• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

腎臓内科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

 急性腎不全などの急性腎疾患、慢性糸球体腎炎やネフローゼ症候群などの慢性腎疾患から末期腎不全に至るまで、腎疾患全てを対象にした専門外来を月曜日から金曜日まで毎日行っています。また、水・電解質異常、治療抵抗性高血圧に対しても幅広く対応しています。

診療内容・専門分野

 糖尿病性腎症診療は全国的評価を受けており、腎症の病期に応じて動脈硬化病変などの合併症評価を行ったうえで、血糖・血圧など最適な治療法を病診連携にて実践しています。また、膠原病に合併した腎障害などに対する免疫抑制など積極的に行っています。
慢性腎臓病(CKD)は、腎のみではなく心血管リスクであることが知られています。そのためにも、検尿異常などの早期段階から、病診連携を行った診療が重要視されています。当科では、滋賀県下統一CKDパスを用いて病診連携を推進しています。
末期腎不全に対しては適切な時期に透析療法(血液透析、腹膜透析療法など)の導入を行うとともに、慢性透析療法による血管合併症の検査・治療を行い、予後の改善に努めています。

診療実績

  • ネフローゼ・腎炎等の一次性糸球体疾患:年間約50例
  • 糖尿病性腎症:年間約100例
  • 末期腎不全透析導入症例:年間約30例
  • 膠原病に合併した腎疾患:年間約35例
  • 腎生検:年間約65例
  • 難治性高血圧:年間30例
  • 慢性腎臓病教育入院:年間25例

臨床研究

前向き経過観察研究

 本研究は、1996年より滋賀医科大学附属病院 糖尿病内分泌・腎臓・神経内科で実施している滋賀糖尿病前向き経過観察研究にご参加いただいている患者さんを対象に、合併症の進行やその背景を調査するものです。該当すると思われる患者さんで研究への参加に賛同されない方は、研究課題詳細PDFに記載しております問い合わせ先にお申し出をいただきますようお願いします。

  • 承認研究
承認年月 研究課題名
2017年2月
糖尿病網膜症の重症化および足病変の多施設前向き大規模コホート研究
倫理審査委員会承認番号:28-176

最近の話題

  • 多発性のう胞腎(PKD)の新しい治療が開発されています。健診等で両腎にのう胞が複数見つかった場合、早期診断・治療のためにもぜひご紹介ください。
  • CKD(慢性腎臓病)は、腎のみではなく心血管リスクであるため、早期からの病診連携が重要です。心機能、動脈硬化の状態を評価し、食事療法含めた生活指導を学ぶCKD教育入院を御利用ください。個々の患者さんに対し、多数のスタッフにて治療方針を検討しています。

写真:スタッフによる治療方針を検討

お問い合わせ先