重し、患者に公正、公平な医療を提供します。
  2. 根拠に基づいた医療情報の提供を行い、患者の自己決定権を尊重し、適切な医療を実践します。
  3. 職務上の守秘義務を厳守するとともに、個人情報の保護に努めます。
  4. 医療に係る限られた人的、物的資源を、患者の医療上の必要性を勘案して公平に配分し、有効活用を図ります。
  5. 法令、ガイドライン、院内規定等を遵守し、検査、診断、治療及び研究を行います。
  6. 臨床倫理上に問題等が生じた場合は、別に定める委員会において慎重に審議します。

宗教上の理由等による輸血拒否に関する本院の基本方針

 本院では平成26年4月以降、「相対的無輸血」の立場で診療を行っております。 「相対的無輸血」とは、救命や生命の維持にとって輸血が必要であると医師が判断した場合には輸血を行う方針を言います。
 疾患によっては、医師の判断で「絶対的無輸血」で行う場合もありますが、基本的には「相対的無輸血」で行いますので、ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。