• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

心臓血管外科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

 心臓血管外科は、患者さんが希望する医療を提供いたします。患者さんと病気を共有し、丁寧な説明をもとに納得の医療を受けていただけるよう努力します。

 心臓血管外科医療の提供により、不安や苦痛から開放され、患者さんの幸福の一助になれるよう努力します。

人工心肺を使わない冠動脈バイパス手術

 近年ますます重症化、高齢化する循環器疾患に対して、低侵襲な手術を提供します。 特に、冠動脈疾患の長期予後に優れている2本の内胸動脈を用いた心拍動下冠動脈バイパス術は、我々のチームが得意とする手術であります。透析、重症多肢病変、大動脈バルーンパンピング導入症例なども含め、人工心肺を使わない、体に優しい質の高い心拍動下冠動脈バイパス術を提供できます。

 この手術は従来の人工心肺を用いる手術に比べ、出血が少なく、心筋の障害が少なく、脳梗塞の発生や腎臓機能の悪化が低く抑えられます。術後入院期間が短縮することも証明されています。

僧帽弁形成術

 弁自体の病態、心機能、個々の患者さんの手術後の生活に応じた手術を行います。 僧帽弁手術の場合、人工弁移植と形成術があります。僧帽弁閉鎖不全に対しては自己弁を温存する形成術を第一選択とします。人工弁移植に比べ、術後合併症が低く、長期生命予後も優れることが証明されています。

胸部大動脈手術

 一般にはリスクが非常に高いといわれる胸部大動脈手術でも、手術手技の工夫・向上により、通常の心臓手術と同様の早期回復を実現できるようになりました。胸部大動脈手術は術者間の技術の差が大きく出てしまう手術と言われています。どの施設で手術を受けるべきか迷っている場合、一度気軽に相談いただければと思います。

 

心臓大血管術後の回復について

 おそらくですが、心臓手術後はしばらくベッド上での絶対安静が続き、多くのチューブがつながり、身動きがとれないのではないかと想像していると思います。しかし実際は、待機的手術の場合ならほとんどの患者さんで術翌日には一般病棟で歩行可能となり、朝食から通常どおり食べることができます。こうした術後経過は、80歳をこえる超高齢者の手術においても例外ではありません。患者さんが想像しているより、術後の回復は早いと思って下さい。大きな合併症が起こらなければ、術後2週間程度で自宅退院できます。

緊急・重症患者さんの受け入れ体制

 致死的超緊急症例が一定の割合で発生するのが心臓血管外科の特徴です。心臓血管外科を名乗る以上、いつ何時でも受け入れる事ができなければいけないと肝に命じております。紹介医との連絡から手術開始までの時間短縮と、迅速な手術施行に努め、万全の救急医療を提供できるよう努力します。

新しい試み

  •  大動脈瘤破裂や、急性A型解離など、一刻を争う超緊急致死的症例では、手術部や麻酔科との連携のもと、救急車から直接手術室に搬入し、少しでも救命率を上げる努力をしております。
  •  ステントグラフト治療の認定施設として、胸部下行および腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療を提供しております。開腹手術が困難なハイリスク患者さんには朗報であり、地域の先生方、あるいは患者さん、ご家族など、ぜひ相談していただければと思います。
ステントグラフト治療とは?

ステントグラフト治療とは?

 ステントといわれるバネ状の金属を取り付けた新型の人工血管を、足の付け根等から挿入し、血管の中に留置します。瘤に直接的に血圧がかからないようになるため、大動脈瘤破裂を予防することができます。

  •  大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)

TAVIは、従来の人工弁置換と同等の手術を、胸を開かずに心臓に装着する治療で、体への負担が少ないのが特徴です。ご高齢のため体力が低下していたり、肺疾患などで開胸手術のリスクが高い患者さんにとっての新しい治療法です。治療はハイブリッド手術室と呼ばれる手術室において行っています。

心臓血管外科コンサルト

 病棟ホットラインにご連絡ください。24時間365日、スタッフが待機し、いつでもご相談を承ります。 臨床の最前線で活躍されている先生方、心臓の病で不自由、不安をお持ちの方に微力ながらお力になりたいと思っております。

  • 心臓血管外科 ホットライン:077-548-3524
  • 心臓血管外科病棟 直通:077-548-3516

最近の話題

 平成26年には心臓血管外科ホットラインを開設。365日24時間当科の医師が直接電話を受け緊急受入等これまで以上に迅速な対応が取れる体制を整えました。我々滋賀医大心臓外科チームは患者さんを第一と考え、第一線の心臓外科治療を妥協なく行っていく所存であります。

臨床研究

Javascript を有効にするか、こちらをご覧ください。

お問い合わせ先

ホットライン