参加講座等一覧

参加講座の研究内容

解剖学講座(生体機能形態学) 宇田川 潤

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqanat1/

1)研究内容
 胎生期の環境は生涯にわたって健康な体をつくるためにとても重要であり、胎生期の様々なストレスにより生後の生活習慣病や精神疾患、発達障害などの発症リスクが増加することが示唆されています。ストレスによって生じた種々の幹細胞のエピジェネティクスの変化(例:DNAメチル化やヒストン修飾など)は幹細胞の増殖・分化能に影響を及ぼすだけでなく、その子孫の細胞にまで受け継がれることによって生後の臓器機能を変化させ、病気が発症しやすくなることが一因と考えられています。本研究室では胎生初期の低栄養などのストレスによって生じる産仔の行動異常や四肢骨成長障害の発生メカニズムの解析を行い、胎児ストレスによる幹細胞の変化と生後の発達障害や下肢成長障害との関連を調べています。
また、これらの研究に加え、霊長類の手の把握機能と骨格構造との関連について医理工連携による解析を行っています。
からだが出来上がるメカニズムや胎生期を起源とする病気の発症メカニズム、またヒトやサルの手の器用さなどに興味のある方は研究室まで足を運んでみて下さい。

 

2)オフィス・アワー           8:00〜22:00

3)連絡先                 宇田川 潤 udagawa@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     中枢神経系発生、骨発生、胎生期ストレス

5)キャッチコピー           胎生期ストレスが生後の疾患発症リスクを増加させるメカニズムを研究しています。

解剖学講座(神経形態学) 勝山 裕

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqanat2/

1)研究内容
 我々の研究室では多様なニューロンの配置やそれらが作る神経回路の総体として脳がどのような形態をしているかを免疫染色、神経回路標識、遺伝子発現解析といった組織学的手法によって調べ、そのような解剖学的・組織学的特徴がどのように発生発達し、それぞれが担う脳機能を明らかにしていきたいと考えています。
 遺伝子改変マウスの脳形態や行動における表現型を詳細に調べ、そこに働く分子機構(主にReelin-Dab1シグナル)の生体内での役割を示し、分子の働きについては細胞生物学的解析・分子生物学的解析によって研究を進めています。正常な脳の発生発達、ニューロン分化過程における分子の役割を明らかにし、その上で、それら分子機能と精神疾患などとの関係について検討していこうと計画しています。


2)オフィス・アワー          随時対応(まずメールでご連絡ください)。

3)連絡先                 勝山 裕 kats@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     神経発生、脳形態形成、Reelin-Dab1シグナル、p53、

5)キャッチコピー           脳のかたちとその意義を知りたい!!

生理学講座(統合臓器生理学) 等 誠司

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqphysi1/

1)研究内容
 ヒトを含む哺乳類の脳では、成体(成人)においても神経幹細胞が存在し、 特定の脳部位に終生にわたって新しい神経細胞を供給している。例えば記憶に関係する海馬の歯状回では、齧歯類で1日当たり5,000個もの新生神経細胞が誕生することが知られる。そのほとんどが1ヶ月以内に死滅するが、一部の神経細胞は既存の神経ネットワークに組み込まれ、記憶の定着や海馬から大脳皮質への記憶の移送に関係すると考えられている。私たちは神経幹細胞—細胞新生システムが動物の記憶のみならず、情動や気分にも関係すると考え、マウスやカニクイザル、ヒト死後脳などを用いて統合的に研究を進めている。特に、神経幹細胞の増殖・維持・分化の機構や、神経幹細胞から前頭葉のオリゴデンドロサイト系譜細胞が産生されるメカニズム、とりわけエピジェネティクス制御機構の解明に取り組んでいる。エピジェネティクスは、ポストゲノム時代の研究のホットエリアの1つであり、今後研究の大きな展開が期待される。
 

2)オフィス・アワー          いつでも対応しますが、事前にメールで連絡して下さい。

3)連絡先                 等 誠司 hitoshi@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     神経幹細胞、気分障害、エピジェネティクス

