• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

病院のご案内

先進医療の紹介

  • 先進医療制度とは
    先進医療とは、一般の保険診療の水準を超えた最新で高度な医療技術を、厚生労働省より承認された保険医療機関に限って行われる医療行為です。
  • 先進医療の費用について
    先進医療の技術料は患者さんが全額自己負担することになります。ただし、それ以外の診察料、入院料、検査料などは健康保険が適用されます。

 本院では、以下の先進医療を実施しています。詳細については実施している診療科へお問い合わせください。

膵がん腹膜転移に対するS-1+パクリタキセル経静脈腹腔内投与併用療法

 この試験は、「膵がん腹膜転移に対するS-1+パクリタキセル経静脈腹腔内併用療法」の治療効果を確認するために、標準治療である「ゲムシタビン+アブラキサン併用療法」の治療効果と比較することが目的です。この試験へ参加いただく患者さんは、ランダムに振り分けられ、どちらかの治療を受けていただきます。この試験結果から、いままで標準的治療に抵抗性であった腹膜転移膵がんの患者さんへの、より良い治療法を確立するための情報が得られることを期待しています。
治療方法について、パクリタキセルは週に1回約2時間の点滴と腹腔内投与を2回繰り返し、3週目はお休みします。S-1は2週間内服し、1週間お休みします。これを1コースとして、効果が継続している間繰り返します。

対象疾患 初回治療予定の他臓器に遠隔転移のない腹膜転移を伴う膵がん
算定開始年月日 令和元年11月1日
料金 1コースにつき 28,038円
実施診療科 消化器外科
お問合せ 消化器外科 hqsurge1@belle.shiga-med.ac.jp

サンプル

 

糞便微生物叢移植 再発性Clostridioides difficile 関連下痢症・腸炎

 本先進医療は、再発性のClostridioides (Clostridium) difficile 腸炎(偽膜性腸炎)の患者さんを対象とします。この腸炎は抗菌薬の内服などが原因で腸内細菌叢が撹乱され、Clostridioides (Clostridium) difficile という細菌が異常に増殖したり、毒素を産生することにより発症します。健常なドナー(糞便提供者)の糞便から生成された微生物叢の抽出液を、大腸内視鏡を用いて対象となる患者さんの盲腸で散布し移植することで症状の改善を図ります。移植後3か月間、経過観察をしていただきます。

 また、現在新型コロナウイルス感染対応として、ドナーの方には糞便移植実施前日に当院でPCR検査を実施いたします。その際のPCR検査費用(16,995円)については、患者さん(移植を受けられる方)に下記の料金に追加してご負担いただくことになりますのでご了承ください。


 

対象疾患 再発性Clostridioides difficile 関連下痢症・腸炎
算定開始年月日 令和2年3月1日
料金 1回につき131,300円
(但し、ドナー候補者の人数等により料金が異なる場合有)
実施診療科 消化器内科
お問合せ 消化器内科 hqmed2@belle.shiga-med.ac.jp

サンプル