教育目標

目指す方向性

看護学科は、看護学を保健・医療・福祉の統合的科学の有機的連携の中に位置づけて、教育と研究を展開し医学科との相互発展を図りながら、学生の人間としての成熟を目指し、看護を実践できる能力の基礎を培う。

目標

看護学に対する社会的なニーズは多様化し、医療看護のみならず、保健・福祉や国際医療活動など様々な分野において、有能な人材が求められている。看護学教育においては、看護ケアの基盤となる知識と基本技術を授け、さらに臨地実習を充実し、社会からの期待に応え、また国際化に対応できる水準を確保する必要性がある。

本学科においては、専門知識、技術・判断力、倫理観を授け、看護実践を行い得る総合的能力を養うことを目標とする。また、教育手法については、看護の方法を「知る」ことから、実践的に「使う」能力をいっそう強化する方向へと転換し、卒業時点における実践能力の到達目標を明確にする。

  1. 看護の対象となる人間を深く理解し、その人々の信条、人格、権利を尊重し、行動できる豊かな人間性を養う
  2. 看護実践のエキスパートを目指して、健康上のニーズに対する人々の反応を診断し、援助するために必要な基本的能力を養う
  3. 包括的な保健・医療・福祉の実践における多職種・多機関との連携・協働の必要性を認識し、看護職としての責任を果たす能力を養う
  4. 自ら積極的に問題を発見してそれを解決したり、研究する態度を身につけ、将来の教育者、研究者、管理者として成長できる素養を養う
  5. 国内外の保健・医療・福祉環境の変化に関心を持ち、看護職の役割を斬新的、創造的に追求していくための基本的な素養を養う。

カリキュラムの特徴

急速な少子高齢化や医療技術の進歩等わが国の社会情勢をめぐる環境の変化は著しく、看護職に期待される役割や看護実践能力もますます複雑・多様化し、より患者の視点に立った質の高い看護の提供が求められている。

また、看護職養成教育の大学化及び大学院化が年々進んでいる中、看護教育については、保健師および助産師教育課程に関する指定規則の一部改正に伴う履修単位の増加と看護専門職に対する社会的ニーズの変化を基盤に、平成24年度よりカリキュラムを改正した。高い看護実践能力の修得や看護研究能力の向上を目指した学士力をより強化する内容となっている。

教養科目と専門基礎科目

教養科目と専門基礎科目の統合をはかり、「人間の生命活動」、「人間と人間の関係」、「人間と環境」の3つの概念を中心となる柱にすえ、それぞれの科目が有機的に結びつくように配置している。

  1. 「人間と環境」は、自然環境から人間が作る社会の仕組みまでを健康の関係で捉える科目からなる。環境論、社会学、社会保障、国際看護活動論、教育学、法学等で構成。
  2. 「人間と人間の関係」は、個としての人間の理解と個と個の関係を捉える科目からなる。哲学、宗教学、外国語、心理学、生涯発達論、臨床心理学、臨床コミュニケーション学等で構成。
  3. 「人間の生命活動」は、人間の生命活動を理解する科目からなる。生物学、生命活動の物理学、看護の生化学・栄養学、病気の成り立ち、からだの防御の仕組み、診断と治療等で構成。
    また、学生時代から広い視野を養い、チーム医療における多職種との連携を学習するために、医学部医学科との合同授業を行っている。

専門科目

学生が積み重ねて学習できるよう、看護学の基盤となる専門看護Ⅰ、臨床看護、地域看護を学ぶ専門看護Ⅱ、さらに学生の実践能力を強化する専門看護Ⅲの3層構造となっている。また、理論と実践を統合して学習効果を高めるような臨地実習の配置としている。

保健師課程

時代や地域社会が求める保健活動を学習し、地域社会および地域住民を守ることができる保健師を養成することを目指す。

助産師課程

地域の特性を十分認識した助産活動を学習し、地域に貢献でき得る助産師を養成することを目指す。

医学部看護学科の三つのポリシー(方針)

