研修医教育

東近江総合医療センターでは初期研修医を募集しています

 研修プログラムの目的と特徴

 研修指定病院としての歴史は浅いが、滋賀医科大学の第二教育病院として4年前より年間を通じて医学部5回生の臨床実習を2週間ずつ、3年前により滋賀医科大学初期研修Aプログラムの学外実習を6週間ずつ担当しており、指導医全員が臨床教育に熟知している。
 当センターで研修する医師は総合診療科を希望する場合だけでなく、各診療科の専門医を目指す場合も含めて、医療の基礎となる病歴聴取、診察法、基本的主義に偏ることなく一定レベル以上に到達する必要があると考えている。したがって、問診や診察を繰り返しトレーニングするため1年目は内科系診療科のみを重点に研修し、2年目は選択科を最大限に取り入れるプログラムとしている。ただし、内科であっても診療科による研修する内容や疾患は大きく異なるため、診療科を越えて共通に認識すべきプライマリ・ケアと救急は、2年間を通じて途切れることなく鍛える必要がある。当センターでは2年間を通して毎朝のカンファレンスに出席し、内科系すべての入院患者のディスカッションに加わることでcommon diseaseをより繰り返し学習できるシステムとなっている。さらに救急も週1回(午前+午後)の業務(指導医ととも)に携わり2年後には一人で初期対応できるレベルを目標にしている。
 また、院内での報告会や各種学会地方会レベルでの発表を通じて、コニュニケーション能力、プレゼンテーション能力を養うことが可能である。

 ここで研修すると何ができるのか? 

朝のカンファレンス

毎日の朝のカンファレンスですべてのcommon disease を学べます。このカンファレンスは全国でもみられない専門医同士の質の高いカンファレンスで、毎日の知識の積み重ねが幅広い知識を兼ね備えた医師の育成に役立っています。

滋賀医科大学の出向先ならではの利点!

東近江総合医療センターは滋賀医科大学総合内科学講座・総合外科学講座の出向先ですので、本学の最新動向やTV会議システムを利用した研修会にも参加できます。また大学図書館の利用や文献検索など、大学のサービスを受けることができます。

全人的医療ができる

診療科を移動しても患者さんの入院から退院まで担当できます。

希望する診療科では、外来診療のトレーニングを行い、一人で問診・診察・検査・投薬・病状説明ができるようになります。

スキルスラボで手技が向上

県下有数のスキルスラボで自主学習できます。

 研修スケジュール

 初期研修医は毎朝の総合内科カンファレンス(8:00〜9:00)に参加し、専門医ともに前日入院・救急患者のディスカッションを行うことで、臨床に必要な基礎的知識を学習します。

年間スケジュールの一例

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
 1年目 朝カンファレンス(朝8時〜9時)
総合内科
糖尿病・内分泌
循環器内科 呼吸器内科 消化器内科 神経内科 内科系5科より
選択
昼救急(週1回)・夜間救急(週1回)
2年目 朝カンファレンス(朝8時〜9時)
外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科(院外)より選択(2ヶ月ずつ) 地域医療 内科・小児科・放射線科・外科・呼吸器外科・整形外科・産婦人科・泌尿器科・眼科・麻酔科・皮膚科・耳鼻咽喉科・歯科口腔外科・精神科(院外)より選択(1診療科につき1ヶ月以上)
昼救急(週1回)・夜間救急(週1回)

研修医宿舎

 

研修医談話室

 

研修医室(個室)

 

 東近江総合医療センターでの研修生活を終えて

武村秀孝 (東近江総合医療センター研修医1期生、現・京都第二赤十字病院)


 2018年3月をもって、東近江総合医療センターでの2年間の初期臨床研修を修了しました。
2年間を振り返って、本当に自由に様々な診療科をローテーションさせて頂き、医師としてのスタートとして、大変充実した2年間を過ごすことができました。
 東京出身で滋賀医科大学に学士編入で入学した自分を家族のように受け入れて頂き、病院で過ごす日々が本当に楽しく、ストレスが少ない職場環境でした。医学知識や技術の習得は当然重要ですが、ここで得た仲間や経験、医師としての立ち振る舞いや覚悟など、大規模な病院では経験できないような2年間を過ごさせて頂きました。
 どの診療科をローテーションしていても、いつでも気軽にコンサルトができる雰囲気があり、コメディカルの方々にもいつでも相談できる、この働きやすい環境は東近江総合医療センターならではでないでしょうか。ご指導頂いた先生方をはじめ、事務の方々、コメディカルの方々には心より感謝申し上げます。
 私は当院の第1号研修医でしたが、マッチングで当院を希望される学生も増えてきており、今後益々教育病院として充実した施設になってほしいと強く願っております。