在学中には、種々の願出、届出等の手続きが必要となるときがあります。手続きを怠ったり、遅れたりすると事務上の支障をきたすだけでなく、自己の不利益となりますので十分注意してください。
学生関係の諸手続は、原則として、学生証の提示による署名によって申請することができるため本人印の押印は不要ですが、一部のものについては本人印の押印が必要です。
また、提出書類によっては、保証人、クラス担任教員、学年担当教員、指導教員又は顧問教員の承認印又は確認印が必要です。

修学関係の願出、届出等

提出書類 担当係等 提出時期 備考
宣誓書 学生課
学部教育支援係

大学院教育支援係
入学時  
学生身上カード  
個人情報取扱同意書  
保証書 入学時及び保証人の変更の都度  
改姓名届

その都度

改姓名の事実が確認できる公的書類(戸籍抄本、運転免許証等)の写しを添付
旧姓名使用願  
通称名使用願  
休学願 傷病による場合は、医師の診断書を添付
休学延長願
復学願 傷病により休学していた場合は、医師の診断書を添付
転学願  
留学願  
退学願  
履修届 各学期の指定期間内  
履修登録変更届
追試験願 その都度 やむを得ず欠席したことが確認できる書類(医師の診断書等)を添付
住所届 学生課
学生支援係
入学時  
住所等登録変更届 住所等の変更の都度  
海外渡航届 その都度 計画書を添付
学生教育研究災害傷害保険事故通知書 事故日から30日以内 課外活動中や通学中の事故も対象
★学生教育研究災害傷害保険金請求書 傷害が治癒すみやかに
定期健康診断欠席届 保健管理センター 事前 事由書を添付

(注1)★印が付されているものは、本人印の押印が必要です。
(注2)「提出時期」欄に「指定期間内」と記載がある場合は、その期間を別途掲示及びメールにて通知します。
(注3)留学願及び海外渡航届に関することは、別途「災害・事件・事故」も参照してください。
(注4)学生教育研究災害傷害保険に関することは、別途「学生教育研究災害傷害保険」も参照してください。

異動(休学、復学、転学、留学、退学)の手続き

 学生の身分上の異動は、いずれも学長の許可を受けて承認されます。そのため手続きに時間を要します。また、異動の願出には、クラス担任教員、学年担当教員又は指導教員の確認印が必要ですので、早いうちから相談し、期日までに所定の願出を学生課学部教育支援係又は大学院教育支援係へ提出してください。
なお、休学、転学、退学については、期日までに所定の願出が提出されなかったときは、次学期分の授業料納付の義務が発生しますので、十分注意してください。


異動を希望する日
異動の願出の期日
3月31日又は4月1日 2月下旬の別途通知する日
9月30日又は10月1日 8月下旬の別途通知する日
上記以外の任意の日 担当係へ要相談

休学したいとき

 傷病その他やむを得ない事由により休学を希望するときは、「休学願」を提出してください。1回の休学期間は1年以内ですが、特別の事由があるときは1年を限度として延長することができます。
原則として、休学の始期は各月の1日、終期は各月の末日です。1年中任意の月から休学することが可能ですが、本学は前期(4月~9月)及び後期(10月~3月)の二学期制をとっており、突発的な傷病等を事由とするときを除き、前期については4月1日から、後期については10月1日から半年間、あるいは1年間の休学を原則とします。
なお、休学できる年数の上限は4年です。
また、休学期間は、在学年限に含まれません。(※在学年限の詳細については、別途「◯◯」を参照してください。)

復学したいとき

 許可された休学期間が満了すると、自動的に復学となります。
ただし、休学期間の途中に復学しようとするとき又は傷病を事由として休学していたときは、「復学願」を提出してください。

転学したいとき

 他の大学への転学を希望するときは、「転学願」を提出してください。

留学したいとき

 外国の大学等へ留学を希望するときは、「留学願」を提出してください。
なお、「留学願」が許可された場合の留学期間は、在学年限に含まれます。(※在学年限の詳細については、別途「◯◯」を参照してください。)

退学したいとき

 やむを得ない事由により退学を希望するときは、「退学願」を提出してください。

課外活動関係の願出、届出

提出書類 担当係等 提出時期 備考
施設・設備使用願 学生課
学部教育支援係
使用希望日の5日前まで  
体育施設使用願
(長期使用)
学生課
学生支援係
(水泳プール以外)
各年度当初の指定期間内
(水泳プール)
使用希望日の7日前まで
体育会所属団体が長期にわたって定期的に使用するときは、体育会と調整のうえ提出
体育施設使用願
(通常使用)
使用希望日の14日前から前日まで  
福利厚生施設使用願
(長期使用)
各年度当初の指定期間内 課外活動団体が長期にわたって定期的に使用するときは、体育会、文化会、学園祭実行委員会と調整のうえ提出
福利厚生施設使用願
(通常使用)
使用希望日の7日前まで  
学内団体結成願 その都度 規約・構成員名簿・活動計画書を添付
学内団体変更願  
学内団体解散届  
学内団体継続届 各年度の4月末日まで 活動報告書・構成員名簿・活動計画書を添付
学外団体加入願 その都度 学外団体の規約・参加者名簿を添付
学外活動届  
合宿届  
課外活動用具学外持出許可願  
対外試合届 学内施設を使用して学外団体と試合をする場合
集会許可願 開催希望日の3日前まで  
印刷物の掲示・配布 その都度  
事故(違反)届 発生後すみやかに 交通事故(違反)の場合
①反則金を課されたときは、交通反則告知書(青切符)・反則金の領収書を添付
②罰金以上の刑に処せられたときは、判決謄本又は略式命令書・罰金の領収証書を添付

(注1)「提出時期」欄に「指定期間内」と記載がある場合は、その期間を別途掲示及びメールにて通知します。
(注2)諸施設の使用に関することは、別途「課外活動施設」も参照してください。
(注3)課外活動に関することは、別途「課外活動」も参照してください。
(注4)事故(違反)届に関することは、別途「国家試験」も参照してください。

経済支援関係の願出、届出

提出書類 担当係等 提出時期 備考
★日本学生支援機構奨学金申込書 学生課
学生支援係
指定期間内  
★地方公共団体・民間育英事業団体の奨学金申請書等 奨学金により異なるので、学生課内のファイルを確認すること
授業料免除願書 各学期の指定期間内 前期分及び後期分に区分して受付
授業料徴収猶予許可願
授業料月割分納許可願

(注1)★印が付されているものは、本人印の押印が必要です。
(注2)「提出時期」欄に「指定期間内」と記載がある場合は、その期間を別途掲示及びメールにて通知します。
(注3)奨学金に関することは、別途「奨学金」も参照してください。
(注4)授業料の免除・徴収猶予に関することは、別途「授業料・入学料の免除・徴収猶予」も参照してください。

国家試験関係の願出、届出

提出書類 担当係等 提出時期 備考
★医師・保健師・助産師・看護師の国家試験願書 学生課
学生支援係
指定期間内 11月上~中旬に説明会を開催

(注1)★印が付されているものは、本人印の押印が必要です。
(注2)「提出時期」欄に「指定期間内」と記載がある場合は、その期間を別途掲示及びメールにて通知します。
(注3)別途「国家試験」も参照してください。