滋賀医科大学では、その理念・使命に基づき、育成するべき人材像を明確化し、それに必要な教育課程を編成し、体系的・組織的に教育を行うとともに、その教育を受けるに相応しい学生を入学者として選抜することにより、その使命を果たす。

医学部看護学科における、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)及び入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)を以下に示す。

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 豊かな人間性並びに幅広い教養と倫理観にもとづいた専門知識を身につけ、病者や障がい者への看護だけでなく広く人々の健康生活を支援することができる。さらに、国際的見地により健康問題を考えることができる。
  2. 十分なコミュニケーション能力や協調性を持ち、患者や医療スタッフと良好な関係を築き、多職種と連携・協働することができる。
  3. 自ら積極的に課題を発見し解決する能力や研究する態度など、専門職あるいは将来の研究者としての基本的な研究手法等の素養を身につけている。
  4. 人々の健康で文化的な生活を営む権利を保障するために、保健師の社会的意義や活動の可能性を理解し、主体的な公衆衛生看護活動を行うために必要な能力を有する。
  5. 助産診断に基づく助産ケアの実践と分娩介助などの周産期医療において助産師に求められる能力を有する。さらに、ウイメンズヘルスを生涯発達として理解し、健康支援の方法が理解できる。

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 教養科目と基礎科目の統合を図り、自然環境から社会の仕組みまでを健康との関係で捉え、個としての人間や人間の生命活動の理解を助ける。
  2. 専門科目では理論と実践を統合するとともに、附属病院との連携・協力により医療者として必要な知識や倫理観、実践的看護技術を養う。
  3. 国内外の保健・医療・福祉環境の変化に関心を持ち、世界的視野にもとづく健康課題を学び、国際的な支援活動のあり方やその方法について理解する。
  4. 包括的な保健・医療・福祉の実践並びに多職種との連携・協働に不可欠なコミュニケーション能力を強化する授業科目の開講や医学科との合同授業を行う。
  5. 看護研究方法論等を配置し、臨床的知見を踏まえた看護学研究や論文作成の方法を教授するとともに、学会や研究会への参加を促す。
  6. 公衆衛生看護活動における地域診断の基本的知識及び住民の健康課題の解決に必要な基本的技術を身につける。
  7. 母子保健や女性の健康に関する課題について、助産師に求められる役割と責任を理解し必要な助産診断と助産技術を身につける。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

本学の理念に基づき、高い教養と高い倫理観を備えた看護職の育成を目指しており、卒業生が看護師、保健師、助産師として地域に貢献し、また看護職者としてのスペシャリストや管理職、教育者・研究者として活躍できることを目標としている。そのため、看護職に必要な学識・能力・技能を習得する素養を持ち、看護学の修得に真摯に、また熱意を持って取り組む、次のような人材を求めている。

求める学生像

  1. 看護学の修得に必要な基礎学力を持っている者
  2. 十分なコミュニケーション能力を持ち、協調性や他者への思いやりのある者
  3. 能動的学習や生涯学習ができる者
  4. 地域の保健・医療・福祉に理解を示す者

入学者選抜の基本方針

「求める学生像」に沿った人材を選抜するために、一般入試、推薦入試、第3年次編入学試験を行っている。

一般入試(前期日程)

大学入試センター試験、個別学力検査、面接及び調査書を総合して選抜を行う。大学入試センター試験による学力評価に加え、個別学力検査では、「小論文」で理解力、思考力及び表現力など理論的に判断・推理を重ねて対象をとらえる力を測り、面接及び調査書では論理性、協調性、コミュニケーション能力等を評価する。

推薦入試

学校長の推薦書、調査書、志願理由書並びに大学入試センター試験、面接を総合して選抜を行う。大学入試センター試験による学力評価に加え、志願理由書などの提出書類や面接で学習の到達度や高等学校在学中の様々な活動実績、志望の意欲や明確さ等を評価する。

第3年次編入学試験

出願書類、学力検査及び面接の結果を総合して選抜を行う。看護師養成所までの学習の到達度を専門科目と外国語(英語)の学力検査により評価し、協調性、創造性等を評価する面接と併せて、学力や資質を総合的に評価する。