• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

ペインクリニック科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

 ペインクリニック科は専門性の高い診療を行うため、平成19年6月から附属病院の麻酔科から分かれました。 ペインクリニック科の外来業務は、ペインクリニック科の助教以上の常勤医および数名の非常勤講師で行っています。外来診療は、原則としてすべて完全予約制としています。初めて受診される方は、紹介状を持参していただくことと、患者支援センターを通して受診の予約をしていただきますようにお願いいたします。

 さまざまな痛みの患者さんに対して、薬物療法、神経ブロック療法をバランスよく組み込み、各々の患者さんにあった治療を提供しています。
慢性の痛みの医療では、患者さんの精神心理状態、社会生活の状態、日常生活の活動度を考慮して、日常生活のQOL(生活の質)を向上することを目標としています。また、様々な先進医療に準じる治療や先進的医療を実施しています。脳機能画像(MRIを使ったMRS、VBM)を慢性の痛みの標価法を組み込む先進的医療も実施しています。
神経ブロック療法とは?

 痛みの原因となっている神経の部位やその周りに細い特殊な神経ブロック針で局所麻酔薬や抗炎症薬などを注入する治療法です。

神経ブロック療法とは?

診療内容・専門分野

診療内容・専門分野
  • 脊椎疾患:慢性腰痛、頸椎・腰椎の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、脊椎手術後の痛み、など
  • 神経障害性疼痛:帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛、開胸手術後痛、幻肢痛など
  • その他:三叉神経痛、CRPS(複合性局所疼痛症候群)、慢性頭痛、癌の痛みなど
学際的痛み治療センター

 痛み治療のエキスパートが、痛みの身体的、精神的、社会的な相互関係を多方面から評価し、各専門医学領域 と連携して、患者さん一人ひとりに適した治療を選択することで、集学的なアプローチを行っていくことを目的としており、総合的に体と心の痛みを緩和して、 生活の質(QOL)を向上することを目指しています。


 平成23年度から始まった、厚生労働省の「慢性の痛み対策事業」の指定研究に基づいて、滋賀医科大学を含めた全国の拠点大学病院19施設で、慢性痛の治療に対して、診療科を横断した学際的な痛みセンターを構築しています。

 

関連リンク

イメージ:慢性の痛み

なお、慢性の痛みでお困りの方は、NPO法人いたみ医学研究情報センターこちらのページ(ペイン・マネージメント・ネットワーク)が参考になりますので、ご覧ください。

学際的痛み治療センターでの治療

 滋賀医大病院では、麻酔科・ペインクリニック医、整形外科医、脊椎外科医、リハビリテーション医、産業衛生医、基礎医科学者、看護師、理学療法士、臨床心理士など多職種が連携して診察し、カンファレンスで治療方針を考える「痛みの学際的カンファレンス」を行っています。この治療方針を参考に、外来担当医が、理学療法士、臨床心理士などと連携しながら診療を引き続き行っています。

イメージ:学祭的痛み治療センターでの治療

 痛みの診断と治療には問診票はとても重要な意味を持ちます。最初に、大変多くの問診票をお渡ししますが、診察のため、また、今後どの程度効果があるかを確認するために是非とも必要なものですので、大変お手数をおかけしますが、ご協力のほどお願いいたします。

 痛み治療センターでは、慢性の腰痛、頚肩腕痛、帯状疱疹後神経痛など各種神経痛、手術後の痛み、また原因がはっきりしない痛み、慢性的な痛み全般を治療対象にしています。

 慢性の痛みの治療目標は、生活の質(QOL)、日常生活動作(ADL)を向上することです。理学療法士による理学療法、臨床心理士による臨床療法を加えたチーム医療を行うことで、健康寿命を延ばすことや社会復帰することへのサポートを行っています。

理学療法士による運動療法

 痛みにはさまざまな原因となる組織があります。筋肉だったり、関節だったり、筋膜だったり神経だったり…。長年の生活習慣や痛みによって、気づいていない身体の癖、不良動作、不良な姿勢が日常の中で繰り返されることにより、筋肉の硬さや弱さのバランスを崩し、筋肉、関節に負担をかけ、さらなる痛みの原因となっているといった患者さんが多く認められます。

画像:理学療法

 そのような患者さんには、丁寧な身体評価によってその原因を特定し、安全かつ効果的な運動療法で、日常生活での体の使い方、正しい動き、姿勢を習得し、異常な動作パターンを改善する必要があります。また、ご家庭で行うことのできる予防にも重点を置いた運動療法の指導も行っています。

 このような運動療法では、自分でどのようにすれば悩みの元が改善されるのか配慮できるようになります。また、このようなアプローチは、患者さんが自信を取り戻すことにもつながるといったことが、わかってきました。

