学生さんへ For students

当教室は、主に1年生、2年生の生物学関連講義と実習を担当しています。生物学は専門課程で履修するすべての科目の基本となる科目です。基本概念と大局観を身につけ、あまり細かいことにはとらわれずに、自分自身でしっかりした生物学の基盤を築いてください。講義では生物学の基本概念および用語を日本語と英語の両方で学習します。是非1〜2年生の間に英語の生物学の教科書を通読してほしいと思います。詳細はシラバスを見てください。

医学科講義

細胞生物学基礎(医学科1年前期、担当:平田)

ヒトを含め多くの生物は、1つの細胞から成長、分裂を繰り返してできた細胞の共同体です。「生命とは何か」「生物としてのヒトとは何か」を考えるためには、まず、生命の基本単位である「細胞」を理解することが必要です。このため、第1学年前期の「細胞生物学基礎」および後期の「分子生物学基礎」では、細胞の理解を中心に生命現象を探求します。まず、「細胞生物学基礎」では、細胞の構造やそのさまざまな機能を理解することを目標とします。

分子生物学基礎(医学科1年後期、担当:平田)

前期の「細胞生物学基礎」で学んだ「細胞=生命の基本単位」には、遺伝情報を保ち、取り出し、読み取る力があり、そのおかげで生命は存在しています。この遺伝情報を記述する暗号(コード)はすべての生物に共通で、これを読み解くことによりあらゆる生命体を統一的に理解できるようになりました。後期の「分子生物学基礎」では、遺伝のしくみの基本、すなわち遺伝情報を維持し、複製し、発現し、時には改良するしくみを理解することを目標とします。前期、後期の講義を通して、生物の生命活動のしくみを学び、個々の生物を特徴づける多様性とすべての生物に共通する恒常性を対照させながら、生命体を統一的に理解していきます。

発生生物学(医学科2年前期、担当:平田、長久保、依馬)

多くの生物は、受精卵という1つの細胞が分裂を続け、複雑かつ精密な調節を受けつつ分化し、形態形成を経てつくられていきます。本講義では、動物の初期胚の発生過程を学び、線虫やショウジョウバエからヒトに至るまで、生物の体つくりに共通してはたらいている基本的なしくみを理解することを目標とします。発生過程を支配する普遍的な原理の理解から、高次生命現象に至る過程の総合的な理解を図ります。そして、発生生物学の研究が向かう先には、再生医療という大きな目標があることを踏まえ、再生医療に関連する発生学的研究についても理解を深めていきます。

自然科学入門(生物)(医学科1年前期、担当:平田、長久保)

高等学校におけるカリキュラム編成上の理由や大学入学試験との関係で、「生物基礎」、「生物」の科目を十分にあるいはまったく履修していない学生を支援するための講義を行います。大学における基礎教育や専門教育への円滑な接続を目標とします。

医学特論・医学・生命科学入門(医学科1年後期、1コマ担当:平田)

滋賀医科大学の基礎医学・研究センターで行われている研究をわかりやすく説明します。学生自身が研究に参加して実際に実験を行う動機付けを目標とします。

看護学科講義

生物学(看護学科1年前期、担当:長久保)

「生命とは何か」「生物としてのヒトとは何か」を考えるために、生命の基本単位である「細胞」を理解することから始め、生命活動の設計図である遺伝情報の維持や発現のしくみについて学習します。また、組織、器官、個体、集団といった視点からも生物を捉えます。これらの学習を通して、生命体を統一的に理解し、「生物としてのヒト」の理解につなげることを目標とします。

自然科学総論(看護学科3年編入生前期、3コマ担当:平田)

看護学においては人間を自然科学的側面から理解することも必要であり、生物としてのヒトを理解することが重要な要素となります。自然界に生きる生物としてのヒトの全体像を把握するため、体内で起こる現象の物理学的な側面、生命を受け継いでいくための遺伝学、生体内の構造や生理現象に基づいたアセスメント、生命を維持するのに必須のエネルギー変換、エネルギー代謝、病理的側面からの疾病の理解と対処法などを取り上げます。

医学科・看護学科合同講義

現代社会と科学(医学科・看護学科1年前期、1コマ担当:平田)

科学と技術が人類の生き方に大きな影響力をもつ現代において、科学や技術の成果を享受する能力だけでなく、責任ある市民としてまた医療人として現代社会に関与するための科学知識と素養を備えること、すなわち科学的な思考方法を社会的目的のために用いる能力が求められます。本講義では、科学的な思考方法、その有効さと限界の一端を知ることを学習目標とします。

医学科実習

生物学実習(医学科1年後期、担当:平田、長久保、里岡、樋上)

生物学の知識の多くは観察や実験によって得られたものです。これらがどのような科学的方法で得られたかを実際に体験することによって、生物学分野での思考方法、実験手技の基本を習得することを目標とします。以下は具体的な目標です。

  1. 対象をよく観察し、スケッチとして表現する。
  2. 顕微鏡の正しい使い方を学ぶ。
  3. 比較生物学的な見地から動物の体のつくりとはたらきを学ぶ。
  4. 顕微鏡観察のための永久標本を作成する。

基礎医学研究入門(医学科1年、担当:平田、長久保、里岡)

生物学研究室では、医学科1年の基礎医学研究入門の学生を受け入れています。アレルギーや自己免疫疾患の病態や治療に興味のある学生の参加を期待しています。また、研究医コースの学生も随時受け入れています。

基礎科学研究(医学科2年前期、担当:平田、長久保、里岡)

医学・生命科学を含む自然科学の研究方法および説明能力の習得過程を通じて、科学を総合的な観点から理解することを目的とします。課題を設定し、その課題について、実験計画から結果報告までの一貫した研究過程を学習します。当研究室では毎年5〜6名の学生を受け入れています。平成26年度は、血球系培養細胞を用いて、ケモカインの細胞増殖や遊走への影響を調べました。平成27年度は、ヒトがん細胞株を用いて、ケモカインや脂質メディエーターの細胞運動能への影響を調べました。

自主研修(医学科4年夏期、担当:平田、長久保、里岡)

生物学研究室では、医学科4年の自主研修の学生を受け入れています。平成27年度は、マウスの鼻咽頭関連リンパ組織の解析とGPCRの細胞内局在の解析を行いました。