本学が取り扱っている奨学金は、日本学生支援機構奨学金のほか、本学独自の奨学金(滋賀医科大学奨学金)、湖医会(同窓会)による奨学金(湖医会奨学金及び藤原よしみ奨学金)、海外留学のための各種奨学金、地方公共団体及び民間育英事業団体の奨学金等があります。
また、奨学金以外に提携ローン等もあります。

日本学生支援機構奨学金

学業・人物ともに優れており、かつ経済的理由により学資負担が著しく困難と認められる学生について、本人の申請に基づき本学が日本学生支援機構に推薦し、選考を経て貸与されます。奨学生の推薦にあたっては、学業成績と家計の両方に一定の基準があり、この基準に合致しない者は推薦されません。

募集については、別途掲示及びメールにてお知らせします。

日本学生支援機構「奨学金」

奨学金の種類

定期採用

種類 区分 貸与月額(円) 募集時期 採用決定時期
自宅通学者 自宅外通学者
第一種奨学金
(無利子)
学部 45,000・30,000・20,000 51,000・40,000・30,000・20,000 4月 7月上旬
大学院 修士 88,000・50,000
博士 122,000・80,000
第二種奨学金
(有利子)(注)
学部 20,000~120,000までの10,000円単位の金額の中から選択 4月 7月上旬
大学院 修士
博士
(次のいずれかを選択)
50,000・80,000・100,000・130,000・150,000

※平成30年度の例

(注)第二種奨学金は「利息付奨学金」であり、在学中に利息は付きませんが、卒業・修了又は退学の後は元本に年利3%を上限とする利息が付きます。
(備考)採用募集については、状況により追加募集する場合があります。その場合は、掲示及びメールにてお知らせします。

定期外採用

上記の定期採用のほか、緊急採用奨学金(無利子)、応急採用奨学金(有利子)等の「家計を支えている者の失職・破産・会社の倒産・病気・死亡等又は火災・風水害等により、家計が急変した場合に貸与を受けることができる制度」があります。
これらの定期外採用への申し込みについては、学生課学生支援係に相談してください。

申込手続き及び提出書類等

 奨学金貸与を希望する場合は、次の書類を学生課学生支援係に提出するとともに、インターネットによる日本学生支援機構奨学金申込・貸与状況等確認システム(スカラネット・パーソナル)から、申し込みに必要な手続きを行ってください。

(a)スカラネット入力用紙(日本学生支援機構所定の用紙)
(b)確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書
(c)世帯(同一生計)全員の住民票
(d)家計維持者の収入証明書の写し(源泉徴収票、確定申告書又は年金証書等)
(e)その他申し込み内容を証明するために必要な書類

予約採用

高等学校在学中に、志望の大学に入学することを条件として採用を予約される制度です。この制度による採用候補者は、本学へ入学後、決定通知を学生課学生支援係に提示し、本学が指示する方法で定められた期限までにスカラネット・パーソナルにより進学届を提出(入力)してください。この手続きを怠ると採用されませんので、十分注意してください。

奨学金の休止、停止、廃止

休止

 休学又は長期にわたって欠席したときは、日本学生支援機構により奨学金の交付が休止されます。

停止、廃止

奨学生には標準的な修得単位(科目)数が定められており、これに達しないときは、日本学生支援機構により奨学金の交付が停止又は廃止されます。
また、留年したときも、奨学金の交付が停止(原則として1年以内)されます。

 

奨学生の学籍上の身分異動

休学、停学、復学等学籍上の身分異動が生じたときは、すみやかに学生課学生支援係に申し出て手続きを行ってください。この手続きを怠ると奨学金の交付が廃止されることがありますので、十分注意してください。

奨学金の交付方法

奨学金は、銀行振り込みにより交付されますので、奨学生は都市銀行、地方銀行、第二地方銀行、信用金庫又は労働金庫に普通預金口座を開設し、奨学金を受領することとなります。

奨学金継続願、適格認定

奨学生に採用された場合は、毎年1回、スカラネット・パーソナルにより奨学金継続願を提出する必要があります。この手続きを怠ると奨学金の交付が停止されたり、場合によっては奨学生の資格を失格させられ、奨学金の交付が廃止されたりすることがありますので、十分注意してください。
なお、手続き期間等については、掲示及びメールにてお知らせします。

奨学金の返還

日本学生支援機構から交付される奨学金は、あくまでも貸与であり、卒業・修了又は退学後に返還の義務があります。
奨学金は、貸与の終了した翌日から起算して6ヶ月を経過すると返還の義務が生じ、以後20年以内に全額を返還する必要があります。
返還金は、後輩のための奨学金に充てられますので、採用時に日本学生支援機構に提出する返還誓約書に記載の方法により、確実に返還してください。

奨学金の返還猶予

奨学生であった者が、卒業・修了又は退学の後、災害や傷病等やむを得ない事情によって返還が困難になったときは、本人からの願い出により一定の期間にわたって、その返還が猶予されます。

湖医会奨学金

 学業・人物ともに優れており、かつ経済的理由により学資負担が困難な学生について、面談及び選考を経て、本学同窓会の湖医会から貸与されます。

出願資格 医学部医学科・看護学科のすべての学生
出願期間 毎年度5月下旬~6月中旬
貸与額 月額60,000円まで
貸与期間 1年間
利子 無利子
その他 出願方法、提出書類、返還方法等については、募集要項を参照。

滋賀医科大学同窓会「湖医会」

藤原よしみ奨学金

 学生のさまざまな自主的活動の支援(ボランティア活動資金、国内外研修費用、子育て支援等)を目的とし、面談及び選考を経て、本学同窓会の湖医会から貸与されます。

出願資格 医学部医学科・看護学科のすべての学生
出願期間 毎年度5月下旬~6月中旬
貸与額 総額300,000円(一括)
貸与期間 卒業(退学を含む)まで
利子 無利子
その他 出願方法、提出書類、返還方法等については、募集要項を参照。

>滋賀医科大学同窓会「湖医会」

海外留学のための各種奨学金

 海外留学のための奨学金としては、後述の地方公共団体や民間育英事業団体によるもののほか、外国政府によるもの、文部科学省による「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」、日本学生支援機構による海外留学支援制度(協定派遣)(※本学が学術交流協定を締結する外国の大学等への留学に限る)、滋賀医学国際協力会による海外渡航助成事業等があります。
なお、出願要件や手続き方法等の詳細については、学生課学生支援係へ問い合わせてください。

地方公共団体及び民間育英事業団体の奨学金

 地方公共団体及び民間育英事業団体の奨学金については、その受給要件として、団体の所在地出身者に限るものや卒業・修了後の就職先が指定されているものが多く、出願期間もさまざまであり、また本学を通さずに希望者本人が直接手続きするものも多くあります。
本学に募集があったものについては、その都度メールにてお知らせするとともに、その募集要項等を閲覧ファイルに綴じ学生課学生支援係にて公開しています。

※毎年4月から6月にかけて募集時期が集中する傾向にありますので、これらの奨学金への申し込みを検討している場合は、その時期には特に注意してください。

各種提携ローン

本学では、株式会社滋賀銀行と包括連携協定を締結しています。これに関連して、滋賀銀行の提携ローンを紹介します。
また、日本政策金融公庫が行っている教育ローンについても紹介します。いずれも各個人で申込みを行うものです。
滋賀銀行の提携ローン
日本政策金融公庫の教育ローン