滋賀医科大学 医学部附属病院 薬剤部

滋賀医科大学 医学部医学科 薬物治療学講座

Department of Pharmacy, Shiga University of Medical Science Hospital
Department of Pharmacotherapeutics, Shiga University of Medical Science

薬学研究を通して新たな薬学的知見の創出に努めます。

HOME | 著書・論文

著書・論文

2024年

英文(原著)

  • Rika Fukui, Satoshi Noda, Yoshito Ikeda, Yuichi Sawayama, Tomohiro Terada, Yoshihisa Nakagawa, Shin-ya Morita. Relationships of proton pump inhibitor-induced renal injury with CYP2C19 polymorphism: a retrospective cohort study. Clin. Pharmacol. Ther., in pressLink

和文(原著)

  •  

和文(著書)

  •  

和文(記事・取材など)

  •  

2023年

英文(原著)

  • Takaki Kamiya, Daiki Hira, Ryo Nakajima, Kazuha Shinoda, Atsuko Motomochi, Aya Morikochi, Yoshito Ikeda, Tetsuichiro Isono, Michiya Akabane, Satoshi Ueshima, Mikio Kakumoto, Shinji Imai, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Decreased analgesic effect of tramadol in japanese patients with CYP2D6 intermediate metabolizers after orthopedic surgery. Biol. Pharm. Bull., 46(7), 907-913 (2023)Link
  • Yoshito Ikeda, Mizuki Kawakami, Yasuyuki Yamada, Masayuki Munekane, Kohei Sano, Takahiro Mukai, Taiho Kambe, Nobukazu Shitan. Chloroform fraction of Panax Ginseng extract enhances Zip4-mediated zinc influx into the cytosol. BPB reports, 6(3), 108-114 (2023)Link
  • Tetsuichiro IsonoDaiki HiraYoshito IkedaMasahiro KawaharaSatoshi NodaAtsushi NishidaOsamu InatomiNoriki FujimotoAkira AndohTomohiro TeradaShin-ya Morita. Single-Nucleotide Polymorphisms, c.415C > T (Arg139Cys) and c.416G > A (Arg139His), in the NUDT15 Gene Are Associated with Thiopurine-Induced Leukopenia. Biol. Pharm. Bull., 46(3), 412-418 (2023)Link
  • Yuichi Sawayama, Yukinori Tomita, Soji Kohyama, Yosuke Higo, Kenji Kodama, Kohei Asada, Noriaki Yagi, Megumi Fukuyama, Atsushi Hayashi, Wataru Shioyama, Hiroshi Sakai, Tomoya Ozawa, Tetsuichiro Isono, Daiki Hira, Takashi Yamamoto, Shin-ya Morita, Yoshihisa Nakagawa. Clopidogrel use in CYP2C19 loss-of-function carriers with high bleeding risk after percutaneous coronary intervention. Circ. J. 87(6), 755-763 (2023).Link
  • Jinyang Xu, Ikuo Nakamura, Makoto Sudo, Satoshi Noda, Naoki Fujitsuka, Sachiko Mogami, Keiko Mitani, Masaharu Tada, Yasuhiro Fujimoto, Tomohiro Terada, Seiko Hirono, Etsuro Hatano. Effects of Hochuekkito on Lenvatinib-Induced Fatigue in Mice, BPB reports, 6(1), 1-7 (2023)Link

和文(原著)

  • 國津 侑貴, 磯野 哲一郎, 松宮 英美里, 久米 真司, 森田 真也, 寺田 智祐. 滋賀県における「Triple Whammy」(レニン・アンジオテンシン系阻害薬、利尿薬、非ステロイド性抗炎症薬の3剤併用)による急性腎障害リスクに対する啓発活動の評価. 医療薬学, in press

和文(総説)

  • 森田 真也. 酵素蛍光法を利用したリポタンパク粒子中のリン脂質クラス定量. バイオクリニカ, 38(14), 1221-1223 (2023)
  • 田淵 陽平, 上島 智, 森田 真也. 経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の患者に対する抗血小板薬は,どう選ぶ?. 月刊薬事, 65(14), 2780-2785 (2023)
  • 上島 智, 田淵 陽平, 森田 真也. CYP3A4を阻害する薬剤を服用中の心房細動患者に対する抗凝固薬は,何を選ぶ?. 月刊薬事, 65(14), 2773-2779 (2023)
  • 神谷 貴樹. 特集 ひとりでできるもん薬剤師のものさし. 5. 輸液のものさし 夜間外来・一般救急でよく見る輸液、その使い分け, 薬局, 74(11), 1872-1878 (2023)
  • 日置 三紀. 3.AYA世代のがん治療. 月刊薬事7月増刊号, 65(10), 524-530 (2023)
  • 日置 三紀. がん・生殖医療における薬剤師の役割. 日本がん・生殖医療学会誌, 6(1), 21-24 (2023)
  • 磯野 哲一郎. 自己注射デバイス絵巻, 患者に合わせたデバイスや補助具の選び方. レシピプラス, 22(1), 19-25 (2023)
  • 國津 侑貴. 自己注射デバイス絵巻, 自己注射ってなんだ?デバイスのしくみ. レシピプラス, 22(1), 47-52 (2023)

和文(著書)

