JCHO滋賀病院について

概要:独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO)滋賀病院(325床)
   健康管理センター(健康診断件数:年間43,000件)
   介護老人保健施設(入所:100床  通所40名)

 昭和28年5月に「健康保険滋賀病院」として創立し、平成8年からは「社会保険滋賀病院」と改称され、平成26年4月より「独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)滋賀病院」が発足しました。平成27年9月29日、滋賀医科大学とJCHOは地域医療に関する協定を締結し、JCHO滋賀病院は滋賀医科大学地域医療教育研究拠点の1つとなり、現在5学年と6学年の学生実習の一部を担当しています。

 本学はJCHO滋賀病院に医師を出向させ、病院所属の医師と強固な協力体制のもと、地域医療を担う医師や学生に対する教育と研究を行っています。

滋賀医科大学の役割

  1. 地域医療の支援

    大津医療圏の医療を支えるため、安定的に多数の医師を派遣し、良質な診療を行うとともに、24時間体制で時間外・救急診療への対応も行っています。また、通信回線を使った遠隔での病理診断や画像診断を行っています。

  2. 持続的な医師の養成と確保
    [臨床実習 症例検討の様子]

    JCHO滋賀病院を本学の「第3教育病院」と位置づけ、医学部学生の臨床教育、初期研修医・後期研修医(専攻医)の指導、卒後医師の実地研修等を行い、医師の総合診療能力の向上に努めています。

    教育・研修体制のさらなる充実に向け、本学ではJCHO滋賀病院の医師に教員または臨床教員の称号を付与しています。

JCHO滋賀病院 医師等一覧

 

学生の臨床実習について

 

 本学医学部第5学年の学生は全員、JCHO滋賀病院において2週間の実習を行っており、指導は、学生1名に対して指導医1名の「1対1対応」で行われています。「健康管理センター」、「介護老人保健施設」を併設する複合医療施設として、予防・診断・治療・介護をシームレスに体験できます。

 JCHO滋賀病院では、主に地域医療に関する実習を担当しています。実習のためのコースは11コース用意されており、学生(5名ないし6名1グループ)が、1名ごとに毎日異なるコースをローテーションし、2週間の間にほとんどのコースで実習できるシステムになっています。

【到達目標】

  1. 滋賀医科大学の第三教育病院として、本学で経験できない内容を中心に実習を行う。
    病院の全体像を把握し、各部署の機能・連携の重要性を把握できる。
    遠隔地型の病院との相違を認識し、都市近郊における地域医療の特殊性を把握できる。
  2. 患者さんのもつ問題点を的確に抽出し、全人的医療を行うために、初期診療を中心とした診断治療手順を習得するための能力を身につける。
    問診/視診/触診/聴診/打診により問題点を抽出できる。
    病態に即した臨床検査、画像検査にて鑑別診断を行う能力を身につける。
    必要な検査を想起できる。
    プライマリケアの必要性を理解できる。
  3. 滋賀県下の医療の実態を理解し、地域医療に貢献できるための能力を身につける。
    地域医療の特徴が認識できる。
    外来診療の重要性が理解できる。
    生活環境を考慮できる。
    地域包括ケアシステムの必要性・重要性が理解できる。

関連協定書等

関連リンク