臨床心理士による認知行動療法

 慢性の痛みは、身体的要因、心理的要因、社会的要因が複雑に絡み合っていますが、そのなかでも「痛むから動かしたくない」といった心理的要因が大きなウェートを占めています。また、全ての患者さんが、現在の治療で完全に痛みから解放されるわけではありません。我々スタッフの願いは、痛みはあっても、患者さんが「やりたい」と思うことを少しでもできるようになることです。患者さんに活き活きと豊かな生活を送ってもらうことのサポートを行っています。

 平成26年からは、腰痛教室(こしともプログラム)を開催して、痛みと心と体の仕組みを理解していただくことを始める予定です。教室を通じて心理的要因を改善し、患者さんの生活のQOL向上を図っていくことが重要と考えています。

 痛みがあっても困らない、生きがいのある生活。これこそが私たちのめざす最終的なゴールです。

X線透視下の神経ブロックを中心とした低侵襲治療

 神経ブロック療法では、炎症や圧迫などで痛みを伝える神経が敏感になっているか、痛みを感じやすくなっている状態を緩和する治療を行っていきます。
特に、X線透視下の神経ブロック療法は高周波熱凝固法、パルス高周波法など、様々な神経ブロック療法を駆使して保存的治療を行います。X線透視下の神経ブロック療法の治療数は、年間1,000件程度行っています。紹介患者は県内ばかりでなく、京都府を中心とした関西全域から来院してきています。

X線透視下の神経ブロックを中心とした低侵襲治療

 椎間板ヘルニア、椎間板性腰痛に対する椎間板内療法、神経根、椎間板や末梢神経に対するパルス高周波法は、安全で副作用の少ない新しい治療として普及してきました。これらの治療に関しては、国立大学では全国でも症例数が多い施設になっています。椎間板ヘルニアに対しては、様々な椎間板内治療を導入したことにより、90%程度の患者さんが、手術することなく保存的治療ができるようになりました。
また、椎間関節症や神経根症などの脊椎疾患ばかりでなく、肩関節周囲炎などの関節疾患に対しても肩甲上神経のパルス高周波法で痛みの緩和を図っています。

経皮的髄核摘出術(PD)

 当科では最新の機器で腰椎椎間板ヘルニアに対する経皮的髄核摘出術を行っています。この機器は従来の方法のような単純に椎間板内の髄核を摘出するだけではなく、椎間板内に電気を通し熱凝固することにより、痛みの原因となっている髄核の収縮や線維輪の収縮を促し、さらに線維輪を安定化することができます。

経皮的髄核摘出術(PD)とは?

 椎間板の中に針を挿入し、神経を圧迫し痛みの原因となっている髄核を摘出し、症状を軽減する治療法です。

経皮的髄核摘出術(PD)とは?

 つまり、椎間板内圧を減少することで、神経圧迫を和らげ、髄核が再び突出することを減らしますので、高い治療効果が期待できます。
また、この方法は局所麻酔下で5mm程度の細いガイド針を刺入して施行できるため傷口が小さく、体に対する負担も軽く、手術自体も神経ブロックと類似しているため30分程度で施行することができ、合併症が少ないことが利点です。 適応基準を満たせば*1泊2日で施行することができます。(*腰椎椎間板ヘルニアのタイプによってはこの方法ができないこともあります。詳しくは担当医と相談して下さい。)

帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛

 発症3~4ヵ月以内の亜急性期の帯状疱疹痛に対しては、従来の投薬や神経ブロック療法の効果が悪い場合でも、脊髄刺激電極のトライアルリードによる治療により、痛みの緩和が図れるようになっています。帯状疱疹後神経痛も新薬が導入され、世界標準の治療で痛みの緩和ができるようになってきています。

脊髄刺激電極のトライアルリードによる治療とは?

脊髄刺激電極のトライアルリードによる治療とは?

 微小な電気信号を脊髄に到達させてピリピリとした感覚を作り出し、痛みの感覚をこれに置き換える治療法です。 局所麻酔下で背中にリード(電極)を挿入します。期間は通常1週間程度です。

緩和ケア

 緩和ケアにおける癌性疼痛の治療は、木曜日に初診を受け、非常勤講師を中心に各病棟主治医と密接な連絡のもと、痛みに苦しむことのない病院作りを目指しています。 緩和ケアは、緩和ケアチームの非常勤講師を中心に、オピオイドや鎮痛補助薬の使用法、副作用対策、神経ブロック療法などを中心にコンサルトに応じています。

最近の話題

  • 頚椎、腰椎椎間板ヘルニアの症状で手術を受けた患者数(10万人中)は、米国で45~90人、フィンランドで35人、英国で10人に対し、日本では10万人中740人(入院患者数からの推定)と高率になっており、まず保存的治療を受けることをお勧めします。
  • 薬物治療は、ドラッグラグの解消により、世界標準の治療が行えるようになりました。各々の患者さんにあった治療、ガイドラインに沿った治療を行うようにしています。
  • NPO法人痛み医学情報センターを通して、痛みの治療に関する正しい情報の発信を行っています。
  • 10~20年先の社会保障、医療を考えて、限られた医療費の中で最善の医療が受けられるように、痛みの医療システムを構築することを試みています。

お問い合わせ先