  • 日置 三紀. 第5章 がん種別診断と治療 1.乳がん. がん専門・認定薬剤師のためのがん必須ポイント第5版 (吉村知哲 編著), 310-331, じほう (2023)
  • 須藤 正朝, 道家 雄太郎, 中村 春香, 日置 三紀, 藪田 直希, 若杉 吉宣. ざっと図解!, 第2部 図解でスッキリ 薬理作用. 図解でスッキリ! 抗がん薬の薬理作用 (南 博信, 寺田 智祐/編, 藪田 直希/編集協力), 南江堂 (2023)
  • 堀江 美弥. Ⅱ症状別・疾患別の栄養介入のポイント 19 潰瘍性大腸炎,クローン病,短腸症候群, 薬剤師のための栄養療法管理マニュアル  (吉村知哲, 寺田智祐/編), 214-232, 医学書院 (2023)
  • 神谷 貴樹. Ⅰ栄養療法の基礎知識 3 末梢静脈輸液薬剤師のための栄養療法管理マニュアル  (吉村知哲寺田智祐/編), 36-60, 医学書院 (2023)
  • 日置 三紀 (分担執筆). 患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2023年版(日本乳癌学会/編), 金原出版 (2023)
  • 野田 哲史. 第1章 乳がん 18.アベマシクリブ(ベージニオ). がん化学療法レジメン管理マニュアル第4版 (濱 敏弘/監, 青山 剛, 池末 裕明, 内田 まやこ, 佐藤 淳也, 高田 慎也, 土屋 雅美/編), 137-144, 医学書院 (2023)
  • 日置 三紀. 第6章 婦人科がん I. 卵巣がん 64.TC+Bev(パクリタキセル+カルボプラチン+ベバシズマブ), 65.dose-dense TC(パクリタキセル+カルボプラチン). がん化学療法レジメン管理マニュアル第4版 (濱 敏弘/監, 青山 剛, 池末 裕明, 内田 まやこ, 佐藤 淳也, 高田 慎也, 土屋 雅美/編), 537-549, 医学書院 (2023)

和文(記事・取材など)

  • 森田 真也. ICOM2023概要&セッション報告35.Bio-membranes., 48(6), 287 (2023)
  • 森井 博朗. 術後の患者さんを痛みのない世界にいざなうために~術後疼痛管理チームの現状と薬剤師の役割~. 滋賀県病院薬剤師会誌, 46(2), 30-31 (2023)
  • 森田 真也. 滋賀県病院薬剤師会の役割と発展. 滋賀県病院薬剤師会誌, 46(2), 1-2 (2023)
  • 日置 三紀 (取材). がん治療、「遺伝子」が鍵. 京都新聞, 2023年5月16日 朝刊006ページ
  • 森田 真也. 脂質の代謝や機能のメカニズム解明を目指した分析法の開発. 脂質生化学研究Circular 2023, 34-35 (2023)
  • 日置 三紀 (取材). AYA世代がん 医療と薬剤師の役割は. 京都新聞, 2023年3月28日 朝刊015ページ

2022年

英文(原著)

  • Tokuhiro Chano, Tomoko Yamashita, Hirokazu Fujimura, Hiroko Kita, Toshiyuki Ikemoto, Shinji Kume, Shin‐ya Morita, Tomoyuki Suzuki, Fumihiko Kakuno. Effectiveness of COVID-19 vaccination in healthcare workers in Shiga Prefecture, Japan. Sci. Rep., 12, 17621 (2022)Link
  • Hiroyoshi Koide, Satoshi Noda, Yumi Okunuki, Shigehiro Owaki, Takeshi Shimizu, Tomohiro Terada, Shin-ya Morita. Analysis of risk factors for high-dose cisplatin-induced renal impairment in head and neck cancer patients. In Vivo, 36(5), 2465-2472 (2022)Link
  • Tokuhiro Chano, Shin-ya Morita, Tomoyuki Suzuki, Tomoko Yamashita, Hirokazu Fujimura, Tatsushi Yuri, Masakazu Menju, Masaaki Tanaka, Fumihiko Kakuno. Serology suggests adequate safety measures to protect healthcare workers from COVID-19 in Shiga Prefecture, Japan. PLoS ONE 17(6), e0270334 (2022)Link
  • Kai Kudo, Yoshimi Miki, Joaquim Carreras, Shunya Nakayama, Yasushi Nakamoto, Masatoshi Ito, Etsuko Nagashima, Kei Yamamoto, Hiroshi Higuchi, Shin-ya Morita, Asuka Inoue, Junken Aoki, Kiyoshi Ando, Naoya Nakamura, Makoto Murakami, Ai Kotani. Secreted phospholipase A2 modifies extracellular vesicles and accelerates B cell lymphoma. Cell Metab. 34(4), 615-633.e8 (2022)Link
  • Yuki Kunitsu, Daiki Hira, Aya Morikochi, Tomohiro Ueda, Tetsuichiro Isono, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Time until onset of acute kidney injury by combination therapy with “Triple Whammy” drugs obtained from Japanese Adverse Drug Event Report database. PLoS ONE 17(2), e0263682 (2022)Link
  • Akio Ogawa, Daiki Hira, Masayuki Tsujimoto, Kohshi Nishiguchi, Masanori Endo, Toshiaki Ono, Tsuguru Hatta, Tomohiro Terada, Shin-ya Morita. Optimal sampling strategy and threshold of serum vancomycin concentration in elderly Japanese patients undergoing high-flux hemodialysis. Ther. Drug Monit., 44(3), 396-403 (2022)Link

英文(総説)

  • Shin-ya Morita, Yoshito Ikeda. Regulation of membrane phospholipid biosynthesis in mammalian cells. Biochem. Pharmacol., 206, 115296 (2022)Link
  • Satoshi Noda, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Dose individualization of oral multi-kinase inhibitors for the implementation of therapeutic drug monitoring. Biol. Pharm. Bull., 45(7), 814-823 (2022)Link

和文(原著)

  • 上田 智弘, 福井 里佳, 國津 侑貴, 神谷 貴樹, 平 大樹, 寺田 智祐, 森田 真也. 調剤鑑査支援システムにおけるテクニカルアラーム対策の効果. 医薬品情報学, 24(2), 105-110 (2022)Link

和文(総説)

