• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

精神科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

 厚生労働省は2013年より、がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病に精神疾患を加えた5大疾病を地域医療計画に盛り込む疾病として認定しました。精神疾患により治療を受けられる方が年々増加し、現在年間約350万人、すなわち30-40人に一人の方が入院もしくは外来通院をされています。

かつてクレペリンが、躁うつ病(双極性障害)、統合失調症、てんかんを三大精神病と呼びましたが、現在ではこれに加えて認知症や不安障害(パニック障害、社交不安障害、強迫性障害など)、発達障害(注意欠陥多動障害、広汎性発達障害など)、依存症など様々な疾患が世間で知られるようになりました。特に自殺の増加が社会問題化している現状を見ても、精神疾患に対する医療の重要性が見て取れます。
当科ではこれらの精神疾患に対し、より充実した生活を取り戻すことができるように早期回復を目指しています。

 精神疾患の初期症状として重要な睡眠障害に対する診療に力を入れ(睡眠学会認定施設Aを取得)、うつ病に対しては標準的薬物療法に加えて修正型電気けいれん療法を導入し高い寛解率を誇ります。統合失調症に対しては治療抵抗性統合失調症に対する治療薬クロザピン(商品名クロザリル)を使用できる滋賀県で数少ない施設です。

かつて精神疾患は治らないものと考えられてきました。しかし、現在では治療法も進歩し、早期介入できれば高い割合で治癒が望めるように変わってきています。発症してから治療に至るまでの時間が長いのが日本の特徴ですが、皆さんが長い時間我慢しないで病院に来られるように、そして皆さんが治療を受けられたときにはできるだけ早く元の生活に戻れるように、スタッフ全員が努力しています。

なお、他の医療機関では行えない高度な診断及び治療を行うために、新来患者さんに関しては完全予約制を導入しております。予約のない場合には、診察をお断りする事があります。

診療内容・専門分野

気分障害

 うつ病や躁うつ病に対して以下のような治療を行っています。

  1. 薬物療法
  2. 修正電気けいれん療法
  3. 高照度光療法

 近赤外線光トポグラフィー(NIRS)を用いて精神疾患の鑑別診断に役立てています。(入院のみ)

気分障害復帰率


気分障害に対する治療成績(平成24年)

平成24年度に60名の気分障害の患者さんが受診されました。
治療開始後6ヶ月で、52名(86.7%)は治療が終了、寬解もしくは軽快されました。そのうち、発症前に職を有した23名のうち20名(87.0%)は復職されました。

睡眠障害

 本院は、全国でも有数の日本睡眠学会認定の医療施設です。不眠や過眠、睡眠時の異常行動、睡眠リズムの障害など様々な睡眠障害に対して、終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)や睡眠潜時反復検査(MSLT)など、大学附属病院の利点や特徴を生かした診療を行っています。
ナルコレプシー、周期性四肢運動障害、むずむず脚症候群、レム睡眠行動障害、睡眠時無呼吸症候群などは上記検査が診断に有用であり、予約制で検査を行っています。また、不眠症に対する認知行動療法、概日リズム睡眠障害や季節性感情障害への高照度光療法が可能です。

腹部CTを用いた内臓脂肪面積測定

不安ストレス外来

 不安障害(社交不安障害、パニック障害、全般性不安障害、広場恐怖症)・ストレス因関連障害(PTSD、急性ストレス障害、適応障害)は、いずれも過去に体験(獲得)した、恐怖・不安感情と環境因子・状況の強い関連づけを共通病態とし、不安・ストレス症状が生じる疾患群です。
本来、不安・恐怖の感情は、危険を予期し身を守るための正常な心の働きです。ひどく恐ろしい経験をしたり危険な状況を察知した場合に、感情が昂り、動悸や頭痛が出現し、汗が噴出し、息苦しくなること(不安・ストレス症状)は異常ではありません。しかし、上記症状が非常に強く出現する場合、もしくは、恐ろしい経験から時間が経って特段危機的な状況でないにもかかわらず上記症状が頻繁に出現し、不安・恐怖に駆られる場合は治療が必要です。

不安・恐怖感情を適切に処理する機能を正常化し、快適な生活を取り戻すために、薬を用いた治療に加え、心理療法などの非薬物療法を駆使し治療を行う専門外来を開設しています。
重症で研究参加に同意いただける場合に限り、認知行動療法などの国際的に高い有効性が認められている治療を、経験をつんだ専門心理士が行います。研究は文部科学省の公的研究支援を受けて行われており、不安・ストレス障害の先端的治療法の開発を進めています。

がん患者の精神的ケア

 精神科リエゾンチームや緩和ケアチームによる精神科的治療介入や、精神腫瘍学(サイコオンコロジー)の観点からがんに苦しむ患者さんへの精神的サポートのための緩和ケア外来(こころ)の開設をしています。

統合失調症

 滋賀県内で数少ないクロザピン(商品名クロザリル)が使用可能な医療機関として登録されています。クロザピンは治療抵抗性統合失調症に対して有効性が確認されている薬で、数種類の抗精神病薬を使用しても症状が改善しない患者さんに対して一定の効果があるとされています。
しかし、クロザピンは特有の副作用があるので、服薬開始時には3~4ヶ月の入院治療が必要です。また一般的な非定型抗精神病薬以外にも、各種新薬の治験も適宜行っております。さらに薬物血中濃度測定、遺伝子多型、薬物代謝認知機能・画像検査、睡眠ポリグラフなどを用いて、病状を多角的に評価しています。

臨床研究について

後方視的研究

 当科ではカルテデータなどの既存資料を用いた観察研究を行っております。以下の表題の研究を行っており、該当すると思われる患者さんで研究への参加に賛同されない方は、研究課題詳細PDFに記載しております、個々の問い合わせ先にお申し出をいただきますようお願いします。

  • 承認研究
承認年月 研究課題名
2014年2月
睡眠障害の治療経過観察
倫理委員会承認番号:25-199
2015年1月
心拍計と睡眠ポリグラフィーとの比較アルゴリズム開発
倫理委員会承認番号:26-173
2015年4月
心電図解析を用いたてんかん発作の検知・予知・鑑別診断プログラムの開発
倫理委員会承認番号:27-21

最近の話題

 生物学的なうつ病の治療として、rTMS(反復性経頭蓋磁気刺激法)を開始予定です。rTMSは磁気エネルギーをもちいて脳の局所を電気刺激する方法です。 安全で副作用が少なく、うつ病や躁うつ病の患者さんのうつ状態を改善する効果があると言われています。現在は、この治療法は保険適応となっていないので、同意を得られた方のみを対象とする予定です。

お問い合わせ先