〒520-2192 大津市瀬田月輪町
滋賀医科大学
生化学・分子生物学講座
分子病態生化学部門 
TEL: 077-548-2162(研究室)
FAX: 077-548-2164
E-mail: hqbioch2@
"@以下に belle.shiga-med.ac.jp
をつけて下さい"

学部教育

本学では国際水準を踏まえた医学教育となるよう医学科学部教育のカリキュラムを改変しており、2017年度入学生より「新カリキュラム」で講義・実習が行われています。2017年秋には日本医学教育評価機構(JACME)による医学教育分野別評価を受けました。「新カリキュラム」で当研究室が担当する講義・実習(医学科第1、2学年が該当)は下記の通りです。また、2018年度に医学科3年生以上は「旧カリキュラム」での講義・実習になりますが、その内容は「新カリキュラム」の下にあります。その他、第1学年の「早期体験学習」体験交流会、第4学年の「少人数能動学習」のチューターを担当しています。さらに、第4学年に行われる「自主研修」では、基礎研究の体験を希望する学生を積極的に受け入れています。なお、研究医特別コース(MD−PhDコース)を目指している、あるいは、このコースに関心のある学生への説明、研究室見学も随時行います。基礎研究に興味を持っている学生の方は、是非ご連絡下さい。

 

「新カリキュラム」

現代社会と科学(第1学年前期)
 担当:扇田(1コマ)

“血管の老化”をテーマに、マスコミ報道などから伺える社会的な関心と現代の科学で明らかになっている医学的知見との相違について講義する。

医学・生命科学入門(第1学年前期) 担当:扇田(
1コマ)

当研究室で行っている基礎研究の内容について初学者を対象に講義を行う。

基礎医学研究入門(第1学年前期〜第2学年前期) 担当:扇田、佐藤、清水(30コマ)

 

実際に研究室で初歩的な基礎医学研究を行ってもらうことで、医学研究に関する理解を深める。

基礎人体構造学(第2学年前期) 担当:扇田(1コマ)

 

心血管系の構造と正常機能および異常を来した場合の病態について講義する。

生化学序論(第2学年前期)
担当:佐藤(7コマ)

細胞内でのDNA複製、転写、翻訳に関する基本的な知識および疾患との関連、医学・医療への応用について講義する。

核酸・病態生化学(第2学年後期)
 
 
 
 
 講義 担当:扇田、佐藤、清水、Zankov(22コマ)
 実習 担当:扇田、佐藤、清水、Zankov(9コマ)

ヌクレオチドの構造と代謝から始まり、がんや心血管疾患などの病気の病態理解に必要な生化学事象まで(主に、ハーパー生化学30版 Section VII〜Section XIに該当)幅広い内容について講義する。疾患・病態の解明に貢献した生化学的な研究内容についても出来る限り触れていく。また、近年の遺伝子工学の発展およびその概要についても説明する。授業内容の理解を深めるため、原則、各講義毎に確認問題を解いてもらう。

実習ではDNA、RNAを自ら実際に取り扱うことで核酸に関する生化学研究の基本的な手法を習得する。この実習を通して、講義で得られた核酸に関する知識をより深めて欲しい。

 

「旧カリキュラム」
 
病態生化学(第3学年前期)
担当:扇田(13コマ)

旧カリキュラムの第2学年後期に行われた代謝生化学や核酸生化学の講義・実習では触れられなかった内容について、正常状態での生化学的な機構を説明すると共に、その機構の異常によって引き起こされる病態を理解する上で重要な項目を示しながら講義を行う。疾患・病態の解明に貢献した研究内容についても出来る限り触れていく。また、授業内容の理解を深めるため、原則、各講義毎に確認問題を解いてもらう。

看護の生化学・栄養学(看護学科・第2学年前期) 担当:扇田(16コマ)

 

将来看護師として働く際に必要な糖質、脂質、タンパク質・酵素、ビタミン、ミネラル、エネルギー代謝、核酸代謝の基本的な内容について講義する。授業内容の理解を深めるため、原則、各講義毎に確認問題を解いてもらう。