教育目標

大学院医学系研究科博士課程においては、豊かな学識と人間性を備え、医学の領域において研究者として自立して創造的研究活動を行うために必要な高度の研究能力を修得し、医学の進歩と社会福祉の向上に寄与する人材を育成する。

カリキュラムの特徴

博士課程は、本学の研究実績と先進的な研究分野を組み入れ、各研究領域を横断した総合的な教育・研究体制に編成し、地域の要請に応えるとともに、他分野との学際的な人材育成にも対応できるように、1専攻3コース並びに「がん専門医療人養成コース」及び博士課程教育リーディングプログラム「アジア非感染性疾患(NCD)超克プロジェクト」により構成されている。

博士課程では、従来の講座主導型の研究指導体制から離れ、また、基礎と臨床にとらわれることなく、教員が相互に緊密な連絡をはかりながら、それぞれの専門研究を通して大学院学生の教育と研究を支援し、独創的な研究の育成をはかる。

博士課程の第1~2学年では全コースの共通科目を設け、研究に必要な基礎的知識と統計、分析、技能を修得するとともに医学倫理、研究倫理について学ぶ。また、コース毎に研究の進展に必要な科目を選択とし、研究者個人の独創性を重視し、優れた研究成果がえられるよう工夫している。

※「がん専門医療人養成コース」及び博士課程教育リーディングプログラム「アジア非感染性疾患(NCD)超克プロジェクト」については、特色ある教育プログラムを参照。

大学院医学系研究科博士課程の三つのポリシー(方針)

滋賀医科大学では、その理念・使命に基づき、育成するべき人材像を明確化し、それに必要な教育課程を編成し、体系的・組織的に教育を行うとともに、その教育を受けるに相応しい学生を入学者として選抜することにより、その使命を果たす。

大学院医学系研究科博士課程における、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)及び入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)を以下に示す。

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 医学研究者としての十分な専門的知識と研究技術を持つ。
  2. 医学倫理、生命倫理、研究倫理についての十分な知識と倫理観を持つ。
  3. 自立して研究を遂行できる能力を持つ。
  4. これに加え、コース毎に下記の能力を有することを修了の要件とする。
    1. 先端医学研究者コースでは、最先端の専門的知識を持ち、産官学におけるリーダーとして国際的に活躍できる。
    2. 高度医療人コースでは、専門医としてふさわしい知識と医療技術を持ち、医療現場でリーダーとして活躍できる。
    3. 学際的医療人コースでは、医学と他分野を融合する学際的知識と研究能力を備えている。

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 1専攻3コースとすることで、すべての大学院担当教員による横断的で有機的な教育・研究指導体制とする。また、複数指導教員制とする。
  2. 共通科目と選択科目をおく。
    1. 医学総合特論及びテクニカルセミナーでは、医学研究者として必要な基盤的な専門的知識と研究技術を養成する。
    2. 疫学・医療統計学概論では、医学研究にとって必要な疫学・統計学の知識を養成する。
    3. 基礎と臨床の融合セミナーでは、基礎と臨床の枠を越えた知識と考え方を学ぶ。
    4. 医学生命倫理学概論では、医学倫理、生命倫理、研究倫理についての十分な知識と倫理観を養成する。
    5. 選択科目では、各専門領域の最先端の知識と研究技術を活用して、自立して研究を遂行できる能力を養う。
  3. 各コース毎に下記の特色あるコース科目を設ける。
    1. 先端医学研究者コースでは、先端的で特色ある研究に触れる機会を設けるとともに、研究倫理の基礎や最先端の研究技法を習得し、自立して研究を遂行できる能力を養成する。
    2. 高度医療人コースでは、臨床研究に重点を置き、医療倫理学や法制学を学び、医療現場でリーダーとして活躍できる能力を育成する。さらに専門医としてふさわしい医療技術を習得させ、専門医の資格取得を支援する。
    3. 学際的医療人コースでは、医学に加え工学や理学等、学際的な知識と研究方法を教授し、産学連携の場で活躍できる能力を養成する。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

  1. 医学・医療・生命科学や、医学と他分野との融合領域において、科学の探究を通して医学医療の進歩・発展に寄与し、社会に貢献したいという意欲を持つ者
  2. 国際的視野を持ち、世界的に活躍しようという意欲ある者
  3. 生命に対する尊厳の気持ちを有し、高い倫理観を有する者

入学者選抜の基本方針

  1. 医学・医療・生命科学や、医学と他分野との融合領域に分けて、その基礎知識と思考能力を問う「医学・生命科学一般」の試験を実施する。
  2. 国際的視野と表現力を問う「外国語(英語)」の試験を実施する。
  3. 研究意欲、協調性、倫理観等を確認する面接試験を実施する。