滋賀医科大学看護師特定行為研修センターについて 

 平成29年4月より特定行為研修推進室より看護師特定行為研修センターに改組しました。 滋賀医科大学は『地域に支えられ、地域に貢献し、世界に羽ばたく大学』として、人々の健康、医療、福祉の向上と発展に貢献するために、3Cを推進しています。
 3Cとは、創造(Creation)、挑戦(Challenge)、貢献(Contribution)ですが、当センターも、これらを実現すべく、地域医療を支える特定看護師の育成と様々な療養の場の患者さんが安心、安全な医療を受けられる地域医療体制への貢献に努めてまいります。 

センターの機能 

 看護師特定行為研修センターは、指定研修機関として『特定行為研修教育指導部門』と『特定行為業務実践支援部門』を有します。

看護師特定行為研修センター 構成員 紹介

〇看護師特定行為研修センター 

  • センター長:北川 裕利(麻酔学講座 教授)
  • 伊藤 俊之(臨床教育講座 教授)
  • 中井 智子(看護部 看護臨床准教授 看護師長 認定看護管理者)
  • 金城 真一(看護部 看護臨床講師 看護師長 特定看護師 感染管理認定看護師)
  • 島本 行雄(看護部 看護臨床講師 副看護師長)

〇客員教員

  • 藤野みつ子(客員教授、熊本保健科学大学 基礎看護学講座教授)

〇事務担当

  • 中尾 浩行(病院管理課 課長)
  • 廣田 智子(病院管理課 専門職員)
  • 若井 大輔(病院管理課 事務補佐員)
  • 橋本 幸子(病院管理課 事務補佐員)