特定行為研修受講を志願した理由

私は、自らの看護観を熟成させ「看護師だからこそできること」にこだわり、専門的な知識と確実な技術、そして卓越した臨床判断能力を有する看護師を目指している。クリティカルケア領域の看護師には、これまで以上に高度医療への対応が求められるため、看護師には、より専門職者として高度な教育が不可欠となる。私の特定行為研修への志望動機は、特定行為の習得のみならず、医学的な視点を看護に融合させ、より看護の専門性を活かしたケアをタイムリーに提供できることと、さらには将来を見据えた看護師教育に活かしていきたいと考えたからである。私は、患者にとって「より良い」医療と看護、そして教育において所属部署のみならず、組織横断的な活動を実践したいと考えている。私は、術前、術中、術後といった従来の患者管理を行うのではなく、周術期を一連のプロセスと捉えたトータルケアの実践を自らがモデルとなり、医師、他職種、看看連携をよりタイムリーにケアに活かせる活動をしていきたい。私は、看護師としてのこだわりを大切にしながら、クリティカルケア領域から患者の退院後の生活を見据えた質の高い看護の提供のために研鑽に励む。そして、特定看護師として看護の専門性を高めていくことで大学病院から滋賀県の医療・看護の発展に寄与していきたい。
滋賀医科大学医学部附属病院 特定看護師(第1期修了生) 吉田和寛


特定行為研修を修了して

患者さんとより近い立場でケアする看護師が、患者さんの医療にもっと貢献できないかと思い受講しました。研修は、医師の講義を中心に質問しやすい環境で学ぶことができました。また研修生同士での意見交換を通して自分の視野を広げていくことができました。修了後は、呼吸・循環・代謝異常兆候を早期に発見し、重症患者のアセスメントを適切に行うことにより重症化防止に努め、また看護ケアに対する病棟看護師への支援を行っています。その関わりの中で特定行為を実践しています。自分で判断し行動しなければならず、責任も重く、決して容易ではありません。ですが、医学的な知識と看護ケアの視点を兼ね備えた特定看護師が医師と看護師の中間的な役割を果たすことができれば、患者によりリアルタイムに治療とケアが提供できると思っています。今後は、HCU退室後の患者訪問活動やリソースナースとしてコンサルテーション活動を行い、チーム医療の推進・看護の質向上に貢献していきたいと思っています。
関西労災病院 特定看護師(第1期修了生)山下祐貴