  • 日置 三紀. 特集 2022年なにあった? Catch Up! 新薬・新規効能・新剤形. 4. 不妊治療・生殖補助医療の保険適用に伴う効能追加が盛んに!, 薬局, 73(13), 67-74 (2022)
  • 池田 義人, 森田 真也. 胆汁酸による肝細胞障害を軽減しうるリン脂質排出トランスポーター活性化. アグリバイオ, 6(14), 1327-1329 (2022)
  • 寺田 智祐, 森田 真也. 院内における薬理遺伝学検査の体制構築に向けた取り組み. 医学のあゆみ, 283(7), 718-721 (2022)
  • 日置 三紀. ケースでわかる! 薬局でよくみる貧血のマネジメント・鉄欠乏の患者. 調剤と情報, 28(4), 524-530 (2022)
  • 神谷 貴樹. 特集 治療継続のためのプロブレムがみえる!みつかる!糖尿病 7. 食生活を改善できない, 薬局, 73(12), 74 (2022)

和文(著書)

  • 日置 三紀. 第412-1 子宮がん(総論), 12-2 子宮頸がん, 12-3 子宮体がん, 第59-3 疲労, 臨床腫瘍薬学第2(日本臨床腫瘍薬学会/編), 418-430, 746-752, じほう (2022)
  • 日置 三紀. II 各論 9. がん・生殖医療 薬剤師の関わり, がん支持療法テキストブック サポーティブケアとサバイバーシップ (日本がんサポーティブケア学会/編), 216, 金原出版 (2022)
  • 日置 三紀. column1. インターネット上の情報やソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)との付き合い方, 第23.がん治療の現場で考えるべき妊孕性の問題, 事例に学ぶ AYA世代のがん サポーティブケア・緩和ケア (森田 達也,清水 千佳子,小澤 美和/編), 40-41, 88-94, 診断と治療社 (2022)
  • 野田 哲史. 43.腎細胞がん, 薬剤師のための薬物療法問題集 (家入 一郎/監), 334-341, じほう (2022)
  • 森田 真也, 巖西 真, 堺 香輔. (薬剤情報査読協力) 今日の眼疾患治療指針第4版(大路 正人, 後藤 浩, 山田 昌和, 根岸 一乃, 石川 均, 相原 一/編), 医学書院 (2022)
  • 日置 三紀. 第10章 臨床検査 37 ホルモン関連検査. 検査値と画像データから読み解く薬効・副作用評価マニュアル(吉村 知哲, 岩本 卓也/編), 386-379, 医学書院 (2022)

和文(記事・取材など)

  • 森田 真也. 近畿学術大会をWebで開催して. 滋賀県病院薬剤師会誌, 45(2), 1-2 (2022)
  • 森田 真也. 第21回日本油化学会オレオサイエンス賞受賞によせて〜高感度かつハイスループットなリン脂質クラス定量分析法の確立を目指して〜. オレオサイエンス, 22(8), 406 (2022)

2021年

英文(原著)

  • Tetsuichiro Isono, Daiki Hira, Aya Morikochi, Tadateru Fukami, Satoshi Ueshima, Kazuhiko Nozaki, Tomohiro Terada, Shin-ya Morita. Urine volume to hydration volume ratio is associated with pharmacokinetics of high-dose methotrexate in patients with primary central nervous system lymphoma. Pharmacol. Res. Perspect., 9(6), e00883 (2021)Link
  • Hiroyoshi Koide, Satoshi Noda, Tetsuya Yoshida, Susumu Kageyama, Kazuya Teramura, Takeshi Kato, Akihiro Kawauchi, Noriki Fujimoto, Tomohiro Terada. Severe skin disorders due to sorafenib use after nivolumab treatment in renal cell carcinoma patients. In Vivo, 35(5), 2969-2974 (2021)Link
  • Kana Suenaga, Daiki Hira, Eri Ishido, Hiroyoshi Koide, Satoshi Ueshima, Tomoyuki Okuda, Masafumi Yamaguchi, Shin-ya Morita, Hirokazu Okamoto, Tomonobu Okano, Yasutaka Nakano, Tomohiro Terada, Mikio Kakumoto. Incorrect holding angle of dry powder inhaler during the drug-loading step significantly decreases output efficiency. Biol. Pharm. Bull., 44(6) 822-829 (2021)Link
  • Tokuji Tsuji, Tatsushi Yuri, Tomohiro Terada, Shin-ya Morita. Application of enzymatic fluorometric assays to quantify phosphatidylcholine, phosphatidylethanolamine and sphingomyelin in human plasma lipoproteins. Chem. Phys. Lipids, 238, 105102 (2021)Link
  • Satoshi Noda, Hiroya Iida, Takehide Fujimoto, Yoshinori Wakasugi, Naoki Yabuta, Masatomo Sudou, Daiki Hira, Masaji Tani, Akira Andoh, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Exploratory analysis of target concentration of lenvatinib in the treatment of hepatocellular carcinoma. Cancer Chemother. Pharmacol., 88(2), 281-288 (2021)Link
  • Rika Fukui, Daiki Hira, Yuki Kunitsu, Tetsuichiro Isono, Yohei Tabuchi, Yoshihiro Ikuno, Satoshi Ueshima, Hideki Itoh, Toshihiro Tanaka, Tomohiro Terada. High incidence of major bleeding with off-label use of edoxaban. J. Clin. Biochem. Nutr., 69(3), 311-316 (2021)Link
  • Tokuji Tsuji, Shin-ya Morita, Yoshinobu Nakamura, Yoshito Ikeda, Taiho Kambe, Tomohiro Terada. Alterations in cellular and organellar phospholipid compositions of HepG2 cells during cell growth. Sci. Rep., 11, 2731 (2021)Link
  • Daiki Tsuji, Yoshiro Saito, Taisei Mushiroda, Masatomo Miura, Daiki Hira, Tomohiro Terada. Results of a national survey of Japanese pharmacists in relation to the application of pharmacogenomic testing for precision medicine. J. Clin. Pharm. Ther., 46(3), 649-657 (2021)Link
  • Taku Imamura, Masashi Kakinoki, Daiki Hira, Tomoya Kitagawa, Satoshi Ueshima, Mikio Kakumoto, Tomohiro Terada, Ikuo Kawamoto, Mitsuru Murase, Masahito Ohji. Pharmacokinetics of intravitreal vancomycin and ceftazidime in silicone oil-filled macaque eyes. Transl. Vis. Sci. Technol., 10(3), 1 (2021)Link
  • Yurie Katsube, Masayuki Tsujimoto, Hiroyoshi Koide, Daiki Hira, Yoshito Ikeda, Tetsuya Minegaki, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada, and Kohshi Nishiguchi. In vitro evidence of potential interactions between CYP2C8 and candesartan acyl-β-D-glucuronide in the liver. Drug Metab. Dispos., 49(1), 289-297 (2021)Link
  • Kamil Sołtysik, Yuki Ohsaki, Tsuyako Tatematsu, Jinglei Cheng, Asami Maeda, Shin-ya Morita, Toyoshi Fujimoto. Nuclear lipid droplets form in the inner nuclear membrane in a seipin-independent manner. J. Cell Biol., 220(1), e202005026 (2021)Link

