参加手続・提出書類(入門研究医コース参加届)

入門研究医コースに参加を希望する学生は次の提出書類(PDF)をダウンロードし、学生課学部教育支援係へ提出。
(受付期間:通年、平日の9時から17時まで)

入門研究医コースの要点

(1) 入門研究医コースは、研究に興味のある学生に課外活動として研究の場を提供し、その興味を育てようとするもので、次の登録研究医コースへの助走期間となっています。

(2) 参加する研究室が決まりましたら、学生課に入門コースへの参加届けをし(参加届はミーティングなどの連絡に必要です)、具体的には各研究室と相談して進めてください。

(3) 入門コースは基本的に出入り自由、研究室の変更も可能。

(4) 研究の現場での指導だけでなく、学会出席へのサポートもあります。また、研究室のメンバーとして、様々な研究室の行事に参加できます。また学生間の情報交換のためのミーティングやセミナー、浜松医科大学、三重大学、京都大学との連携プログラム等のコースの行事にも参加できます。

(5) 具体的なテーマをもって研究したくなったら、第1~5学年の7月または2~3月に、登録研究医コース履修生に応募してください。簡単な資格確認を経て、年に4名から10名程度が登録されます。 この登録研究医コースでは、基本的にあなたの選択した研究室で、研究を進めます。(技術修得のために複数の研究室をローテートすることは可能。) また専任の特任助教による研究技術指導を受けることができ、学会発表、短期海外留学、大学院の講義の聴講の機会が与えられます。

(6) 大学院は第4学年で学部を休学して入学するAコース(PhD-MDコース)、学部卒業後直ちに大学院に入学するBコース、初期臨床研修の2年目から大学院に社会人入学するCコースがあります。
このうちAコース、Bコースの2~3名(毎年)が大学院の期間、奨学金の貸与を受けることができます。この奨学金は、条件(学生課に問い合わせてください)を満たせば返還免除となります。
登録研究医を経て大学院に入学した場合、基本的に3年間で大学院が修了するよう指導が行われます。これは、このコースを経由することのメリットの一つです。

(7) Aコース、Bコースでも、学位、医師免許取得後に初期研修を行なえば、臨床医になることもできます。逆に、研究医コースを経なくても研究医への門はいつも開かれています。

(8) もし疑問に思う点があれば、いつでも学生課学部教育支援係かコース世話人に問い合わせてください。

【コース世話人】
杉原 洋行 (病理学講座 分子診断病理学部門)
松浦 博 (生理学講座 細胞機能生理学部門)
等 誠司 (生理学講座 統合臓器生理学部門)
縣 保年 (生化学・分子生物学講座 分子生理化学部門)
扇田 久和 (生化学・分子生物学講座 分子病態生化学部門)
小島 秀人 (生化学・分子生物学講座 再生・修復医学部門)
宇田川 潤 (解剖学講座 生体機能形態学部門)
三浦 克之 (社会医学講座 公衆衛生学部門)
一杉 正仁 (社会医学講座 法医学部門)
平田 多佳子 (生命科学講座 生物学部門)
西村 正樹 (分子神経科学研究センター 認知症研究分野)
今村 武史 (薬理学講座)
伊藤 靖 (病理学講座 疾患制御病理学部門)
中谷 仁 (医療人育成教育研究センター)
渕上 孝裕 (医療人育成教育研究センター)