5)キャッチコピー           精神疾患を神経幹細胞—細胞新生システムの異常として理解する。

生理学講座(細胞機能生理学) 松浦 博

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqphysi2/

1)研究内容
 心臓は一生を通して拍動し、全身の組織・細胞に酸素や栄養素を供給し続けている。この生命の維持に必須の心臓拍動は、心筋の細胞膜に存在するイオンチャネルという膜貫通型タンパク質を通るイオン(Na+イオン、Ca2+イオン、K+イオンなど)の流れによって発生した電気活動に依存している(心電図はその心臓の電気活動を体表面から記録したものである)。  

 生理学講座(細胞機能生理学部門)では、正常の心筋電気活動やその破綻によって生じる不整脈の発生メカニズムの解明を目指して、イオンチャネルの開閉によって発生する微小(10-12アンペアオーダ)な電流記録を行うパッチクランプ法という実験方法を用いて、研究を行っている。さらに、心筋梗塞などの心臓に血流が途絶えた状態における心筋傷害の発生メカニズムについても、心筋イオンチャネルの機能変化という観点から研究を行っている。これらの研究活動によって得られた成果を、不整脈の治療や心筋傷害の発生予防に役立てて、医学・医療の発展に寄与することを目指している。

 

2)オフィス・アワー          随時(できるだけ要望に応えます。事前に連絡下さい。)

3)連絡先                 松浦 博 matuurah@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     心臓拍動、不整脈、イオンチャネル

5)キャッチコピー           心臓拍動の解明の喜びをともに。

生化学・分子生物学講座(分子生理化学) 縣 保年

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqbioch1/

1)研究内容
 様々な細胞の分化や発生には、エピジェネティックな遺伝子発現制御が深く関与することが明らかにされている。当研究室では、免疫細胞における抗原受容体遺伝子の組換えをモデルとして研究を行っている。これまでに、E2Aという転写因子が、転写の活性化に関わるヒストンのアセチル化を上昇させ、組換えを誘導することや、染色体上の離れた領域を、E2Aが染色体ルーピングによって接近させることでも組換えを誘導することを見出している。このようなダイナミックな染色体構造変化は、組換えだけでなく、より一般的な遺伝子発現においても、新しいエピジェネティックな制御として重要であると考えられ、それに関わる因子の同定などを進めている。

 また新しいプロジェクトとして、がん抗原に反応するT細胞から抗原受容体遺伝子をクローニングし、iPS細胞に導入したのちにT細胞へと分化させ、がん治療に用いるという研究にも参画している。

 

2)オフィス・アワー          随時対応しますが、予めメールをもらえるとありがたいです。

3)連絡先                 縣 保年 yagata@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     エピジェネティクス、染色体高次構造変化、T-iPS細胞によるがん免疫療法

5)キャッチコピー           免疫細胞の分化機構をエピジェネティクスと染色体ダイナミクスを切り口に解明する。

生化学・分子生物学講座(分子病態生化学) 扇田 久和

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqbioch2/

1)研究内容
 当研究室では、接着分子系およびシグナル伝達分子系に着目して作用機構と病態、特に、がん・循環器疾患の病態解明に取り組んでいます。

 ヒトを含めた多細胞生物の個体維持に、細胞どうしの接着は必要不可欠な機構の一つです。 細胞の接着では、接着分子やアダプター分子など多くの分子が一体となり(接着分子系)、協調して作用することが必要です。近年、接着分子を起点としたシグナル伝達の機構が明かされてきています。現在、当研究室では、接着分子系とシグナル伝達分子系が一緒になって細胞内で作用するメカニズムを解析しています。一方、これらの分子系の破綻はがんや動脈硬化などの病態とも密接に関連します。このような病態の全容解明に向けて、接着分子系やシグナル伝達分子系の異常という観点からアプローチしています。

 生化学的、細胞生物学的手法の習得し、それらの手法を応用して、がん、循環器疾患の病態解明に挑戦する意欲ある学生を希望します。

 

2)オフィス・アワー           9:00~18:00(ただし、出来るだけ事前にアポイントを取って下さい)

3)連絡先                 扇田 久和 hogita@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     低分子量Gタンパク質、がんの浸潤・転移、動脈硬化

5)キャッチコピー           日本人の死因の1位、2位を占めるがん、循環器疾患の制圧に立ち向かっていきませんか?

