• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

糖尿病内分泌内科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

 現在、ライフスタイルの欧米化に伴い、糖尿病1,100万人、高血圧3,100万人、脂質異常症(高脂血症)3,000万人など生活習慣病が急増しています。
当科は、「生活習慣病センター」の1部門として、糖尿病、脂質異常症、高血圧、肥満症の患者さんを診療し、心筋梗塞、脳卒中、末梢循環障害などの動脈硬化性疾患の発症予防および糖尿病網膜症や糖尿病腎症などの糖尿病性合併症の予防のための診療を行っています。
また、日本内分泌学会認定教育施設として、専門的な診療を行っています。

診療内容・専門分野

  • Ⅰ型糖尿病を含めコントロール困難な糖尿病患者の管理(インスリンポンプ含む)
  • 糖尿病の合併症精査
  • 持続血糖モニター(CGF/FGM)を用いた血糖管理
  • 内分泌疾患の診断、治療
外来について

 糖尿病合併症や早期動脈硬化症の評価と予防に力を入れています。足病変の評価とケアを行うフットケア外来も行っています。内分泌代謝性疾患としては、甲状腺疾患、内分泌性高血圧症(原発性アルドステロン症など)、下垂体疾患、副腎疾患、肥満症、高血圧症、高尿酸血症などの診療を行っています。
その他、生活習慣病センター外来では、禁煙外来や生活習慣介入外来などの専門外来で食事や運動など生活習慣改善の具体的方法の指導を行っています。

入院について
  • 糖尿病1週間入院
    病診連携の推進をはかるため、直接電話で入院日が決まる糖尿病1週間入院(水曜日入院、翌週水曜日退院)を行っており、糖尿病患者さんのインスリン導入、合併症精査、食事指導などの教育を行っています(お近くの開業医の先生より直接病棟に予約いただけます。TEL.077-548-2386)。
  • 通常入院
    重症糖尿病患者さんの血糖管理とともに心血管、脳血管、末梢循環障害の精密検査を行い、血管合併症の集学的管理を行っています。地域から重篤な糖尿病患者さんをお引き受けし、病態に関して専門的に評価し、治療方法などを提案し、結果報告をさせていただいています。
  • 短期インスリン導入入院
    平日3日間コース、土日4日間コースを用意しています。

臨床研究

Javascript を有効にするか、こちらをご覧ください。

最近の話題

血糖測定の最先端技術

 インスリン注射をされている患者さんは、自己血糖測定器で1日に数回、血糖値を測定して高血糖や低血糖がないか確認し、インスリン投与量を調整しています。しかし、測定していない時間帯の血糖はどうなっているのか、夜間寝ている間に低血糖が起こっていないかなど、1日の血糖値の変化を知ることは困難です。  
24時間持続して血糖値を測定できる持続血糖モニターが開発され、使用することができるようになっています(保険適用あり)。当科では、開発当初から積極的に持続血糖モニターを使用しています。使用してみると、これまでにわからなかった1日の血糖変化が目に見えるようになり、血糖コントロールに非常に役立つことがわかりました。血糖値は1日の中で大きく変動していましたが、食事内容の見直しと薬の調節によって改善しました。

 

1日の血糖変化

持続血糖モニターとは?

24時間連続して血糖値を測定できる装置で、お腹に細いセンサー(針)を指し、血糖値を連続的に測定します。最近では、2週間連続で、簡便に血糖値をモニターできる装置も登場し、外来で使用しています。

 

特に紹介を受けたい対象疾患

  • 血糖コントロールの困難な糖尿病
  • 足病変の精査が必要な症例
  • 糖尿病教育を必要とする症例(1週間の教育入院)
  • インスリン導入の必要な糖尿病症例(インスリン導入入院)
  • 内分泌疾患全般

お問い合わせ先