和文(原著)

  • 福井 里佳, 松田 雅史, 巖西 真, 池田 義人, 長谷川 千晶, 日置 三紀, 平 大樹, 戸川 香代, 川口 晃, 寺田 智祐. 在宅医療における薬学的評価のための研修としてのシミュレーション教育効果の解析. 薬学教育, 5, 269-277 (2022)Link
  • 上田 智弘, 森河内 彩, 國津 侑貴, 炭 昌樹, 上西 幸治, 森田 真也, 寺田 智祐. 患者情報を集約するソフトウェアの作成と病棟薬剤業務における評価. 滋賀県病院薬剤師会誌, 44(2), 2-4 (2021)
  • 炭 昌樹, 上田 智弘, 岡本 陽香, 濵田 里奈, 下村 春奈, 宮口 美由紀, 寺田 智祐. 疑義照会簡素化プロトコルを活用した残薬調整の実態調査. 日本病院薬剤師会雑誌, 57(6), 639-644 (2021)
  • 大﨑 理英, 飯田 洋也, 野田 哲史, 藤本 剛英, 若杉 吉宣, 寺田 智祐, 谷 眞至, 安藤 朗. 多発肝細胞癌に対するLenvatinibの治療継続に肝切除と血中濃度測定が有用であった一例. 肝臓, 62(2), 80-88 (2021)Link

和文(総説)

  • 池田 義人, 森田 真也. 胆汁鬱滞性肝障害を改善しうるリン脂質排出トランスポーター活性化分子. メディカル・サイエンス・ダイジェスト, 47(14), 591-593 (2021)
  • 磯野 哲一郎. Triple WhammyによるAKIを未然に防止せよ!. 薬局, 72(13), 3632-3636 (2021)
  • 森田 真也. 新規酵素蛍光法による細胞内全主要リン脂質クラスの高感度ハイスループット定量分析. オレオサイエンス, 21(8), 313-320 (2021)Link
  • 國津 侑貴, 磯野 哲一郎, 寺田 智祐. 4. 泌尿器系・生殖器系の病気とくすり 慢性腎臓病治療薬の薬理と薬学管理上の注意点. 薬局, 72(4), 620-630 (2021)
  • 森田 真也. 新規酵素蛍光法による全主要リン脂質クラスの定量. 臨床化学, 50(1), 12-19 (2021)
  • 森田 真也. 胆汁酸の肝細胞毒性に対するリン脂質の保護作用. アグリバイオ, 5(2), 149-151 (2021)

和文(著書)

  • 磯野 哲一郎, 森田 真也. Q51 腎機能低下時の投与設計の考え方は? Q52 薬剤による腎機能低下の発現機序とは?. できる薬剤師と呼ばれるために 上手に使いたい薬学ナレッジ101(北河 修治/編), 161-166, じほう (2021)
  • 國津 侑貴, 森田 真也. Q50 eGFRとCCrの違いとは? Q53 腎機能低下患者に使える痛み止めは?. できる薬剤師と呼ばれるために 上手に使いたい薬学ナレッジ101(北河 修治/編), 157-160,167-169, じほう (2021)
  • 日置 三紀. CHAPTER2 副作用へのロジカルアプローチ 17 頭痛. 薬剤師が実践すべき副作用へのロジカルアプローチ その症状、きちんと評価できていますか?(川上 和宜, 松尾 宏一, 吉村 知哲/編), 192-204, 南江堂 (2021)
  • 若杉 吉宣, 野田 哲史. CHAPTER2 副作用へのロジカルアプローチ 4 悪心・嘔吐. 薬剤師が実践すべき副作用へのロジカルアプローチ その症状、きちんと評価できていますか?(川上 和宜, 松尾 宏一, 吉村 知哲/編), 46-57, 南江堂 (2021)
  • 日置 三紀. 6章 がん・生殖医療 (Oncofertility) 4 妊孕性温存とチーム医療 C 薬剤師の役割. 妊孕性温存のすべて(柴原 浩章/編), 208-211, 中外医学社 (2021)
  • 日置 三紀. 26. 不妊 (性機能障害). がん薬物療法副作用管理マニュアル第2版(吉村 知哲, 田村 和夫/監, 川上 和宜, 村尾 宏一, 林 稔展, 大橋 養賢, 小笠原 信敬/編), 281-293, 医学書院 (2021)

和文(記事・取材など)

  • 寺田 智祐. 膜シンポジウム2020報告. , 46(1), (2021)
  • 寺田 智祐. 新型コロナウイルス感染症の終息を祈りながら. 薬事新報, 3183, 4-5 (2021)

2020年

英文(原著)