生化学・分子生物学講座(再生・修復医学) 小島 秀人

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqpatho1/

1)研究内容
 様々な疾患の診断・病態解析・治療に対し、遺伝医学ならび再生医学の両面から研究を行っている。具体的には、1)レーザー分取装置を使用して様々な臓器からの遺伝子採取とGene tipによる遺伝子発現状態の解析、2)遺伝子改変疾患モデルを用いた病態解析、3)培養細胞を用いた遺伝子の傷害と修復機構の解明、4)標的化ウイルスベクターを用いた最新鋭の遺伝子治療法の開発、5)体性幹細胞を用いた臓器再生療法の開発を行っている。このような研究スタイルを学ぶことにより、従来の医療の常識を打ち破り、難治性疾患に対する根治療法の開発めざすことができる人材の育成をめざしている。さらに、海外との積極的な共同研究を推進し、国際的な広い視野で物事を考えることができる教育体制の構築を進めている。今回の研究医養成プログラムの開発に当たっては、遺伝子治療や再生医学を駆使した最先端医療の開発研究に、実習を通して従事する機会も準備してゆきたい。

 

2)オフィス・アワー          月曜日から金曜日9:00~20:00まで

3)連絡先                 小島 秀人 Kojima@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     再生医療、遺伝子治療、先端医療

5)キャッチコピー           トランスレーショナルリサーチの実践

病理学講座(分子診断病理学) 杉原 洋行

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqpatho1/

1)研究内容
 私たちは基礎医学分野の中にあって、研究・教育に加え、臨床の最終診断に関わる病理専門医を育てるという使命を担っています。その病理医の教育は、病理解剖や臨床検体(手術や生検で採取された臓器、組織、細胞)の診断業務の中で行ないつつ、日常検体の中からヒト癌の研究材料を得ています。特に、日本では未だに罹患率の最も高い胃癌が、どのように発生し、どのように進展していくか、それをどのように予知できるかという問題に対し、組織内に発現するタンパク質を検出する免疫組織化学、ゲノム変化を捉える分子細胞遺伝学、更に細胞培養、動物実験と、様々な角度からアプローチしています。従来の腫瘍の病態発生論やそれに基づく腫瘍分類は、可逆的な変化も不可逆的な変化も含む形態情報を基盤にしていますが、基本的に不可逆的なゲノム変化を基軸にすれば、もっとシンプルで明快な分類にできると考えています。症例を既存の分類に振り分けるだけでなく、分類そのものをつくることに興味のある人を求めています。

 

2)オフィス・アワー          特に限定なし(できれば、まずメールで連絡してください。)

3)連絡先                 杉原 洋行 sugihara@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     がん、ゲノム解析、胆汁逆流

5)キャッチコピー           時間とともに不可逆的に蓄積するゲノム変化からがんにアプローチする。

病理学講座(疾患制御病理学) 小笠原 一誠

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqpatho2/

1)研究内容
 疾患制御病理学では、サルを使用したインフルエンザ病態解析・治療と癌モデル作成・治療の研究を行なっています。進化系統樹上マウスより人に近いサルを使用することにより、オリジナルな治療法をより早く臨床応用できると考えています。具体的には、1)パンデミック2009インフルエンザや高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染実験を行ない、治療薬(抗体薬を含)の有効性検証やインフルエンザウイルス感受性宿主側遺伝子の解析、2)iPS細胞から癌細胞を作成し、同系MHC遺伝子を有する個体に移植することで癌モデルを作成し種々の抗癌治療法の開発、を行なっています。

 

2)オフィス・アワー           9:00~19:00

3)連絡先                 小笠原 一誠 maruichi@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード      カニクイザル、MHC、感染実験

5)キャッチコピー            カニクイザルを使用した治療法開発と前臨床試験

病理学講座(微生物感染症学) 後藤 敏

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqmicro/

1)研究内容
  (1)ウイルス研究グループ(後藤 敏)  

 【テーマ】宿主の生体防御機構からウイルスはどのように逃れているのか?

