「災害・事件・事故等の危機管理体制(学生用)」や下記の対応方法を確認し、適切に対応してください。
緊急時の連絡先 : 学生課 077-548-2066・2142
(※夜間、休日、年末年始等は、防災監視室(24時間対応) 077-548-2773)

学内における緊急時の対応

不審者・不審な車を発見したら

「おかしい、危害を加えられる」と感じたら、近くの研究室などへ避難 ⇒ 学生課へ連絡

痴漢・窃盗など犯罪に遭遇・目撃したら

周囲に助けを求める ⇒ 警察署へ通報(110番) ⇒ 学生課や近くの研究室へ通報

小さな火災を発見したら

初期消火活動 ⇒ 学生課や近くの研究室へ通報

大きな火災を発見したら

消防署へ通報(119番)するとともに、近くの「消火栓火災報知機」のベルを鳴らす ⇒ 学生課や近くの研究室へ通報

大規模な地震が発生したら

落下物に注意し、グラウンドに避難 ⇒ 学生課へ安否を必ず連絡

交通事故を起こしたら

物損事故の場合 : 警察署へ通報(110番) ⇒ 学生課へ連絡
人身事故の場合 : 人命救助するとともに、必要に応じて消防署へ通報(119番) ⇒ 警察署へ通報(110番) ⇒ 学生課へ連絡

学外における緊急時の対応

災害(地震・火災・風水害等)に遭遇したら

(1)各自の安全の確保に努める
(2)テレビ、ラジオ等で交通機関及び道路の遮断等の情報収集に努める
(3)携帯電話等で安否及び現在地を学生課へ連絡し、必要に応じて緊急救助要請等をおこなう
(4)無理に登校せずに、電話やホームページ等で休校状況について確認する
(5)休校になっていないときでも、自身で登校することが危険であると判断したときは自宅等で待機し、学生課へ事情等を連絡する
(6)危険な状況がなくなり、交通機関等が復旧したときは、学生課へ状況を確認してから登校する

事件に遭遇・目撃したら

周囲に助けを求める ⇒ 警察署へ通報(110番) ⇒ 学生課へ連絡

事故を起こしたら

物損事故の場合 : 警察署へ通報(110番) ⇒ 学生課へ連絡
人身事故の場合 : 人命救助するとともに、必要に応じて消防署へ通報(119番) ⇒ 警察署へ通報(110番) ⇒ 学生課へ連絡

事件・事故等を起こしたときの注意事項

 医師法第4条及び保健師助産師看護師法第9条には、医師/保健師/助産師/看護師免許の相対的欠格事由(免許を与えないことがある事由)として、「罰金以上の刑に処せられた者」と定められています。くれぐれも、事件・事故等を起こさないよう注意してください。
なお、万が一、事件・事故等を起こしたときは、速やかに所定の「事故(違反)届」を学生課学生支援係へ提出してください。
また、判決謄本又は略式命令書・罰金の領収証書は、免許申請の手続きに必要となりますので、大切に保管しておいてください。

海外留学・海外旅行に際する備え

 昨今の世界情勢に鑑み、外国・地域への渡航に際しては渡航地周辺の情報把握に努め、危険な計画は立てない、危険な場所へは行かない、行動には十分注意する等、各自の責任において安全な渡航を心がけてください。
なお、本学では、留学生活全般に対応できる補償制度として「学研災付帯海外留学保険制度」への加入を義務付けていますので、渡航までに必ず加入してください。
また、海外渡航の際には、事前に所定の「海外渡航届」を学生課学生支援係へ提出するとともに、外務省海外安全ホームページを確認し、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。