国家試験

 医師国家試験及び保健師/助産師/看護師国家試験は、例年2月中旬に実施されます。その詳細については、官報に告示された時点で掲示等により通知します。また、卒業見込者を対象とした受験に関する説明会を、11月上旬頃におこないます。
 なお、合格後の免許申請時には、罰金以上の刑に処せられたこと(交通事故・違反を犯し、告知票(赤切符)を交付され、簡易裁判所に出頭した場合等)の有無について記載することが求められます。有の場合は、判決謄本又は略式命令書・罰金の領収証書の提出が必要となりますので、大切に保管しておいていてください(交通事故・違反を犯したときは、速やかに所定の「事故(違反)届」を学生課学生支援係へ提出すること)。その他の不明な点については、学生課学生支援係へ問い合わせてください。

国家試験合格状況

最近の医師国家試験及び保健師/助産師/看護師国家試験の合格状況はこちらからご確認ください。

就職・進路状況

企業・病院等からの募集要項(求人案内)を閲覧ファイルに綴じ学生課学生支援係にて公開しています。
就職希望者は普段から求人情報に関心を持ち、就職指導担当教員(学年担当教員)、家族や先輩などの意見も参考にして就職活動を行ってください。

医学部医学科学生の就職

 医師免許取得後は、大学院等へ進学する場合等を除いて、原則として2年間の初期臨床研修を行なう必要がありますが、初期臨床研修を行なう病院は医師臨床研修マッチングを経て決定し、初期臨床研修医として就職することとなります。
 医師臨床研修マッチング(組み合わせ決定)とは、医師免許を取得した研修希望者と、初期臨床研修を行う研修病院の研修プログラムとを、研修希望者及び研修病院の希望にもとづき、一定の規則(アルゴリズム)にしたがってコンピュータにより組み合わせを決定するシステムです。医師臨床研修マッチングへの参加方法等については、毎年6月中旬に医学科第6学年学生を対象に説明会を実施します。
 なお、医師臨床研修マッチングを経て最終的に研修病院が決定するまでの間に、各研修病院によって筆記、面接等の就職試験が実施されることが一般的です。また、各研修病院では、第6学年はもちろん、それ以外の学年の学生による見学等を受け付けている場合もありますので、長期休暇中等に積極的にその機会を活用してください。

進路状況

医学部看護学科学生の就職

 看護学科では、就職指導担当教員(学年担当教員)を中心に、職業指導、就職先の開拓、就職の斡旋を行っています。また、看護学科棟4階に就職資料コーナーを設け、保健師・助産師・看護師等の募集要項(求人案内)、病院案内、就職情報誌等の資料を備え公開しています。
 なお、学生課学生支援係にて公開している看護職員等の募集要項(求人案内)の閲覧ファイルの内容については、下記に地域ごとに掲載し、随時更新しています。

進路状況

大学院への進学

本学大学院医学系研究科(博士課程・修士課程)への進学については、入試情報から「募集要項」を参照してください。

進路先決定調査等

最終学年で進路が決定した方はこちら(学内専用)から「進路先決定調査」に回答してください。
また、最終学年で就職・進学受験をした方は以下から「就職・進学受験報告書」をダウンロードして学生課学生支援係まで提出してください。

「就職・進学受験報告書」