  • Mitsushige Sugimoto, Daiki Hira, Masaki Murata, Takashi Kawai, Tomohiro Terada. Effect of antibiotic susceptibility and CYP3A4/5 and CYP2C19 genotype on the outcome of vonoprazan-containing Helicobacter pylori eradication therapy. Antibiotics, 9 (10), 645 (2020)Link
  • Satoshi Noda, Daiki Hira, Rie Osaki, Takehide Fujimoto, Hiroya Iida, Sachiko Tanaka-Mizuno, Akira Andoh, Masaji Tani, Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Sorafenib exposure and its correlation with response and safety in advanced hepatocellular carcinoma: results from an observational retrospective study. Cancer Chemother. Pharmacol., 86(1), 129-139 (2020)Link
  • Yuichi Sawayama, Takashi Yamamoto, Yukinori Tomita, Kohei Asada, Noriaki Yagi, Megumi Fukuyama, Akashi Miyamoto, Hiroshi Sakai, Tomoya Ozawa, Tetsuichiro Isono, Daiki Hira, Tomohiro Terada, Minoru Horie, Yoshihisa Nakagawa. Comparison between clopidogrel and prasugrel associated with CYP2C19 genotypes in patients receiving percutaneous coronary intervention in a Japanese population. Circ. J., 84(9), 1575-1582 (2020)Link
  • Tatsushi Yuri, Yusuke Kono, Tomofumi Okada, Tomohiro Terada, Seiji Miyauchi, Takuya Fujita. Transport characteristics of 5-aminosalicylic acid derivatives conjugated with amino acids via human H+-coupled oligopeptide transporter PEPT1. Biol. Pharm. Bull., 43(4), 697-706 (2020)Link
  • Satoshi Dote, Daisuke Yamaguchi, Daiki Hira, Satoshi Noda, Yuka Kobayashi, Tomohiro Terada. Thyroid dysfunction related to the antiangiogenic VEGFR2-binding monoclonal antibody ramucirumab: A series of 14 cases and a descriptive study. Biol. Pharm. Bull., 43(4), 752-756 (2020)Link

英文(総説)

  • Shin-ya Morita, Tokuji Tsuji, Tomohiro Terada. Protocols for enzymatic fluorometric assays to quantify phospholipid classes. Int. J. Mol. Sci., 21(3), 1032 (2020)Link
  • Satoshi Noda, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Personalized pharmacotherapy with sunitinib and pazopanib for Asian patients. J. Asian Assoc. Sch. Pharm., 9, 1-9 (2020)Link

和文(原著)

  • 上田 智弘, 福井 里佳, 森河内 彩, 神谷 貴樹, 平 大樹, 寺田 智祐. 調剤監査システムにおける調剤間違いの誤検出事例の解析. 滋賀県病院薬剤師会誌, 43(2), 9-12 (2020)
  • 國津 侑貴, 平 大樹, 上西 幸治, 炭 昌樹, 森田 真也, 寺田 智祐. 電子カルテシステムと連動した病名禁忌処方チェックシステムの有用性評価. 医療薬学, 46(9), 489-502 (2020)Link
  • 辻 大樹, 斎藤 嘉朗, 莚田 泰誠, 三浦 昌朋, 平 大樹, 寺田 智祐. 薬学的視点に基づいたプレシジョン・メディシンの国内基盤構築のための調査研究. 医療薬学, 46(2), 66-76 (2020)Link
  • 薮田 直希, 須藤 正朝, 森井 博朗, 野田 哲史, 日置 三紀, 若杉 吉宣, 山本 優, 中村 春香, 道家 雄太郎, 寺田 智祐. 抗がん薬誘発性口内炎に対するアズレンスルホン酸ナトリウム・トラネキサム酸含嗽液の効果に関する後ろ向き調査. 医療薬学, 46(1), 14-21 (2020)Link

和文(総説)

  • 小出 博義, 寺田 智祐. がん×肝障害, 薬局, 71(13), 3652-3672 (2020)
  • 寺田 智祐. 日本医療薬学会として考える認定・専門薬剤師制度. ファルマシア, 56(10), 908-912 (2020)Link
  • 森田 真也. 全主要リン脂質クラスに対する酵素蛍光定量法の開発. 生物工学会誌, 98(9), 485-489 (2020)Link
  • 森田 真也. 新規ホスファチジルイノシトール高感度定量法の開発と応用. バイオクリニカ, 35(10), 978-981 (2020)
  • 平 大樹, 寺田 智祐. 臨床ゲノム薬理学と薬剤師業務への活用. 調剤と情報, 26(7), 1241-1245 (2020)
  • 野田 哲史, 寺田 智祐. 抗がん薬のPharmacokinetics/Pharmacodynamics. 薬局, 71(7), 2631-2636 (2020)
  • 小出 博義, 寺田 智祐. 抗がん薬による腎機能障害の予防・対応策. 薬局, 71(7), 2618-2624 (2020)
  • 森田 真也. リン脂質クラスに対する高感度酵素蛍光定量法の開発. アグリバイオ, 4(6), 496-498 (2020)
  • 寺田 智祐. がんゲノム医療における薬剤師の役割. YAKUGAKU ZASSHI, 140(5), 663-666 (2020)Link
  • 野田 哲史. 薬剤師が実践する経口分子標的抗がん剤のPK/PD/PGx研究について. 日本病院薬剤師会雑誌, 56(5), 527-530 (2020)
  • 國津 侑貴, 寺田 智祐. 薬剤師と認知症–3 抗認知症薬の服薬指導で注意すべきポイントは?, 認知症の最新医療, 10(2), 90-91 (2020)
  • 國津 侑貴, 磯野 哲一郎, 寺田 智祐. 3–C 泌尿器系・生殖器系疾患 慢性腎臓病 治療薬の薬理と薬学管理上の注意点. 薬局, 71(4), 604-613 (2020)
  • 野田 哲史. 腎がん治療薬パゾパニブの薬物動態およびファーマコゲノミクス解析に基づく個別化薬物療法の確立. 薬学研究の進歩, 36, 115-119 (2020)
  • 森田 真也. 全主要リン脂質クラスに対する高感度ハイスループット定量法の開発. メディカル・サイエンス・ダイジェスト, 46(3), 172-174 (2020)
  • 神谷 貴樹, 寺田 智祐. がん×栄養. 月刊薬事, 62(3), 89-95 (2020)
  • 日置 三紀, 寺田 智祐. がん×生殖器. 月刊薬事, 62(3), 71-77 (2020)
  • 薮田 直希, 寺田 智祐. がん×腎・泌尿器. 月刊薬事, 62(3), 57-62 (2020)
  • 寺田 智祐. 「がん×他領域」の総論ー高齢者のがん薬物療法と併存症. 月刊薬事, 62(3), 27-33 (2020)