 私達のまわりには様々な微生物が存在している。私達は、それらと日々接触しているが、すぐに病気になるわけではない。生体には、外敵から身を守る防御機構が備わっているからである。一方、この生体防御機構に対して、微生物が、何の対抗策も持っていないと考えることは難しい。実際、近年の研究から、各々の微生物が独自の回避機構を共進化させていることが明らかになってきた。現在、ウイルス研究グループは、インターフェロンを中心とする生体防御機構に対してウイルスがどのような回避機構を進化させているのかをテーマに研究している。特に、宿主の免疫能を強く抑制する麻疹ウイルスを含むパラミクソウイルスを対象に行っている。

 (2)癌研究グループ(井上寛一)

 【テーマ】癌化抑制とウイルス感染防御に関わる遺伝子の機能解析

 私達は癌化の分子機構を明らかにするために、新しく見出した癌遺伝子や癌抑制遺伝子の働きを分子生物学、細胞生物学や遺伝子改変マウスの手法を用いて研究しています。現在、我々が新規癌抑制遺伝子として分離したDrsとPeriostin、癌遺伝子として働くCyclin D1b、ストレス応答に関わるGADD34などの遺伝子について、これらの遺伝子が癌発生の過程でどのような働きをしているかを研究しています。また、DrsとGADD34はウイルス感染防御にも関与していることを見出しており、癌化抑制と感染防御との両方に関わるシグナル経路についても研究しています。

 

2)オフィス・アワー          随時

3)連絡先                 (1)後藤 敏 bing@belle.shiga-med.ac.jp   

                    (2)井上 寛一 hirokazu@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     ウイルス、発癌、免役応答

5)キャッチコピー           ウイルスの免疫回避機構と発癌の分子機構

薬理学講座 西 英一郎

http://www.shiga-med.ac.jp/pharm/index.html

1)研究内容  

 恒常性とは生体の内部環境を一定の状態に保つ働きです。生体を構成する細胞は、細胞内恒常性を維持するため、様々な細胞外環境の変化に適応する必要があります。細胞外環境の変化は、細胞膜表面で感知され、その情報は細胞内から核に伝わり、遺伝子発現やエピジェネティックスの変化を誘導します。我々の主たる研究対象であるナルディライジン(NRDC)という分子(ペプチダーゼ)は、細胞外環境および核内転写制御の双方に直接関わっているユニークな分子です。細胞外では、膜タンパク質の細胞外ドメイン切断(シェディング)を介してサイトカインや増殖因子の活性化を促し、核内では転写因子などの働きを助け転写調節を行います。実際にNRDCが恒常性を維持するために大事な働きをしていることは、NRDC欠損マウスが低体温、徐脈、低血圧、糖代謝異常など幅広い表現型を示すこと、がんや炎症性疾患を発症しにくくなることなどから明らかになりました。我々は、様々な生命現象や疾患におけるNRDCの役割をさらに明らかにすること、その成果を臨床応用(診断バイオマーカー、創薬標的)につなげることを目的に研究しています。

 

2)オフィス・アワー           随時対応しますが、事前にメールで連絡ください。

3)連絡先                  西 英一郎 enishi@belle.shiga-med.ac.jp  

4)研究内容に関するキーワード      ペプチダーゼ、恒常性(エネルギー代謝、循環動態)、がん、炎症

5)キャッチコピー            小さい分子を切り口に、恒常性制御機構を明らかにする。

社会医学講座(公衆衛生学) 三浦 克之

http://hs-web.shiga-med.ac.jp/

1)研究内容
 21世紀の医学は予防医学が中心となっていくことが予想されています。公衆衛生学(public health)は人間の健康を集団として衛り、疾病を予防するための科学であり、そのために私たちは疫学(epidemiology)という研究手法を用います。大規模な人間集団を対象とする疫学研究は多大な労力と長い時間を要するものですが、滋賀医科大学は循環器疾患・生活習慣病の疫学研究では全国でも有数の大学であり、2013年にアジア疫学研究センターも開所しました。詳しい研究内容は当部門やアジア疫学研究センターのホームページを見てください。ともに予防医学研究に取り組んでくれる若い皆さんの参加を待っています。

