理念

滋賀医科大学は、地域の特徴を生かしつつ、特色ある医学・看護学の教育・研究により、信頼される医療人を育成すること、さらに、世界に情報を発信する研究者を養成することにより、人類の健康、医療、福祉の向上と発展に貢献する。

目的と使命

滋賀医科大学

滋賀医科大学は、地域の特徴を活かしつつ、特色ある教育・研究により、信頼される医療人の育成及び世界に情報を発信する研究者を養成することを目的とし、もって人類の健康、医療、福祉の向上と発展に貢献することを使命とする。

国立大学法人滋賀医科大学 学則第1条を一部修正

滋賀医科大学大学院

大学院は,医学及び看護学の領域において、優れた研究者及び高度な知識と技術をもつ専門家を養成することを目的とし、もって、医学及び看護学の進歩と社会福祉の向上に寄与することを使命とする。

国立大学法人滋賀医科大学 大学院学則第2条より抜粋

ミッション

医学系分野

  1. 滋賀医科大学の理念に基づき、地域の特徴を活かしつつ、特色ある教育・研究により、信頼される医療人の育成、世界に情報を発信する研究者を養成する。特に、地域住民の協力による地域基盤型教育により、患者の立場に立った全人的医療を目指す医師を養成する。
  2. 生活習慣病疫学研究を始めとする研究や先進医療機器開発などの産学官連携の実績(しが医工連携ものづくり産学官連携拠点等)を活かした先端的で特色ある研究を推進し、新たな医療技術の開発や医療水準の向上を目指すとともに、次代を担う人材を育成する。
  3. 滋賀県と連携し、県内の地域医療を担う医師の確保及びキャリア形成を一体的に支援し、医師の偏在解消に貢献する。また、学外の医療従事者の研修を幅広く受け入れ、地域医療の質の向上に寄与する。
  4. 県内唯一の医育機関及び特定機能病院としての取組や地域がん診療連携拠点病院等の取組を通じて、滋賀県における地域医療の中核的役割を担う。

保健系分野

  1. 滋賀医科大学の理念に基づき、幅広い教養と倫理観とともに高い専門知識と技術を有し、病気や障害を持つ人々だけでなく、一般市民の健康生活を支援する等、時代や社会の要請に応じて保健医療分野で活躍できる実践者及び研究者を育成する。
  2. 大学院では看護臨床教育者や看護管理者育成の取組をはじめ、高い研究能力と科学的思考力を有した質の高い看護系教育研究者の育成を推進する。
  3. 生活習慣病に関する研究や滋賀県の医療行政取組への協力、企業と連携した疾病予防・療養支援や健康等、社会的関心の高いテーマの研究実績や地域連携の強みを活かした医療保健政策での支援を具体化する。また、滋賀県内の看護師を対象とした研修を積極的に推進し、県内の看護師の質の向上に貢献する。

教育理念・目標

教育理念

豊かな教養と高い専門的知識及び技能を授けるとともに、確固たる倫理観を備え、科学的探究心を有する医療人及び研究者を養成する。

教育目標

  1. 課題探求、問題解決型学習を通して、適切な判断力と考察する能力を養う。
  2. 豊かな教養を身につけ、医療人としての高い倫理観を養う。
  3. コミュニケーション能力を持ち、チーム医療を実践する協調性を培う。
  4. 参加型臨床(地)実習を通して、基本的な臨床能力を習得する。
  5. 国際交流に参加しうる幅広い視野と能力を身につける。

学科・課程ごとの教育目標・三つのポリシー