和文(著書)

  • 藪田 直希. 胃癌術後合併症と術後補助化学療法のマネジメント, 胆管癌化学療法における副作用マネジメント, 抗がん薬治療中の患者における感染対策, リンパ浮腫の治療とホルモン療法のマネジメント. 薬剤師の臨床センスを磨くトレーニングブック 薬トレ 感染・がん(望月 敬浩, 中村 安孝, 川上 和宜, 大橋 養賢, 原田 知彦/編), 207-208, 255-256, 261-262, 303-304, 南山堂 (2020)
  • 野田 哲史, 寺田 智祐, 横関 博雄. 第4章 皮膚疾患. 臨床薬学テキストシリーズ [薬理・病態・薬物療法] 消化器/感覚器・皮膚/生殖器・産婦人科(乾 賢一/監, 安原 眞人, 木内 祐二, 服部 尚樹/編), 210-268, 中山書店 (2020)
  • 野田 哲史. 4 副作用対策–33 心毒性. がん薬物療法のひきだし 腫瘍薬学の基本から応用まで(松尾 宏一, 緒方 憲太郎, 林 稔展/編), 361-366, 医学書院 (2020)
  • 日置 三紀. 3 がん薬物療法–20 婦人科がん, 4 副作用対策–31 皮膚障害. がん薬物療法のひきだし 腫瘍薬学の基本から応用まで(松尾 宏一, 緒方 憲太郎, 林 稔展/編), 201-214, 335-352, 医学書院 (2020)
  • 神谷 貴樹. 第1部2 輸液の種類と選択, 4 末梢静脈栄養法 (PPN), 第2部 5 腎臓病, 8 がん (化学療法・放射線療法), 11 糖尿病, 14 小児, 第3部1 輸液と薬剤の相互作用, 7 経腸栄養剤と医薬品との相互作用, 8 薬物が栄養に及ぼす影響とその対策, 16 簡易懸濁法の特徴と注意点. エキスパートが教える輸液・栄養剤選択の考え方~メディカルスタッフが知りたかったなぜ?~(佐々木 雅也/監), 13-20, 34-40, 88-95, 109-114, 124-129, 139-145, 148-150, 161-165, 183-186, 羊土社 (2020)

和文(記事・取材など)

  • 森田 真也. RNAポリメラーゼ阻害薬, 日本病院薬剤師会雑誌, 56(11), 1276 (2020)
  • 森田 真也. 生命を包むリン脂質の役割を知る. 滋賀医科大学実験実習支援センターニュース, 88, 2-3 (2020)
  • 寺田 智祐. Book Review(対応の流れと治療のポイントがわかるフローチャート抗がん薬副作用), 月刊薬事, 62(9), 1729 (2020)
  • 寺田 智祐. 第3回薬理ゲノミクスセミナーを終えて, 臨床薬理, 51(3), 183-185 (2020)
  • 寺田 智祐. 特集にあたって, 薬局, 71(7), 2610-2611 (2020)
  • 寺田 智祐. 書評 (プロフェッショナルEYE 専門薬剤師からみた薬物治療の勘所). 薬局, 71(6), 100 (2020)
  • 寺田 智祐.「草枕」に想ふこと. 日本病院薬剤師会雑誌, 56(4), 357 (2020)
  • 森田 真也. Lp-X. 日本病院薬剤師会雑誌, 56(3), 337 (2020)
  • 野田 哲史. 日本医療薬学会がん指導薬剤師を取得して. 滋賀県病院薬剤師会雑誌, 43(1), 26-27 (2020)
  • 寺田 智祐. 特集にあたって. 月刊薬事, 62(3), 25 (2020)

2019年

英文(原著)

