• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

呼吸器外科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

診療方針

 呼吸器外科は、呼吸に携わる肺疾患だけでなく、胸部に起こる疾患全般(肺癌をはじめとする肺・胸壁・縦隔腫瘍、気胸などの囊胞性疾患、気道狭窄、胸部外傷、手掌多汗症、漏斗胸など)を対象に、診断から手術療法まで行っています。常に最新・最良の医療を提供できる環境を整えるよう努めており、病状にあわせた様々な治療の選択が可能です。
当科では、低侵襲である胸腔鏡下手術から合併切除を伴う拡大手術まで、幅広い手術術式を行っています。特に肺癌の診療では、集学的治療として化学療法(抗癌剤)や放射線療法の併用など、積極的な治療方法で対応しております。
健康診断や検査で胸部に異常を指摘された方は、精密検査による確定診断から治療方針の決定まで、いつでもご相談を承ります。

診療内容・専門分野

肺癌

 肺癌は現在も増加傾向にあり、本邦の悪性腫瘍による死因の内、男性は第1位、女性は第2位を占めています。当科は肺癌の克服(根治)を目指し、県内でもトップクラスの呼吸器外科手術症例数を有する施設として、肺癌に対する治療に取り組んでおります。


早期肺癌の患者さんには、ほぼ全例で低侵襲な胸腔鏡下手術を行っています。近年、小型肺癌に対しては、肺機能の温存を目的とした積極的縮小手術が行われるようになってきており、当科では根治性にも考慮した胸腔鏡下肺区域切除術にも取り組んでいます。また、進行肺癌に対して、手術切除が可能となるよう薬物療法(抗癌剤)と放射線療法を併用し、さらに他科との協力のもと、根治性を高めた拡大手術も行っています。気道狭窄を合併した局所進行肺癌に対して、気道の確保を目的とした気管支鏡下での腫瘍切除およびステント留置などの対症療法も積極的に行っております。

胸腔鏡下手術とは?

胸腔鏡下手術とは?

 胸腔鏡という細いカメラを胸腔内に入れ、テレビモニターに映し出された画面を見ながら手術を行う方法です。

 開胸手術のように大きく胸を切開したり肋骨を切ったりしないので、傷が小さく(4㎝程度)痛みも少なくてすみます。

 肺癌治療は、手術療法のみでなく抗癌剤治療や放射線治療も絶対に欠かせません。当科では、肺癌診療に携わる全ての診療科を有する大学病院の利点を生かし、呼吸器内科や腫瘍内科、放射線科などと緊密な連携のもと、一貫した様々な治療が可能となっています(施設によっては手術は可能でも、その後、必要となる放射線療法や追加治療などが行えない場合があります)。尚、治療についてお悩みの方は、セカンドオピニオンも行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

転移性肺腫瘍

 胸腔鏡手術での切除を基本としていますが、両側や多発症例など患者さんのご病状にあわせて手術選択をしています。肺転移巣の切除率を高めるべく、様々な手術術式で対応しています。

縦隔腫瘍

 良性腫瘍が考えられる際は、胸腔鏡手術で低侵襲に手術を行っています。悪性が考えられる際は、CT下生検など放射線科と協力のもと、できるだけ手術前に診断がつくよう考慮しています。診断により、手術に先行して放射線治療や抗癌剤治療を行うこともあります。重症筋無力症に対する拡大胸腺摘出術も行っています。

悪性胸膜中皮腫

 胸膜生検による診断はもちろん、県内最大の総合病院として手術治療(胸膜肺全摘術)や抗癌剤治療、放射線治療など集学的治療を行います。

自然気胸/肺嚢胞性疾患

 肺から空気漏れを起こす気胸の治療については、若年者であれば原則として胸腔鏡下手術を行っています。手術時に吸収性シートを使用することで再発防止などの工夫を行っています。通常、手術後2日目には退院可能となっています。
高齢者の肺気腫に伴う気胸については、患者さんのご病状により手術のみでなく胸膜癒着術など保存的な治療も含めて治療をすすめています。

膿胸

 急性膿胸に対する胸腔ドレナージや胸腔内の洗浄だけでなく、慢性膿胸に対する全身麻酔下での膿胸手術や膿胸開窓術も行っています。

胸腔ドレナージとは?

 胸腔にチェストチューブと呼ばれる管を挿入し、胸腔に溜まっている空気や水・血液などを体の外に排出する手技です。

胸腔ドレナージとは?

胸部外傷

 救急部と連携し、交通事故による外傷性血気胸など胸部外傷にも対応しております。

手掌多汗症/上肢血行障害

 手のひらに大量の汗をかく手掌多汗症やバージャー病などによる手指冷感などに対して、胸腔鏡下胸部交感神経遮断術などを行っております。最短で入院期間は2日間です。

 

漏斗胸

 県内に少数しかない漏斗胸手術可能な施設として、低侵襲かつ美容面にも優れたNuss法を用いて漏斗胸の矯正を行っております。小学生など小児期の治療が基本ですが、一部の成人例も工夫を加えることで対応しております。

Nuss法とは?

Nuss法とは?

 前もって形作った金属製のバーを漏斗胸の陥凹(かんおう)部に通して180度回転させ、陥凹を改善する手術です。

漏斗胸に対する矯正術

漏斗胸に対する矯正術

気管腫瘍/気管・気管支狭窄

 当院は呼吸器内視鏡学会認定施設であり、多数の専門医が診療に関わっています。良性・悪性などの気管腫瘍に対するレーザー焼灼術、高周波治療はもちろん、気管および気管支狭窄に対して全身麻酔下に気道の拡張やステント留置術を行っています。

ステント留置術とは?

ステント留置術とは?

 気管・気管支にパイプを挿入して空気の通り道を確保する方法です。

気管腫瘍に対するレーザー焼灼術

気管内異物

 小児のピーナッツ誤嚥やお年寄りの義歯誤嚥など、気管内の異物に対しては気管支鏡を用いて異物除去術を行っています。患者さんの病状により全身麻酔で行います。

臨床研究

Javascript を有効にするか、こちらをご覧ください。

お問い合わせ先