 

2)オフィス・アワー          火曜日午後5時

3)連絡先                 三浦 克之 miura@belle.shiga-med.ac.jp   

                    宮川 尚子 naocom@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     疫学、予防医学、生活習慣病

5)キャッチコピー           疫学研究で日本と世界の生活習慣病予防を目指す

社会医学講座(衛生学) 垰田 和史

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqpreve/

1)研究内容
 人の健康は、個々人の意識や努力水準以上に、その人の行動や生活を規定する社会環境要因の影響を受ける。例えば、睡眠不足が健康に悪影響を与えると知っていても長時間労働が雇用の前提となっていれば、生活のために働き続けることで心身の健康を危険に曝すことになる。社会医学は、健康を害す諸要因を制御・排除して、疾病を防ぎ、健康の保持増進を実現しようとする実践的な医科学である。  

 我々の研究室では、労働が労働者に与える健康影響に注目し、疾病予防のための研究をすすめている。具体的には、介護・看護労働者の腰痛予防に関する研究、運転労働者の全身振動暴露低減に関する研究、車椅子労働者のコンピューター作業に伴う健康障害予防に関する研究、手話通訳者の頸肩腕障害予防に関する研究、農民の農作業災害予防に関する研究などである。

 フィールド(現場)調査を中心に据えて、随時現場訪問を行っている。また、実験室での評価実験なども行っており、関心のある学生さんは遠慮なく訪問していただきたい。

 

2)オフィス・アワー          曜日や時間を問わず在室していれば対応できますが、

                    事前に、メールや電話で予定を確認してもらうと確実。

3)連絡先                 垰田 和史 taoda@belle.shiga-medo.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     職業性腰痛、障害者、農村医学

5)キャッチコピー           現場に根ざした実践研究

社会医学講座(法医学) 一杉 正仁 

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqlegal/

1)研究内容
 法医学では突然死や事故、事件で死亡する人を対象とする。死因を明らかにするとともに、死に至るメカニズムを解明するのが主な目的である。法医解剖が主な業務であるが、解剖とその後の組織学的検査の他、中毒学的検査やDNA検査なども行われる。研究医コースであっても、先ずは正しい診断が下せることが医師を目指すうえで欠かせない。したがって、法医解剖に参加して正確な診断が下せるよう技術を学んで頂くことを必須とする。わが国は世界で有数の長寿国家である一方、年間7万以上が不慮の事故や自他殺といった外因死で死亡している。死に至ったメカニズムに加え、事例の背景を調べることは、将来の予防を考えるうえで重要である。当講座では、心臓突然死の病態解析、交通外傷を始めとした外因死のバイオメカニクスの解析、薬毒物中毒死の原因検索などをルチーンの研究テーマとしているが、将来の予防につながる診断法の構築、予防安全ツールの開発、新たな政策の提言を進めて頂く。研究のための研究ではなく、わが国のセーフティプロモーションにつながる研究に従事する学生を求めている。

 

2)オフィス・アワー           平日適宜

3)連絡先                 一杉 正仁 hitosugi@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     外傷、事故、突然死

5)キャッチコピー           社会で起こる事故や事件、突然死を予防しよう。

生命科学講座(生物学) 平田 多佳子 

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqbio/

1)研究内容
 本来、免疫とは、体内に侵入してきた病原体を排除して体を守るためのものです。しかし、私たちは、自身の細胞や組織に過剰に反応して攻撃を加えてしまうことにより「自己免疫疾患」になったり、外界の物質に対して過剰に反応してしまうことにより「アレルギー疾患」になったりします。わが国ではこれらの疾患が増え続けており、21世紀に克服すべき重要疾患として位置づけられています。しかし、その治療法は未だ確立していません。  