  • Akihiro Kawatsuki, Shin-ya Morita, Naoki Watanabe, Emi Hibino, Yachiyo Mitsuishi, Takuma Sugi, Shigeo Murayama, Masaki Nishimura. Lipid class composition of membrane and raft fractions from brains of individuals with Alzheimer's disease. Biochem. Biophys. Rep., 20, 100704 (2019)Link
  • Yoshinori Wakasugi, Satoshi Noda, Yoshihiro Ikuno, Miya Horie, Katsuyuki Kito, Hitoshi Minamiguchi, Tomohiro Terada. Granisetron plus aprepitant versus granisetron in preventing nausea and vomiting during CHOP or R-CHOP regimen in malignant lymphoma: a retrospective study. J. Pharm. Health Care Sci., 5, 24 (2019)Link
  • Kodai Hino, Shunya Kaneko, Toshiya Harasawa, Tomoko Kimura, Shiro Takei, Masakazu Shinohara, Fumiyoshi Yamazaki, Shin-ya Morita, Shumpei Sato, Yoshihito Kubo, Tadaaki Kono, Mitsutoshi Setou, Mina Yoshioka, Junya Fujino, Hiroyuki Sugihara, Hideto Kojima, Naoto Yamada, Jun Udagawa. Change in brain plasmalogen composition by exposure to prenatal undernutrition leads to behavioral impairment of rats. J. Neurosci., 39(39), 7689-7702 (2019)Link
  • Qi Wu, Hideki Hayashi, Daiki Hira, Keiko Sonoda, Satoshi Ueshima, Seiko Ohno, Takeru Makiyama, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura, Katsuyuki Miura, Minoru Horie. Genetic variants of alcohol‐metabolizing enzymes in Brugada syndrome: Insights into syncope after drinking alcohol. J. Arhythm., 35(5), 752-759 (2019)Link
  • Satoshi Ueshima, Daiki Hira, Chiho Tomitsuka, Miki Nomura, Yuuma Kimura, Takuya Yamane, Yohei Tabuchi, Tomoya Ozawa, Hideki Itoh, Minoru Horie, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura. Population Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of Apixaban Linking Its Plasma Concentration to Intrinsic Activated Coagulation Factor X Activity in Japanese Patients with Atrial Fibrillation. AAPS J., 21(5), 80 (2019)Link
  • Tokuji Tsuji, Shin-ya Morita , Yoshito Ikeda, Tomohiro Terada. Enzymatic fluorometric assays for quantifying all major phospholipid classes in cells and intracellular organelles. Sci. Rep., 9, 8607 (2019)Link
  • Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Ryo Hatano, Tokuji Tsuji, Tomohiro Terada. Enhancing effect of taurohyodeoxycholate on ABCB4-mediated phospholipid efflux. Biochim. Biophys. Acta-Mol. Cell Biol. Lipids, 1864(10), 1495-1502 (2019)Link
  • Satoshi Dote, Kaori Ito, Shoji Itakura, Takeo Yasu, Daiki Hira, Satoshi Noda, Shigeki Yamada, Yuka Kobayashi, Tomohiro Terada. Impact of prior bortezomib therapy on the incidence of lenalidomide-induced skin rash in multiple myeloma: a propensity score-matched multi-institutional cohort study. Leuk. Lymphoma, 60(12), 2975-2981 (2019)Link
  • Hiroka Takase, Masafumi Tanaka, Yuki Nakamura, Shin-ya Morita, Toshiyuki Yamada, Takahiro Mukai. Effects of lipid composition on the structural properties of human serum amyloid A in reconstituted high-density lipoprotein particles. Chem. Phys. Lipids, 221, 8-14 (2019)Link
  • Satoshi Noda, Tetsuya Yoshida, Daiki Hira, Ryosuke Murai, Keiji Tomita, Teruhiko Tsuru, Susumu Kageyama, Akihiro Kawauchi, Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Exploratory investigation of target pazopanib concentration range for patients with renal cell carcinoma. Clin. Genitourin. Cancer, 17(2), e306-e313 (2019)Link
  • Masaki Sumi, Takashi Hisamatsu, Akira Fujiyoshi, Aya Kadota, Naoko Miyagawa, Keiko Kondo, Sayaka Kadowaki, Sentaro Suzuki, Sayuki Torii, Maryam Zaid, Atsushi Sato, Hisatomi Arima, Tomohiro Terada, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima. Association of Alcohol Consumption With Fat Deposition in a Community-Based Sample of Japanese Men: The Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis (SESSA). J. Epidemiol., 29(6), 205-212 (2019)Link
  • Takaki Kamiya, Daiki Hira, Nobuo Hoshino, Mika Kurihara, Mayumi Nakagawa, Masaya Sasaki, Tomohiro Terada. Low body mass index and myeloablative conditioning regimen prolong the duration of parenteral nutrition during hematopoietic stem cell transplantation. Ann. Nutr. Metab., 74, 107-114 (2019)Link

英文(総説)

  • Shin-ya Morita, Yoshito Ikeda, Tokuji Tsuji, Tomohiro Terada. Molecular mechanisms for protection of hepatocytes against bile salt cytotoxicity. Chem. Pharm. Bull., 67(4), 333-340 (2019)Link

和文(原著)

  • 炭 昌樹, 國領 俊之, 藤原 信二, 胡井 俊祐, 岡本 陽香, 小川 暁生, 米谷 領太, 小上 翔子, 中川 英則, 岩崎 秀子, 寺田 智祐. 滋賀県の医療機関における抗菌薬適正使用支援体制の現状と活動内容. 滋賀県病院薬剤師会誌, 42(2), 2-7 (2019)
  • 國津 侑貴, 森河内 彩, 平 大樹, 十亀 裕子, 寺田 智祐. 処方せんへの検査値記載による医療経済効果, 医療薬学, 45(10), 568-575 (2019)Link
  • 國津 侑貴, 上田 智弘, 平 大樹, 森田 真也, 寺田 智祐. 病院薬剤師が主導した薬学生の実務実習におけるルーブリック評価トライアル. 薬学教育, 3, 163-170 (2019)Link
  • 國津 侑貴, 磯野 哲一郎, 平 大樹, 寺田 智祐. 「Triple Whammy」(レニン・アンジオテンシン系阻害薬, 利尿薬, 非ステロイド性抗炎症薬の3剤併用)による腎機能への慢性的な影響. YAKUGAKU ZASSHI, 139(11), 1457-1462 (2019)Link
  • 赤羽 理也, 下村 春奈, 星野 伸夫, 寺田 智祐. ハイケアユニット領域における薬学実務実習生教育の実態調査~ICU頻出薬剤テストおよび「代表的疾患」別使用薬剤確認テストを通じて~. 滋賀県病院薬剤師会誌, 42(1), 2-4 (2019)

和文(総説)

