• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

心臓血管外科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

緊急手術・重症例のご相談

ホットライン

診療方針

心像血管外科スタッフ
 当科では、紹介医師との密接な連携により、特に緊急度が高く、即座に的確な判断が求められる循環器疾患において、常に最良なタイミングで、また他科との連携を密に、大学病院という利点を最大限に活用して、妥協のない最高水準の医療を提供すべく努力しています。超重症、緊急症例を問わず、24時間態勢ですべての症例を受け入れる「No refusal policy」を貫き、年間300例を超える心臓大血管手術を施行しております。

 また、確実で完成度の高い手術を短時間で行い、術翌日から積極的なリハビリを行うことで初めて可能になるSuper Fast-Track Recovery(超早期回復管理)をすべての症例に導入し、術後1~2週間での退院を可能にしてきました。

 これらの実績は近年、国内外で高く評価され、有力な国際雑誌に多数掲載されるようになってきました。

人工心肺を使わない冠動脈バイパス手術

 

診療方針

 近年ますます重症化、複雑化、高齢化する循環器疾患に対して、我々は以前からより低侵襲な手術を試みています。
 特に、冠動脈疾患の短期、長期予後に最も優れていると報告されている、2本の内胸動脈を用いた心拍動下冠動脈バイパス術は、我々の最も得意とする手術のひとつで、透析、重症多肢病変、大動脈バルーンパンピング導入症例なども含め、平成14年以降で1500例を超える心拍動下冠動脈バイパス術を完遂してきました。症例数、成績ともに全国トップの成果を収めています。

 狭心症、心筋梗塞に対するこの手術では、術中血圧が安定し、心臓の拍出機能が保たれていることが大前提です。動いている心臓の後面に位置する1~2mmの冠動脈に、短時間で確実な吻合(ふんごう:端どうしをつなぐこと)を行う技術と経験が要求されます。
 この手術は従来の人工心肺を用いる手術に比べ、出血が少なく、心筋の障害が少なく、そして従来の手術では重症の患者さんで問題となった脳硬塞の発生や腎臓機能の悪化が回避できるようになりました。

 最重症症例を最低侵襲かつ最高のクオリティーで一人一人に国際水準の心臓手術をお約束いたします。

成功率の高い僧帽弁形成術

 弁自体の病態、心機能、個々の患者さんの手術後の生活に応じた手術を行います。 特に僧帽弁閉鎖不全に対する本格的再建(形成)手術は、浅井の専門であり、ニューヨーク大学での徹底した修練、研究をもとに、平成14年以降で600例を超える手術を行い、形成成功率は99%を超えます。長期にわたり高いレベルの治療を行っています。

胸部大動脈手術

診療方針
 一般にはリスクが非常に高いといわれる胸部大動脈手術でも、手術手技の工夫・向上により、弓部大動脈置換術ですら、早ければ3時間以内で手術を終えることができ、Super Fast-Track Recoveryにより、通常の心臓手術と同様の早期回復を実現しています。

 

Super Fast-Track Recovery

 当科では、これまで大侵襲が当たり前であった手術を、ほとんどの患者さんで術翌日には通常の食事ができ、ベッドから降りて歩行できる程の早期回復管理(Super Fast-Track Recovery)に成功しました。こうした術後経過は、80歳をこえる超高齢者の手術においても例外ではありません。

No Refusal Policy による緊急・重症患者さんの完全受け入れ体制

 LMT(左冠動脈主幹部)症例、心原性ショック症例、PTCA(経皮的冠動脈形成術)/Stent bail-out不能例、急性A型大動脈解離などの緊急症例に対しては、紹介医との連絡から手術開始までの時間短縮と、迅速な手術施行に努めています。また、低左心機能、他臓器の傷害を抱える重症症例、高齢者に対しても万全のICU管理で対応いたします。

新しい試み

  •  2009年より、著しい左心室の拡大をきたした拡張型心筋症に対し、バチスタ型左室形成術を行っております。非常に良好な成績であり、薬物治療など内科的治療の限界症例がありましたら、一度ご相談いただければ幸いです。
バチスタ型左室形成術とは?

 左心室の変質した心筋を切除して縫い縮め、収縮力を回復させる手術。

バチスタ型左室形成術とは?

  •  2009年7月より、大動脈瘤破裂や、急性A型解離など、特に一刻を争う症例では、手術部や麻酔科との連携のもと、救急車から直接手術室に搬入し、少しでも救命率を上げる努力を行い、多大な成果を上げており、新聞やテレビでも取り上げられ、高い評価を得ています。
  •  2010年より、当院もステントグラフト治療の認定施設として、胸部下行および腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療を開始しております。開腹手術が困難なハイリスク患者さんには朗報であり、地域の先生方、あるいは患者さん、ご家族など、ぜひ相談いただければと思います。
ステントグラフト治療とは?

ステントグラフト治療とは?

 ステントといわれるバネ状の金属を取り付けた新型の人工血管を、足の付け根等から挿入し、血管の中に留置します。瘤に直接的に血圧がかからないようになるため、大動脈瘤破裂を予防することができます。

心臓血管外科コンサルト

 従来の大学病院と異なり、心臓血管外科スペシャリストとしていつでもご相談を承ります。医局だけでなく、病棟ホットラインもご自由に使用いただければ幸いです。1年365日24時間、いつでもスタッフが常勤しております。臨床の最前線で活躍される先生方、心臓の病で不自由、不安をお持ちの方に、微力ながらお力になりたいと思っています。

  • 心臓血管外科 ホットライン:077-548-3524
  • 医局:077-548-2244
  • 心臓血管外科病棟 直通:077-548-3516
  • 浅井 徹 Onlineのホームページ(http://www.shiga-med.ac.jp/~toruasai/

最近の話題

 平成23年11月に、浅井教授のこれまでの実績が評価され、ABC朝日放送の報道番組である「キャスト」で取り上げられ、放送されました。内容は国立大学では異例ともいえる年間330例の心臓手術をこなし、閉鎖的であった国立大学病院の臨床体制を変革したその手腕と、神の手と呼ばれる技術、また妥協なく患者様を第一に考え診療を行う姿勢が大きく取り上げられました。

 平成26年には心臓血管外科ホットラインを開設。365日24時間当科の医師が直接電話を受け緊急受入等これまで以上に迅速な対応が取れる体制を整えました。心臓血管外科のパンフレットも作成しました。我々滋賀医大心臓外科チームは患者さんを第一と考え、第一線の心臓外科治療を妥協なく行っていく所存であります。

最近の話題

お問い合わせ先

ホットライン