 免疫系が他の器官系と大きく異なる点は、その構成細胞が1つの組織に固定して存在するのではなく、体の中を1つの組織から別の組織へと動きまわっているということです。免疫系の細胞の多くは、動いて始めてその機能を果たすことができ、免疫応答が可能になるのです。私たちの研究室では、免疫系の細胞動態に注目し、「生体内で免疫細胞がどのようなメカニズムで動くのか?」「アレルギーや自己免疫疾患では免疫細胞の動きがどのように変化するのか?」「動きを調節することによって免疫応答をどのように制御するか?」といった観点から研究を進めています。免疫学研究、炎症・免疫疾患の病態解明、治療法の開発に興味のある学生の参画を期待しています。

 

2)オフィス・アワー           随時。事前にメールで連絡していただけるとありがたいです。

3)連絡先                 平田 多佳子 tahirata@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     免疫学・アレルギー・炎症

5)キャッチコピー           免疫細胞の「動き」を標的として免疫難病・アレルギー治療の可能性を探る。

神経難病研究センター(神経診断治療学部門) 遠山 育夫

http://ben.shiga-med.ac.jp/~hqmnrch/toolab_top.html

1)研究内容
 分子神経科学研究センター・神経難病診断学分野では、遺伝子改変モデルマウスやヒト脳を使って、アルツハイマー病の病態を神経病理学的・分子生物学的に研究するとともに、その研究成果を基盤として、アルツハイマー病の診断・治療法の開発研究をしています。最近の研究トピックスとしては、Shiga-Y5の開発があります。Shiga-Y5をアルツハイマー病のモデルマウスの血中に投与すると、血液脳関門を通過して脳に入り、老人斑に結合してNMR信号を出します。フッ素MR画像法という最先端の技術を使い、マウスを生かしたまま脳内の老人斑を見ることに成功しました。さらに、アルツハイマー病のモデルマウスにShiga-Y5を食べさせると、認知機能を改善し、アルツハイマー病の進行を抑制することも見いだしました。これらの成果は国際学術誌で報告するとともに、特許も取得しています。この研究は、第10回バイオビジネスコンペJAPAN奨励賞を受賞しています。アルツハイマー病の診断・治療法の開発に興味のある方を歓迎します。

 

2)オフィス・アワー          原則的に、毎日、午前8時30分から午後9時頃まで研究しています。

                    会議や出張も多いので、教授に面会を希望するときは、予め電子メールで予約をして下さい。

3)連絡先                 遠山 育夫 kinchan@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     アルツハイマー病、診断薬、治療薬

5)キャッチコピー           認知症の克服を目指して、その病態を知り、診断および治療法を開発する。

神経難病研究センター(分子神経病理学部門) 西村 正樹

http://ben.shiga-med.ac.jp/~hqmnran/index_1.html

1)研究内容
 アルツハイマー病の医学的克服は社会的な課題と捉えられ、世界の研究者によって精力的に取り組まれている。神経細胞がその活動に伴って産生するアミロイドβペプチド(Aß)が、アルツハイマー病の脳では何らかの原因により過剰に蓄積してしまう。これが分子病態の根幹と考えられてきた。すなわち、アルツハイマー病においては、長年にわたって蓄積した過剰な脳内Aßの神経毒性により神経変性が進み、高度の認知症を呈するに到る。AßはAPPと呼ばれる前駆体タンパク質の段階的な切断によって産生され神経細胞から分泌される。しかし、どのように産生され、なぜ蓄積するのかなど、分子レベルのメカニズムにはいまだに多くの謎が残されており、分子病態に基づいた根本的治療法は開発されていない。本症の病態を分子レベルで明らかにし、予防や治療を可能にすることを目的に、神経細胞からのAß産生を調節するメカニズムの解明を生化学的、細胞生物学的手法や遺伝子改変マウスを用いた解析によって進めている。

 

2)オフィス・アワー          平日9:00〜18:00

3)連絡先                 西村 正樹 mnishimu@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     アルツハイマー病、神経科学、生化学

