教育目標

本学大学院修士課程看護学専攻は、21世紀における社会の健康問題に関連した多様な要請に斬新的・創造的かつ先駆的に対応するため、滋賀県で最初に設置された看護系高等教育機関である。

本学がこれまでに蓄積してきた研究や教育のノウハウ、さらに看護実践の成果や医学部看護学科ならびに附属病院と関連施設の教育資源を活用して、高度で先進的看護サービスを支える確かな専門的知識と看護技術をもつ優れた看護ケアの専門家、教育者及び研究者を育成し、実践と研究を通して看護学の発展に寄与することを目標としている。

上記の目標を基盤に、人間の尊厳や権利を尊重しながら、その存在を自然・社会・生活環境との関係において捉え、個人あるいは集団に有用かつ効果的な看護の理論と方法論を修得することで、国内はもとより海外においても活躍しうる人材の育成を目的とする。

また、修士課程は、看護学の基礎を修めた者がさらに広い視野に立って専門分野の学識を深め、科学的思考能力や問題解決能力、基礎的な研究能力及び看護実践、看護教育、看護管理、看護行政等における指導能力を養うことを目的としている。

専門科目及び共通科目における講義、演習、臨地実習ならびに特別研究を通して、以下の能力を養う。

  1. 看護における知識や技術及び倫理を、科学的な根拠をもって各専門領域の看護実践に応用することができる。
  2. ヘルスケアシステムの中で、看護実践及び看護管理に関する高度な専門知識と技術を発揮することができる。
  3. 保健・医療・福祉の専門職との協働において、看護専門職としての意志決定と主体的行動が執れるとともに、様々な状況においてリーダーシップを発揮することができる。
  4. 看護教育の理念と方法に関する高度な知識と技術を修得し、看護の専門性に誇りをもちながら優れた教育活動を実施することができる。
  5. 看護上の問題を見出し、主体的・創造的に研究活動を推進することができる。
  6. 新たな看護技術を開発し、また看護倫理を検証することにより、臨床へ応用することができる。
  7. 複雑で多様な人々の健康問題に柔軟に対応し、学術的及び国際的に活躍することができる。

カリキュラムの特徴

研究コースの各専攻領域

修士課程看護学専攻(研究コース)には3つの研究領域がある。それぞれの研究領域には以下に示すように専攻する研究分野に則した研究部門がある。

基礎看護学

基礎看護学研究領域は、看護が対象とする人間を包括的にとらえ研究することによって、あらゆる看護実践に共通する基礎理論を見出し、看護の科学性を追求することを目指した領域である。「基礎看護学Ⅰ」は、看護科学を基盤においた看護教育、看護技術を研究することを目指している。「基礎看護学Ⅱ」は、人を形態と機能の側面から科学的に探求し、看護実践に応用できる新しい知見の構築を目指している。「基礎看護学Ⅲ」は、生きることの基盤である食と栄養に関わる看護の専門性を探求する看護栄養学について研究することを目指している。

臨床看護学

臨床看護学研究領域は、高度な看護実践の場で用いられる看護介入を体系的に研究することを目指した領域である。成人看護学、老年看護学、小児看護学、ウイメンズヘルス看護学、精神看護学等の各分野でのエビデンス構築を目指している。

公衆衛生看護学

公衆衛生看護学研究領域は、すべての人々にとっての健康、安心や安全を整えること、健康格差の縮小、超高齢社会における地域包括ケア、健康的なコミュニティづくりなど、保健医療サービスのあり方や質の向上に寄与する知見や実践を探求する領域である。公衆衛生看護学、在宅看護学の分野でのエビデンス構築を目指している。

高度実践コースの各専攻領域

修士課程看護学専攻(高度実践コース)には2つの研究領域がある。それぞれの研究領域には以下に示すように専攻する研究分野に則した研究部門がある。

看護管理領域

看護管理領域は、保健医療福祉を取り巻く環境の変化に対応できる幅広い知識をもち、看護管理能力やリーダーシップ能力、看護職の指導的能力及び倫理観を備えた看護管理実践者を育成し、質の高い組織的看護サービスの発展に寄与することを目指す領域である。

