学部生の声

「滋賀医科大学での学生生活」

看護学科第2学年 M・Tさん  

私は昔から人の役に立つ仕事がしたいと考えており、その中で看護師という職業が1番そのことを叶えられると考えていました。高校生の時に駅で緊急の場面に出会うことがあり、人の命を救うということがどのようなことなのかを目の当たりにして、本格的に看護師になりたいと思うようになりました。  

大学の授業では専門的なことを学んだり技術の演習を行います。授業が看護師になるための必要な知識を蓄える場となるので各自の勉強ももちろん必要ですが、私はまず毎日の授業を大事にしています。また、課外活動を通してさまざまな人と関わることができます。滋賀医科大学は医学科と看護学科のみの単科大学であり、学科や先輩後輩、年齢など関係なく仲がいい印象があります。そして同じ医療職を目指す人たちと過ごすことができるため、お互いに高め合う環境があることも魅力の一つです。  

滋賀医大でみなさんと楽しい大学生活を一緒に送ることができることを楽しみにお待ちしております!


「人に寄り添う看護を目指して」

看護学科第3学年 M・Aさん  

看護学科に入学してはや2年半が経ちました。1年生の時は、看護とはなにかがよく分からず、忙しそうに働いておられる附属病院の看護師さんの姿を見て自分にも務まるのか、とただ不安を感じるだけでした。しかし講義や実習を通じて、ひとりの患者さんについて真剣に考え自分にできることを探すことで、患者さんの持つ精神的・肉体的苦痛に寄り添うことができ、入院中の生活がより過ごしやすくなるような援助に繋がることを学び、看護の魅力を知ることができました。  

今はまだ知識や技術が十分でなく、日々勉強を積み重ねていくことの重要性を感じる毎日ですが、実習を指導してくださる大学の先生や附属病院の看護師さんは私たちが納得できるまで一緒に考え、アドバイスをくださります。時には、実習の忙しさや自分の勉強不足に落ち込んでしまうこともあります。それでも、患者さんから「学生さんが来てくれて良かった」という言葉をかけていただけた時は本当に嬉しく、この道を選んで良かったと心から感じます。卒業までまだまだ道のりは長いですが、素敵な看護師になるため精一杯頑張ろうと思います。


「充実した学生生活」

看護学科第4学年 M・Sさん   

滋賀医科大学では、先生のみならず附属病院の看護師の指導のもと講義・演習で実践的な看護を学ぶことができ、その知識を病棟実習に活かすことができます。実習では、記録の書き方や患者さんとの接し方に苦戦しましたが、先生や臨床指導者が親身に相談に乗ってくださったおかげで、学習した知識や技術、態度を統合させて個別性のある看護を実践することができました。グループメンバーとそれぞれの不得意分野を補い、苦しい時でも励まし合い楽しく学ぶことができ、チームワークの大切さを実感しました。また、海外研修プログラムもあり、私はマレーシアに行く機会を得ました。そこで他国の医療の現場を見て、日本との看護の違いや異文化について学ぶことができました。  

本学は部活動も盛んです。私も合唱部に所属し、医学科の学生と一緒に附属病院でのコンサートにも参加しました。勉強も部活動も、何事にも一生懸命な滋賀医科大学で看護師を目指しませんか?


「夢の訪問看護師」

看護学科第4学年 R・Wさん  

滋賀医科大学看護学科では、三年生以降から専攻できる訪問看護師コースというものがあります。このコースでは将来訪問看護師を目指す人材の育成に力を入れており、私はこのコースを専攻しました。高校時代から在宅医療に興味があり、大学に入ったら訪問看護について深く学びたいなと思っていました。これからは訪問の時代だ、と言われるほど在宅医療の需要は急激に上昇しており、これからの医療を担う私たちには必要不可欠な知識、技術が習得できたと実感できました。少人数で行われる分、先生方が丁寧に教えてくださり私が新卒の訪問看護師になると決心できたのはこのコースを専攻したからだと思います。来年から訪問看護師として勤務することに正直不安しかありません。しかし、訪問看護師コースで培った実践力を生かして自分の目指す看護師に一歩でも近づけるように日々精進していこうと思います。訪問看護師に興味、関心のある方は専攻をお勧めします!