• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

母子診療科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

 

 近年、少子少産化という社会情勢の変化を背景に高齢出産など妊婦自身が潜在的に有するリスクが増加しています。しかし、その一方で出産に対する安全神話が社会に広く普及し、妊娠・出産に対する快適性を求める妊婦のニーズの多様化という現象が生じています。

  このような現状を鑑み、当科では大学病院として各科専門医師らと連携して種々の合併症を有するハイリスク妊婦の妊娠・分娩管理を行うため、1994年に起ち上げた産科DIC救急班を2002年5月から高度周産期医療チームとして発展的に改変し、産科DICのみならず重症疾患を有する母体に対して集中治療部・救急部・麻酔科・外科などの他科専門医師と協力して高度な集学的治療を提供し、県下の危機的状況の妊産婦の救命に務めています。これに加えて平成18年1月からは各医療機関の協力のもと滋賀医科大学医学部附属病院産科オープンシステム(セミオープンシステム)を、2010年3月からは院内助産を開設し、安全性と快適性を両立するような母児管理を推進しております。

 また、2013年4月より総合周産期母子医療センターの認定を受けており、2018年4月にはNICU(新生児集中治療室)を3床増床し、現在MFICU(母児胎児集中治療室)6床、NICU12床、GCU(回復治療室)12床で母体搬送の受け入れはもちろん、出生後から手当てが必要な新生児に対しても積極的な治療にあたっております。

専門分野

  • 産科DIC(播種性血管内凝固症候群)
  • 合併症妊娠
  • 胎児超音波検査
DIC(播種(はしゅ)性血管内凝固症候群)とは?

播種(はしゅ)性血管内凝固症候群(DIC)とは?

 なんらかの原因によって血液の固まる力が高まり、血管内に無数の血の塊(血栓)ができる病気で、臓器不全や出血傾向が強まるという状態になってしまいます。

最近の話題

  • 2016年10月より母体血中cell-free DNAを用いた無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT検査)の紹介受付を開始いたしました。
  • 当院では胎児治療にも積極的に取り組み、無心体双胎妊娠に対するRadiofrequency ablation(経皮的ラジオ波焼灼療法)、胎児胸水や先天性嚢胞性肺疾患に対する胎児胸腔羊水腔シャント術、胎児貧血に対する胎児輸血を施行しております。
  • 2007年2月より胎児超音波外来を開設し、胎児異常のスクリーニングや治療相談を行っています。
  • 2017年より骨盤位に対する外回転術を開始しました。骨盤位(いわゆる逆子)は一般的に帝王切開分娩となると考えられておりますが、当院では骨盤位経腟分娩もしくは、ある一定の条件を満たせば、外回転術によって頭位に矯正し経腟分娩の機会を得ることを提供しています。現在までに年間10〜15例程度の症例をご紹介いただいており、2020年3月時点では80%以上の成功率を維持しております。妊娠34−35週でも骨盤位であった場合にご紹介いただき、妊娠36週で当院にて処置を行います。(原則として一泊入院で行っております)
無心体双胎妊娠に対する経皮的ラジオ波焼灼療法とは?

無心体双胎妊娠に対する経皮的ラジオ波焼灼療法とは?

 麻酔をした妊婦さんに細い針を刺し、高周波電流を流すことで、無心体(心臓や頭部が形成されていない存在)への血流を止める手術です。健常な胎児の心臓負荷を改善でき、救命の可能性を高めることができます。

胎児胸腔羊水腔シャント術とは?

胎児胸腔羊水腔シャント術とは?

 お腹の中の赤ちゃんの胸腔と羊水腔にチューブを留置することで、胸に溜まった水が持続的に羊水腔の方に流れていくため、水で圧排されていた肺が膨らみ、心臓の機能が改善します。

診療実績

Javascript を有効にするか、こちらをご覧ください。

臨床研究

Javascript を有効にするか、こちらをご覧ください。

診療科からのお知らせ

 

お問い合わせ先