特定行為領域

特定行為領域は、看護の様々な実践領域での特定行為を担い得る卓越した知識と技術を有する高度実践看護師を育成し、その役割モデルを示すことで、実践領域における看護の専門性向上と臨床看護の発展に寄与することを目指す領域である。

2つのコース

研究コースと高度実践コースの2コースを設けている。

自由に選択できる多様な授業科目

各自の研究テーマに合わせて、共通科目及び各研究領域の授業科目から、研究領域を越えて自由に選択することができる。

きめ細やかな研究指導

修士論文の作成に関連して、領域を越えたきめ細やかな指導が受けられるように配慮し、中間発表の場を設けている。

教育方法の特例

大学院設置基準第14条「教育方法の特例」を適用し、有職者が離職することなく修学し、教育・研究指導を受けることが可能になるように、必要に応じて開講時間や開講時期を履修予定者と調整のうえで開講する。

長期履修制度の導入

入学時及び第1学年中の特定時期に申請することができる。

大学院医学系研究科修士課程の三つのポリシー(方針)

滋賀医科大学では、その理念・使命に基づき、育成するべき人材像を明確化し、それに必要な教育課程を編成し、体系的・組織的に教育を行うとともに、その教育を受けるに相応しい学生を入学者として選抜することにより、その使命を果たす。

大学院医学系研究修士課程における、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)及び入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)を以下に示す。

課程の修了の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 看護学やその関連分野における十分な専門的知識及び研究技術を修得している。
  2. 高い倫理観を有し、研究倫理についての十分な知識を修得している。
  3. これに加えて、コース毎に下記の能力や姿勢を有することを修了の要件とする。
    1. 研究コースでは、新たな研究課題を見いだし、その解決のためのエビデンスを創出できる。
    2. 高度実践コースでは、学生自身の専門領域における看護実践上重要な課題を抽出し、その解決のために最新のエビデンスを理解し、臨床応用実践できる。

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 1専攻2コース(研究コース、高度実践コース)を設け、全大学院指導教員による横断的な指導体制とする。
  2. 共通科目と領域別科目をおく。
    1. 看護学研究者として必要な基礎的知識と研究技術、研究倫理に関しては2コースの共通科目として教授する。
    2. 領域別科目では、各専門領域の専門的知識と研究技術もしくは高度実践技術を教授する。
  3. 上記に加えて、コースの特徴に合わせた科目を設ける。
    1. 研究コースでは、様々な研究課題に応じた最先端の研究方法や国内外の知見を教授し、看護学の発展に寄与しうる課題に関する特別研究を課すことで、創造的かつ自立した研究遂行能力を養う。
    2. 高度実践コースでは、看護の基盤となる看護理論及び看護倫理等に加えて、各専門領域に特化した高度実践の看護技術を教授するとともに、専門分野における看護実践や看護介入に関する課題研究及び実習を課すことで、科学的エビデンスの臨床応用力を養う。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

  1. 看護学及びその関連分野での研究者や先進的なヒューマンケアサービスを提供する専門家としての資質を有する者
  2. 高い倫理観と研究意欲を有する者
  3. 上記に加えて、高度実践コースでは専攻分野における豊富な実践経験を持つ者

入学者選抜の基本方針

  1. 研究コースでは、①各専門分野の基礎知識と思考能力を問う「専門科目」試験、②科学的研究の遂行に必要な語学力を測る「外国語(英語)」の筆記試験、③研究意欲や倫理観等、研究者としての資質や適性を確認する「面接」を実施する。
  2. 高度実践コースでは、①各専門分野の基礎知識と思考能力を問う「専門科目」試験、②志望する分野での研究課題等についての基礎的知識や研究意欲等を測るための「口述試験」を課す。