「地域医療教育研究拠点」の取り組み

滋賀医科大学では、「滋賀県地域医療再生計画」に基づき、平成22年6月に滋賀県、東近江市、(独)国立病院機構(NHO)と協定を締結し、寄附講座「総合内科学講座」及び「総合外科学講座」をNHO滋賀病院(現NHO東近江総合医療センター)に設置し、地域医療の再生に向けた教育・研究・診療活動を推進してきました。(※「総合内科学講座」及び「総合外科学講座」は、平成26年4月から本学講座に移行しました。)

 そして、前述の協定期間終了後は、人口過疎地域から都市近郊地域まで様々な生活形態がある滋賀県における医療活動を通して、地域医療を担う医師に対する教育及び地域医療を担う医師の養成と確保に関する研究を推進するため、滋賀医科大学地域医療教育研究拠点を設置し、平成26年4月に(独)国立病院機構、及び東近江市と「地域医療教育研究拠点に関する協定」を締結し、NHO東近江総合医療センターにその活動拠点を設けました。さらに、平成27年9月には新たに(独)地域医療機能推進機構(JCHO)と「地域医療教育研究拠点に関する協定」を締結し、JCHO滋賀病院にその活動拠点を設け、都市近郊型の地域医療活動を通して、総合診療を行える医師を養成することとしました。

 また、国民に対して質の高い医療を提供するためには医学教育の質保証が必須で、本学の医学教育も国際基準を満たすことが求められていますが、そのためには臨床実習の充実等を図る必要があり、NHO東近江総合医療センターと同様にJCHO滋賀病院においても平成28年度から医学科5・6年生の臨床実習を行っています。

図:滋賀医大病院とNHO東近江総合医療センターとJCHO滋賀病院が相互に連携している様子

1.滋賀医科大学地域医療教育研究拠点

地域医療教育研究拠点では、主に次の業務を行うこととしています。

1)地域医療人養成のため卒前卒後の一貫した教育・研修
2)地域医療を担う人材を育成するための指導者の養成
3)地域医療における医師派遣システム構築及び持続的な医師確保システム構築の研究
4)その他地域医療の支援

2.NHO東近江総合医療センター

地域医療教育研究拠点のNHO東近江総合医療センターにおける活動拠点は、本学「総合内科学講座」及び「総合外科学講座」が運営し、主に次の業務を行うこととしています。

1)学生及び研修医のcommon disease(一般的な病気)に重点を置いた臨床能力の向上を図るための教育・指導
2)総合診療の知識、技術、使命感を併せ持った専門医の養成
3)地域医療における医師派遣システムを構築するための研究
4)持続的な医師確保システムを構築するための研究
5)地域における医療資源提供(医師配置のあり方)
6)本学・NHO東近江総合医療センター・東近江市との相互協力による地域医療支援

詳細については、「NHO東近江総合医療センターでの活動」をご覧ください。

3.JCHO滋賀病院

地域医療教育研究拠点のJCHO滋賀病院における活動拠点では、主に次の業務を行うこととしています。

1)学生及び研修医のcommon disease(一般的な病気)に重点を置いた臨床能力の向上を図るための教育・指導
2)総合診療の知識、技術、使命感を併せ持った専門医の養成
3)地域医療における医師派遣システムを構築するための研究
4)持続的な医師確保システムを構築するための研究
5)地域における医療資源提供(医師配置のあり方)
6)本学・JCHO滋賀病院との相互協力による地域医療支援

詳細については、「JCHO滋賀病院での活動」をご覧ください。