5)キャッチコピー           認知症を分子レベルで明らかにし新たな境地を開く。

神経難病研究センター(MR医学研究部門) 森川 茂廣

http://ben.shiga-med.ac.jp/~hqmnran

1)研究内容
 主に動物実験用の7T及び4.7T高磁場MR装置を用いて、生体レベルでのMR画像、MRスペクトロスコピーの研究を行っています。MR画像の研究では、高磁場の特徴を生かして、脳疾患の遺伝的モデルマウスの高分解能MR画像(50ミクロン)を観察し、Voxel Based Morphometry(VBM)による脳構造の変化、Mnの定位的注入による脳神経ネットワークの変化を検索しています。スペクトロスコピーの研究では、アルツハイマー病モデルマウスを用いた、上記フッ素MR画像法に加えて、高感度13C-MR検出手法によって、脳の基本のエネルギー源である脳のグルコース代謝画像を構築し、アルツハイマー病の脳病態を代謝面から検討する研究にも取り組んでいます。その他、多核種のMR信号の高感度検出をめざし、異なる動物サイズ、測定部位に適したRFコイルの自作、パルスプログラムの改良など、ハード・ソフト両面からの取り組みを行っています。

 

2)オフィス・アワー          随時(但しメールなどで事前に連絡してください)

3)連絡先                 森川 茂廣 morikawa@belle.shiga-med.ac.jp   

                    椎野 顯彦 shiino@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     生体NMR、MR画像、脳神経

5)キャッチコピー           実験動物の内部構造と代謝を生きたまま非侵襲的に観測する。

実験実習支援センター 礒野 高敬

http://wwwcrl.shiga-med.ac.jp/index.html

1)研究内容
 ヒトゲノムの塩基配列情報を活用したゲノムサイエンスを、実験実習支援センターに設置された機器を用いて行っている。泌尿器癌をはじめとする各種の癌と慢性心不全を主な疾患の対象として、疾患関連遺伝子・タンパク質の網羅的探索と、探索された遺伝子・タンパク質の機能解析を、分子生物学的手法を用いて行っている。

1.次世代シーケンサーを用いたデジタルトランスクリプトーム解析による疾患関連遺伝子の探索とその遺伝子の機能解析

2.質量分析計を用いたプロテオミクス解析による疾患関連タンパク質の探索とそのタンパク質をコードする遺伝子の機能解析

3.疾患に関連するアルターネイティブスプライシングの生理的・病理的機能の解析

4.疾患に関連する糖鎖修飾・リン酸化等の翻訳後修飾の生理的・病理的機能の解析

 

2)オフィス・アワー          9:00〜17:00

3)連絡先                 礒野 高敬 isono@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     トランスクリプトーム解析、プロテオミクス解析、ゲノムサイエンス

5)キャッチコピー           ヒトゲノムの塩基配列情報を辞書にして、疾患を見る。

動物生命科学研究センター(幹細胞・ヒト疾患モデル研究分野) 依馬 正次

http://lab.rcals.jp/

1)研究内容
 当センターでは、マウス、カニクイザル、ヒト多能性幹細胞の多能性維持機構の研究、がん・虚血性疾患などにおける血管新生の分子機構の研究を行っています。 また、当センターでは発生工学的手法を活用したカニクイザルの計画的室内人工繁殖によって遺伝学的、微生物学的に統御した個体の作出を行っています。そ の中から移植免疫寛容型個体を見出し、同時にiPS細胞の樹立にも成功しました。 現在、カニクイザルES/iPS細胞から各種機能細胞への分化誘導の研究 を行っており、今後、移植免疫寛容型カニクイザルを用いた安全性・有効性評価のための移植実験、認知症モデルなどの遺伝子改変モデルサル作製を通じてヒト の再生医療に向けたトランスレーショナル研究を進め、21世紀の医学研究に貢献したいと考えています。

 

2)オフィス・アワー           9:00〜19:00

3)連絡先                 依馬 正次 mema@belle.shiga-med.ac.jp

4)研究内容に関するキーワード     幹細胞、血管新生、再生

5)キャッチコピー           幹細胞と血管新生の研究を通してヒト病態・再生を理解する