  • 木村 紘子. 薬の苦味への対応, 月刊薬事, 61(14), 358-359 (2019)
  • 下村 春奈. ヨード造影剤による急性副作用対策, 月刊薬事, 61(14), 356-357 (2019)
  • 長谷川 千晶. 体動時の吐き気への対応. 月刊薬事, 61(14),199-201 (2019)
  • 上田 智弘. T3製剤とT4製剤の換算. 月刊薬事, 61(14), 106 (2019)
  • 野田 哲史, 寺田 智祐. 併存疾患のあるがん患者における薬物相互作用のピットフォール:非弁膜症性心房細動・静脈血栓塞栓症. 薬局, 70(7), 1460-1467, (2019)
  • 山本 美智子, 寺田 智祐. 医療における賢明な選択 (Choosing Wisely)と”Shared decision making” −薬剤師に期待される役割−. YAKUGAKU ZASSHI, 139(4), 545-546 (2019)Link
  • 平 大樹, 角本 幹夫, 岡野 友信, 寺田 智祐. 効果的なエアロゾル吸入療法を実現するための吸入支援. 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌, 7(2), 51-54 (2019)Link
  • 磯野 哲一郎. 鎮痛薬. 透析ケア, 25(3), 32-33 (2019)
  • 炭 昌樹, 寺田 智祐. 抗ウイルス薬. 医薬ジャーナル, 55(S-1), 297-303 (2019)

和文(著書)

  • 小出 博義. 第3章 がん種別抗がん薬【泌尿器癌】カソデックス®. アドヒアランスに着目した経口抗がん薬服薬支援マニュアル第1版(川上 和宜, 堀 里子, 松尾 宏一/編), 288-296, 南山堂 (2019)
  • 日置 三紀. 第3章 がん種別抗がん薬【乳癌】ベージニオ®. アドヒアランスに着目した経口抗がん薬服薬支援マニュアル第1版(川上 和宜, 堀 里子, 松尾 宏一/編), 244-252, 南山堂 (2019)
  • 森田 真也. 第Ⅱ部 解析編 19 脂質の酵素定量法, Technical Tips 10 マイクロプレートでの反応時の注意点. 実験医学別冊 脂質解析ハンドブック 脂質分子の正しい理解と取扱い・データ取得の技術(新井 洋由, 清水 孝雄, 横山 信治/編), 286-295, 羊土社 (2019)
  • 日置 三紀. 第5章 肝胆膵がん Ⅲ 膵臓がんFOLFIRINOX(オキサリプラチン+イリノテカン+フルオロウラシル+レボホリナート). がん化学療法レジメン管理マニュアル第3版(濱 敏弘/監, 青山 剛, 東 加奈子, 池末 裕明, 内田 まやこ, 佐藤 淳也, 高田 慎也/編), 334-344, 医学書院 (2019)
  • 赤羽 理也. 第3章1–6 リチウム. 医療現場のための薬物相互作用リテラシー(大野 能之, 樋坂 章博/編), 143-148, 南山堂 (2019),
  • 日置 三紀. 第5章 支持療法 9-3 疲労, 臨床腫瘍薬学(日本臨床腫瘍薬学会/編), 753-759, じほう (2019)
  • 寺田 智祐. 14章 悪性腫瘍と薬物治療. 薬物治療学(第2版)(平井 みどり, 三木 知博/編), 481-528, 化学同人 (2019)
  • 神谷 貴樹. 準備編I 解剖・生理, II 三大栄養素の代謝と機能, III ビタミン・微量元素, IV 生体の水分・電解質 (組成), V 飢餓と侵襲・悪液質, 実践編III 静脈栄養法, IV 病態別の栄養療法, 付録III 在宅栄養療法, IV 経管栄養不適薬品. メディカルスタッフのための栄養療法ハンドブック 改訂第2版(佐々木 雅也/編), 2-29, 94-136, 170-173, 181-189, 247-251, 南江堂 (2019)

和文(記事・取材など)

  • 濱田 里奈. 滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部 先輩の声. めでぃしーんVOICE 2021京都薬科大学, 40
  • 森田 真也. BioMedical Transporters 2019に参加して. 日本薬物動態学会ニュースレター, 34(6), 12-14 (2019)
  • 奥田 真弘, 寺田 智祐. (取材)医療薬学会専門薬剤師制度を大幅改革ー21年から順次新制度に 薬局対象の新制度も. 月刊薬事, 61(16), 2967-2968 (2019)
  • 寺田 智祐. 社会に貢献する医療薬学研究の推進~未来の患者さんのために~. ファームテックジャパン, 35(14), 2747-2749 (2019)
  • 寺田 智祐. 社会に貢献する医療薬学研究の推進~未来の患者さんのために~. 月刊薬事, 61(15), 2873-2875 (2019)
  • 野田 哲史. 第7回江口記念がん優秀論文賞を受賞して. 日本病院薬剤師会雑誌, 55(10), 1151-1152 (2019)
  • 寺田 智祐. 医療人として未熟な薬剤師を受け止めて導いてほしい. Primaria, 38, 20-21 (2019)
  • 寺田 智祐. お祝いの言葉~近畿ブロック大会顧問を代表して~. 奈良県病院薬剤師会会誌第40回日本病院薬剤師会近畿学術大会特集号, 7 (2019)
  • 寺田 智祐. 進歩するがんゲノム医療 薬剤師に期待される役割とは. 月刊薬事, 61(9), 1606-1607 (2019)
  • 寺田 智祐. 書評(保険薬局薬剤師のためのもうビビらない!がん関連処方対応術), 薬局, 70(8), 1619 (2019)
  • 薮田 直希. 免疫チェックポイント阻害薬と副作用. ラジオNIKKEI「薬学の時間」, 2019年6月6日
  • 森田 真也. GPCR. 日本病院薬剤師会雑誌, 55(6), 630 (2019)
  • 野田 哲史. スニチニブの予期せぬ副作用、どう乗り越える?. PharmaTribune, 2019年5月29日
  • 寺田 智祐. お祝いの言葉. 薬事新報, 3083(20), 157 (2019)
  • 森田 真也. DOHaD, 日本病院薬剤師会雑誌, 55(2), 172 (2019)