一覧

SUMSピッチコンテスト

 11月8(木)に第2回SUMSピッチコンテストが開催されました。

当教室からは成人教室と合同で「ミライノケンコウ」チームを結成し、医療・ヘルスケアの新製品開発に向けたプレゼンをチーム代表として片寄先生が行いました。そして見事、優秀賞を受賞いたしました!!

2018年11月29日

「柏地域医療連携センター」の視察

 柏市は東京都心より約30kmにあり、高度経済成長を機に東京のベッドタウンとして人口が増加した都市です。高齢化が進んでおり、現在は25.4%(H30年4月時点)となっており、柏市は高齢者がいつまでも住み馴れた地域で安心して暮らせる街を目指して柏市・東京大学・UR都市機構の三者が協定を締結し、柏プロジェクトを立ち上げています。特に在宅医療・介護連携に対して精力を注いでおり、高齢者が生活する地域の環境面だけでなく、在宅医療を行う医療職者への研修の場を設け、市民への啓発広報活動など包括的な取り組みを行っています。さらに柏市医師会・柏歯科医師会・柏市薬剤師会の共同で柏地域医療連携センターを設立するなど、地域医療の推進のために多職種が強く連携した街づくりが進んでいます。


今回の視察では、地域医療に対する包括的な取り組みにおいて10年先を見据えた長期的ビジョン展望、それを着実に実行していく行動力、そして何より行政・医療・民間企業といった多職種が連携するという重要な3つの側面を目の当たりにすることができました。今後ますます高齢化は進むことが明らかとなっている日本において、老年領域としてできることをこれらの側面から検討できたらと思います。


2019年02月15日

ミライノケンコウ Ottawa研修

 2019年2月25日から3月1日の5日間、ミライノケンコウ代表としてカナダのオンタリオ州にあるオタワ大学(工学部)へ研修に行ってきました。オタワ大学では製品開発におけるBusiness Modelやどのようにアイデアを改善していくかなどの方法論を学ぶだけでなく、3Dプリンターやレーザーカッティング、Arduino、VR(Virtual Reality)、モバイルアプリケーションなどについてその原理や使用方法についての講義やワークショップを行いました。


外気温氷点下20℃の日もある極寒の時期でしたが、Tim Horton(カナダで有名なコーヒーショップ)の美味しいコーヒーと共に大変充実した研修となりました。


2019年03月14日

臨床看護学講座(老年)ゼミの卒業論文発表会

 2019年3月8日にゼミ生(第22期生)の藤井大地さんと山根早貴さんが卒業論文発表を行いました。

藤井さんは2018年5月にマレーシアへ短期留学し、「宗教・多民族文化」と「健康・医療」との関係を視点とした考察を行いました。山根さんは2018年8月に認知症患者ケア技術の一つであるユマニチュードに着目した実態調査を行い、急性期病院における看護師のケアの実際をまとめました。


発表会では老年ゼミ生(第23期生)と卒業生(第21期生)も参加し、後輩からの研究に対する素朴な質問から、臨床の現場からの意見・考察といった発言が飛び交い、活発な意見交流となりました。

<卒業論文タイトル>
■藤井大地:マレーシア国民大学への海外研修についての報告 -宗教が健康・医療に及ぼす影響に対する考察-
■山根早貴:急性期病院看護師の高齢患者に対するコミュニケーションの実態

2019年03月15日

卒業生(老年ゼミ22期生)の山根早貴さんが第9回日本認知症予防学会で卒業研究結果を発表しました

 2019年10月18〜20日に開催された第9回認知症予防学会(開催場所:名古屋)で、老年学部ゼミ生卒業生の山根早貴さんが自身の卒業研究結果について口演発表(一般演題)しました。


この卒業研究は、認知症ケアやユマニチュードについて興味を持った山根さんが在学中に自身で研究計画を立案し調査したもので、ユマニチュードの実施状況を客観的に評価した報告となりました。

■発表演題:急性期病院看護師の高齢患者に対するコミュニケーションの実態

 

2019年10月24日